EXシアター六本木にて鑑賞。

 

脚本・作詞・構成・演出は三谷幸喜。
作曲・編曲は荻野清子。

 

出演は川平慈英、シルビア・グラブ。
日替わりゲストは長澤まさみ。

ピアノは荻野清子、ベースは一本茂樹、パーカッションは萱谷亮一。

 

1970~80年代に木の実ナナと細川俊之で行われていたショーの三谷さんによって復活したこのショー。
タイトルには“Vol.2”とありますが、実際には2014年と2016年に行われていて今回が3回目。
私は2014年のものを拝見しています。

 

前半は三谷さん書下ろしのミュージカル、後半は洋楽から歌謡曲、演歌やミュージカルナンバーまで幅広いナンバーがノンストップで繰り広げられるショータイムといった構成の音楽と歌とダンスが盛りだくさんの約100分で、今回も川平さんとシルビアさんの素晴らしい歌とダンスを十分に堪能できるものでした。

 

これは前回もブログに記したことなのですが改めて言いたいのは、川平さんは某民放のサッカー中継でハイテンションに叫んでるだけの変なオジさんというイメージばかりが先行してしまいますが、歌も踊りも素晴らしいミュージカルスターなんだ、ということです。

 

さて、今回は1週間ほどの公演期間で、毎回日替わりゲストが登場するのですが、初日は長澤まさみさん。
ミュージカルで少し、ショータイムでも少し、その間に少し、と決して出番は多くはありませんが、ミュージカルでの川平さんからの無茶ぶりにしっかり応え、ショータイムでは歌声も披露してくれ、前後半の間ではしっかり笑いを誘ってくれました。

 

翌日以降の日替わりゲストは、高嶋政宏さん、草刈正雄さん、斉藤由貴さん、戸田恵子さん、新納慎也さん、中川晃教さん、竹内結子さん、とかなり豪華です。


シルビアさんとその旦那さんの高嶋さんがどんな感じで共演を果たすのか、新納さんや中川さんがどんな歌声を披露してくれるのか非常に興味がありますし、可能なら全公演観たいところですが、時間的にも金銭的にもそういう訳にもいかないので、もう1回だけ観に行く予定です。

 

ちなみに、三谷さんも日替わりゲストの中に入っているのですが、日替わりゲストとは関係なくちょっとだけ出演されました。
セリフも歌もなかったので、これは日替わりゲストの回のお楽しみということでしょうね。

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村


Twitterしてます→こちら

AD