今という場所に意識を持った時に

 

例えば

 

「髪を切りたいなーー」

 

とふと思う。

 

そのために

 

・美容院を予約する

・美容院を探す

・美容院に行く

・素敵な髪型を探すためにカタログをチェックする、ネットで検索する

 

 

とかの1歩があるわけです。

 

 

髪を切りたいなー

 

というその自分の小さなフトした望みに対して

 

もうその1歩をしたことが

 

その願いをすでに自分で叶えてあげたことなんです。

 

 

 

 

 

なのに

 

例えば

 

実際に美容院で髪を切って、その後例えば気に入らない

イメージと違った髪型になってしまったとしたら

 

 

どう思いますか?

 

 

きっと

 

 

 

「やっぱりやめとけばよかった」

「あの美容院最悪だわ」

「なんで切りたいなんて思ったんだーーー」

 

 

 

逆に

望み通りの、前より素敵な髪型になったとしたら

 

どう思いますか?

 

 

「やっぱり、自分の感覚に従ってよかった」

「あの美容院はいい。」

「今切りたいと思って行動した私はえらい!!やっぱり

自分の感覚って大事。」

 

 

***

 

 

 

 

いつだって

 

「結果」に対して

 

自分の「フトの望み」をジャッジしてませんか?

 

 

そもそも

 

 

髪が切りたい。

 

 

その願いは

 

1歩それに対して動いた時点でかなってます

 

 

もう一度言います。

 

 

髪が切りたい。

 

 

その次の1歩を行動したあなたはすでに自分の望みを

自分で叶えてあげられてます。

 

 

ここを間違ってないかな???

 

 

私はね

 

 

自分がこじれる時にいつもここをなぜか

間違っちゃうの。

 

 

いつもは出来てるのに

 

時々、戻ることがある。

 

 

それは今までのパターンの癖だからしょうがないし

それすらOKなんだけど

 

 

ここ間違っている人は要注意。

 

 

何度も読んでみてね。

 

 

***
 
I-shopインスタグラムはこちら
やじるしやじるしやじるし
 
 
 

LINE@!!

↓↓↓

 

 

 

どくしゃになってね!