不動産金融・不動産ファンド業界に特化した転職エージェント

『人生楽ありゃ苦もあるさ』


日々、『気づいたこと』、『思うこと』、『感じたこと』、『やってみたこと』などを綴っています。

オフィシャルホームページ
生命保険


モチベーションを最重要テーマとし、

不動産金融・不動産ファンド業界に携わる企業と人の「出会い」と「成長」を

転職エージェントという仕事を通じて実現していく。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

外資系はやはり英語力が必須

外資系でも若いうちは、それほど英語力は重視されません。

しかし、ある一定以上のポジションになると英語力の有無が致命的になってきます。

トップマネジメントと直接英語で硬軟のコミュニケーションができることが必須条件となるからです。

TOEICで何点というレベルではなく、実際にビジネスを英語でできるレベルがないとマネジメントへの道は閉ざされます。

外資で高給をとるマネジメント層は羨望のキャリアモデルですが、それはたまたまそうなったというのではなく、若い頃から当たり前のように英語力を鍛錬する努力を怠らなかったからこそ勝ち取れた勲章でもあります。

若いうちにたまたま外資系に入って高給を謳歌していたら突然お払い箱なんてことにならないように英語力のブラッシュアップに日々励みましょう。

 

不動産金融・不動産ファンド業界に特化した転職エージェント

生命保険

モチベーションを最重要テーマとし、

不動産金融・不動産ファンド業界に携わる企業と人の「出会い」と「成長」を 転職エージェントという仕事を通じて実現していく。

ラーメン客ご来店 セカンドオピニオン編

今日は、セカンドオピニオン的なご相談を兼ねてご来店くださいました。

過去の経緯も重要なのですが、正面からアプローチするとなかなか情報が得難いもの。

総理もそうですが、長く関わることの価値を改めて実感いたしました。

(総来店客数84人)

 

不動産金融・不動産ファンド業界に特化した転職エージェント

生命保険

モチベーションを最重要テーマとし、

不動産金融・不動産ファンド業界に携わる企業と人の「出会い」と「成長」を 転職エージェントという仕事を通じて実現していく。

ブロンコビリー

家族のお気に入りブロンコビリーに来ました。

ハンバーグ美味しいですね。

私はトロトロタマゴをトッピングしてみました。

サラダバーを普通にやってるのが良いです。


不動産金融・不動産ファンド業界に特化した転職エージェント

生命保険

モチベーションを最重要テーマとし、

不動産金融・不動産ファンド業界に携わる企業と人の「出会い」と「成長」を 転職エージェントという仕事を通じて実現していく。

ラーメン調査 恵比寿「人類みな麺類」

土下座するほどではないけど懺悔

今日は、他ルートで転職を決めたご登録者の方が手土産を持って懺悔にいらっしゃり、ビールで乾杯なり。笑)



ラーメン客ご来店 不動産系絶世の美女編

ラーメン客ご来店 外資に転職編

本日は、緊急事態宣言中に日系から外資に初めての転職を果たした方が来店してくれました。

部下が20人いるけど在宅の関係でまだ対面してない人がいるとのこと。

テレワーク下のマネジメントは大変です。

でもご経験を活かしてこの難局と対峙・奮闘しているご様子にエールを送ります。

(総来店客数82人)

 

不動産金融・不動産ファンド業界に特化した転職エージェント

生命保険

モチベーションを最重要テーマとし、

不動産金融・不動産ファンド業界に携わる企業と人の「出会い」と「成長」を 転職エージェントという仕事を通じて実現していく。

ラーメン客ご来店 起業編

本日は、長年の不動産ファンドでのアクイジション経験を活かして今年起業をされたばかりの方がご来店してくださいました。

このコロナ禍でも事業用不動産の仲介をまとめた手腕に今後期待です。

(総来店客数81人)


不動産金融・不動産ファンド業界に特化した転職エージェント

生命保険

モチベーションを最重要テーマとし、

不動産金融・不動産ファンド業界に携わる企業と人の「出会い」と「成長」を 転職エージェントという仕事を通じて実現していく。

ビバ!ファミレス

デニーズで家族で朝食。

大盛況。

2、3ヶ月前に来た時は、2、3組しかいなかった。

脱・過度な自粛ですね。


「信じる」と「任せる」

芦田愛菜さんの「信じる」ということへの考察コメント考えさせられました。(末尾参照)

仕事で上席が部下によく使う「任せる」って言葉にもあてはまるように思いました。

上手くいかなかった時に、「任せたのに裏切られた」というのはあり得なくて、「任せる」とう言葉を口にした以上いかなる結果・責任も受け入れる度量を上席として持ちたいものです。


芦田愛菜さんの映画イベントでのコメント;
「『その人のことを信じようと思います』っていう言葉ってけっこう使うと思うんですけど、『それがどういう意味なんだろう』って考えたときに、その人自身を信じているのではなくて、『自分が理想とする、その人の人物像みたいなものに期待してしまっていることなのかな』と感じて」
「だからこそ人は『裏切られた』とか、『期待していたのに』とか言うけれど、別にそれは、『その人が裏切った』とかいうわけではなくて、『その人の見えなかった部分が見えただけ』であって、その見えなかった部分が見えたときに『それもその人なんだ』と受け止められる、『揺るがない自分がいる』というのが『信じられることなのかな』って思ったんですけど」
「でも、その揺るがない自分の軸を持つのは凄く難しいじゃないですか。だからこそ人は『信じる』って口に出して、不安な自分がいるからこそ、成功した自分だったりとか、理想の人物像だったりにすがりたいんじゃないかと思いました」
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>