「今年の相場は難しい?」のか問題。 | なちゅの市川綜合研究所

なちゅの市川綜合研究所

「別に勝たなくてもいいので、負けないこと」を志向しております。
本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報等に基づき、作成されています。
当ブログの情報に全面的に依拠することはお控えいただき、最終的なご判断はご自身でお願いいたします。


テーマ:

よく言われていることですが、今年の相場は難しいのでしょうか。こんなことを提起する

時点で、聡明な弊ブログ読者の皆様は「ああ、またなちゅさんの相場お説教タイムか」と

思われるかもしれませんが、言いたいことはお察しのとおりで、いつもと全く同じ話です。

 

常々申し上げていることではありますが、私の感覚で相場というものは1年に3回は暴落

局面があるのが“普通の年”であり、そういう暴落が1年に1回、2回あるかないか位だった

アベノミクス以降は、日銀に強力に支えられた“異常な年”が数年間連続で続いただけの

話であり、たまたまずっとラッキーだったということかと思います。ギャンブルの世界でも、

事実上2択のであるルーレットの赤黒当てや、サイコロの丁半博打でも10回くらいは同じ

色や目が続くことはありますから、延べ6年間に渡ってそういうラッキーな上げ相場が続い

たとしても、確率的にはさほど違和感はありません(アベノミクスが10年続くと仮定するなら、

あと4年あるじゃないかという反論が来そうですがw)。

 

ただそれでも今年ついては、私も簡単な相場などと申し上げるつもりはなく、アベノミクスが

始まった以降としては、相対的に難しめの相場であると思います。現に本年2月には久々

に暴落らしい暴落がありましたし、マザーズを筆頭とする新興市場もついにその暴落時の

安値も切ってしまい、7月初頭の年初来安値水準にツラ合わせしている状況です。ブログ

やTwitterの投稿数から、個人投資家のセンチメントは日に日に減退していることも明らか

であり、ここからは短期的な戻りが多少あっても、新興市場銘柄を買い上げる投資家は

かなり減ってしまっています。高値覚えの安易なリバウンド狙いは、抱えるリスクのわりに

大きなリターンは望みずらくなっているので、過度な期待を持たない方がいいと思います。

 

弊ブログは開設来「別に勝たなくてもいいので、負けないこと」を運用ポリシーとしています。

もしかしたら、いつまでもリーマンショックの影を引きずったおっさん投資家のビビり運用記

と思われていた方も多かったと思いますが、先週掲載した金利上昇の話しかりで、いよいよ

その真価を問われる局面に入ってきたと思いますので、気を引き締めて防御体制を整えて

いきたいと思います。具体的には新興銘柄は反発次第、戻り売りで対処することとし、もう

し値動きの落ち着いた大型株(金融株など)の比率を徐々に高めていきたいと考えています。

 

IMG_2409.PNG

 

 

 

 

会社四季報 2018年3集夏号 

新品価格
¥2,060から
(2018/6/15時点)


*本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。 

特定の証券・金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に 
基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。


このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村

なちゅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス