うつ病・パニック障害・強迫性障害・スポーツイップスなど心のケアを行う専門機関です
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

継続するのは難しい

何事も継続させる事って難しいですよね。私もできるだけ毎日ランニングしようと思っているのですが、これが本当に難しい。ほとんどの人は何事も継続できない人が多い中で、継続できる人は圧倒的に強くなれます。わかってはいるのですが、継続と言うのはそれほど難しい事なのです。圧倒的に強くなるため、ガンバります‼️


自転車の逆走は当たり前?

道路を車で走っていると、お子さんを乗せたママさんチャリが平気な顔をして逆走してくる。しかも1台2台ではない。小さなお子さんの命を連れて、危険な走行をしている自覚が無いのだろうか?

自転車も軽車両なので、基本は車やバイクと同じ左側を走行しなければならない。もしかして、こんな基本的な事も知らないのだろうか? 違反した場合、懲役3カ月以下、または、5万円以下の罰金が科せられることにもなっている。罰金がどうのこうのと言うより、危険なのです。

特に小さなお子さんを乗せて走行する自転車は、くれぐれも逆走は危険なのでやめていただきたい。その他にも危険行為とみなされると取り締まりの対象となることを知っておいた方が良いでしょう。

危険行為とは

①信号無視
②通行禁止違反
③歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
④通行区分違反
⑤路側帯通行時の歩行者の通行妨害
⑥遮断踏切立ち入り
⑦交差点安全進行義務違反等
⑧交差点優先車妨害等
⑨環状交差点安全進行義務違反等
⑩指定場所一時不停止等
⑪歩道通行時の通行方法違反
⑫制御装置(ブレーキ)不良自転車運転
⑬酒酔い運転
⑭安全運転義務違反

自転車も軽車両です。車やバイクと同じく基本的なルールを守って運転しましょう!

離婚率の高い年代と離婚原因

裁判所の司法統計によると裁判に発展した離婚の理由で最も多かったのは「性格の不一致」とのこと。

 

そして離婚件数が多いのは30代。特に子どもが生まれると、育児や家事分担の問題を避けて通れなくなります。価値観や金銭感覚の違いも表面化して、「限られたお金を何に使うのか」でいさかいになることも増えるのではないかとの事。

 

人それぞれ価値観というのは違いがあって当たり前なのでしょうが、夫婦共通で考えなければならない問題については、あらかじめ認識を共にしておく必要があるのかもしれません。

 

育児や進学について

生活環境について

お金の使い方について

お互いの両親の介護などについて

などなどです。

 

なかなか結婚前にすべてに同意できるものではないと思うのですが、上記の問題はいづれ直面するであろう事柄であるため、おおまかにでもお話してみると良いのかもしれませんね。

川崎 無差別殺傷事件

児童ら19人を殺傷し自殺した岩崎隆一容疑者(51)は、川崎市の親族宅で引きこもり状態の生活を送っていたとみられる。

 同居する80代の伯父夫婦との会話もなく、近所の住民とトラブルを起こしたこともあったらしい。

 川崎市などによると、岩崎容疑者は幼少時に両親が離婚し、伯父夫婦に引き取られた。いとこが家を出た後は3人暮らし。定職にも就かず部屋に閉じこもり、伯父の援助で生活していたらしい。

 

交友関係もほとんど無く、パソコン、携帯電話も所持していた形跡がないという。

このように多くの人を巻き込んで自殺を図る事を拡大自殺と言います。動機などはわかっていないらしいですが、今までの生活の様子をみると、さまざまな欝憤が溜まり、その感情をコントロールできなくなって起こした犯罪なのかもしれない。

悲惨な事件

昨日川崎市多摩区の登戸付近で起きた19人殺傷事件。動機はまだよくわかっていないらしいですが、やはり普通の精神状態ではなかったと思われます。

 

どうしてこのような痛ましい事件が起こってしまうのか。この事件で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。

気持ちは自由に!

あまり皆さん意識していないかもしれませんが、とっても狭い視野の中、狭い常識の中で生きています。

 

学生であれば、「この大学に入れなければもうおしまいだ」とか、「この会社に入れなければ幸せになれない」など・・

 

不登校だと人生がダメになってしまうなどなど。本当にそうなのだろうか?人生は自分でどうにでもしていけるものです。何歳であろうと遅いなどと言う事もありません。

 

大学に入らなくったって、希望の会社に入れなくっても、たとえ学校に登校できなくても、最高の人生を送ることは可能なのです。

令和 初日です!

本日、令和初日です。新たな気持ちで、スタートしたいと思います。ハートメンタルケアも、本日から診療スタートです。5月中旬には、新ホームページも完成予定で、スマホでも見やすくなります。

 

無料相談のご予約など、お気軽にご利用になってください。

神社

落ち着く場所です。綺麗な空気が流れています。

 

 

なぜ心理療法が大切なのか?

 

 

感じ方が心身に与える影響(後編)

お薬の薬理作用で症状をコントロールするのは「対症療法」と言って、根本解決にはなっていないと言うお話を前編ではしました。

 

今回は、どうしたら根本改善できるのかについて書いていきたいと思います。

 

まず何を変えなければいけないのか? 同じ環境で生活していてもうつ病になる人とならない人がいます。これはどうしてなのか?

 

これは感じ方、受け取り方の違いによるメンタルへのダメージの受け方の違いによるものが大きいと考えられます。物事の受け取り方がマイナスに振れている方はダメージを受けやすいわけです。

 

思考(顕在意識)ではマイナスに受け取らない方が良いと分かっていても、どうしてもマイナスに受け取ってしまう方は、潜在意識がマイナスに振れてしまっているのです。潜在意識は意識の90%を占めているので、マイナスに考えない方が良いとわかっていても、自動的にマイナスなイメージで受け取ってしまうようになるのです。そして心がダメージを受けていってしまうのです。

 

意識で潜在意識をコントロールするのは難しいと言うより、不可能に近いのです。ですから、90%を占める潜在意識をプラス方向に変えていけないと、根本解決とはなり得ないのがご理解いただけるのではないかと思います。

 

ではどうやって潜在意識を変えていけばいいのでしょうか? それが「催眠調整」と言う技術を使った心理療法である「催眠療法」なのです。

 

多くの方は、テレビでやっている催眠術のショーのようなイメージを持って、瞬間的に催眠術によって症状を改善してくれるのではないかと期待を持っていらっしゃる場合が多いのですが、残念ながらショー催眠のようなやり方では、一時的に楽にすることは出来ても根本改善はできません。催眠が解けるとまた元に戻ってしまうからです。

 

催眠療法と言うのは、催眠と言う技術を用いて潜在意識に変化を与えるための施術になります。ですから催眠の誘導もテレビでやっているような方法を用いる事はあまり無いのではないかと思います。

 

当施設で行っている催眠調整は、独特な方法を用いています。催眠調整と併せて生体のエネルギーである気の流れの調整も行います。気の流れが滞っていると病気になりやすいと言われているので、催眠調整と併せて気の流れの調整も行っているのですが、これが当施設でないと受けられない独特な施術となっています。 

 

*ハートメンタルケアでは1時間無料相談を行っています。症状を詳しくお伺いし、どのようにケアをおこなっていくかを説明させていただきます。ただし、催眠療法では対応できない場合もありますので、ご了承願います。

 

無料相談も予約制となりますので、下記のリンクから希望日時を選んでご予約ください。無料相談に続けて初診(有料)もご希望の場合、3時間の空き時間があるところを選んでご予約ください。

https://www.itsuaki.com/yoyaku/webreserve/menusel?str_id=8032824872&stf_id=0

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>