株式市場雑感(2018.4.15)&おしらせ。 | なちゅの市川綜合研究所

なちゅの市川綜合研究所

「別に勝たなくてもいいので、負けないこと」を志向しております。
本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報等に基づき、作成されています。
当ブログの情報に全面的に依拠することはお控えいただき、最終的なご判断はご自身でお願いいたします。


テーマ:

先週は外国人投資家が現物・先物の合計で4,434億円を買い越したので、久方ぶりに

二週連続の買い越しとなりました。これで本格反転、と言うには時期尚早と言えますが、

4月は例年強い傾向もあるため、とりあえず一息ついたというところでしょうか。

 

ただ2月締めの小売系企業を中心に本決算が続々と開示されておりますが、内容的に

はパッとしないものが多く、中には良くないものが散見されます。元より足許の円高基調

の逃げ場としてこれらの内需系の出番が期待されていただけに、来月より本格化する外

企業が多い3月締め企業の決算(およびガイダンス)が改めて心配されるところです。

 

また、個人投資家のマインドが引き続き低調であることはひしひしと感じており、ブログ

等のSNSでの情報発信量が明らかに細ってますし、更新や“つぶやき”も減って、投資

と関係のないテーマでの投稿が増えている気がします。優待族、とされる投資家さんは

優待の到着&消化を投稿なさるので、さほど更新の頻度は落ちていないものの、その

優待獲得の礎となる優待株の売買に関して語ることが以前より減っている印象です。

 

ということで、個人投資家に人気のある銘柄のクソ決算明けのリバウンド狙いは、去年

までの相場では有効に機能して(高値救助隊が必ず来て)いましたが、おそらく今の個人

投資家にそんな銘柄まで追いかける余力がなくなってきているので、捕まったまま当分

逃げられなく可能性を頭に入れておいた方が良いと思います。いくらガイダンスが保守

的だろうがなんだろうが、決算短信の1~2枚目の見た目が悪ければ、その時点で物色

の圏外となり、これまでより相当長い時間軸での我慢が強いられることが増えますので、

そういう展開になったとしても、精神的に耐えられるような銘柄選択が望まれます。


※本日のおしらせ

超一流マネー雑誌「日経マネー」さんが毎年恒例の個人投資家調査をやるそうです。

ギフトカードが50名以上に当たるほか(うち21名は金額5,000円以上の高額進呈です)、

もしかしたら雑誌取材のお声がかかるかもしれませんので、ぜひご参加くださいませ。

 

--------以下、日経BPさんからのお知らせ------
「日経マネー」では、毎年恒例の「個人投資家調査」を実施中です。
以下のサイトからアンケートにご参加ください。
抽選で最大で10万円相当のギフト券などが当たります!
期間は4月30日(月)深夜まで。
https://aida.nikkeibp.co.jp/Q/MONR19.html


※本日のおまけ画像
今回も特段の意図なく直近IPO銘柄群を載せております。4月上場組もまぁまぁ件数

があったので、全般的に銘柄間の強弱がついてきている感じです。たぶん今の値段

を保てない銘柄が多いと思いますので、落ちてきたら拾うようにしたいと思います。

IMG_1383.PNGIMG_1384.PNG

 

 

会社四季報 

2018年2集春号 

 

新品価格¥2,060
(2018/3/14時点)


*本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。 

特定の証券・金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に 
基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。


このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村

なちゅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス