北海道、札幌の興信所社長と女探偵のよもやま話
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

千歳・興信所の独り言 思い出のお片付け・・・

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

 

当社は千歳市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

今回は『思い出のおかたずけ』について。

 

探偵は思うのです。

 

人生は思い出作りの旅なんだと。

 

ですが、ときにはその思い出をお片付けすることあります。

 

例えば、浮気をして開き直り、逆ギレをしてDVをふるう夫。

 

そして、子供にも暴言を投げつけるようになる。

 

妻はそんな夫と決別の決断をしなければならないと思いながらも、

 

昔の夫との思いでが襲ってくるのです。

 

夫が優しかった頃も、楽しかった思い出もたくさんある。

 

二人が知合い、交際を始めたころの懐かしい思い出。

 

子供が産まれて一緒に喜んでくれた夫との思い出。

 

でも、今考えなかればならない相手は優しかったころの夫ではなく、

 

浮気がバレて、逆ギレをして、妻に暴力をふるい、子供を怒鳴りつける夫なのです。

 

 

探偵はハッキリと言います。

 

人生、ときには思い出を封印することも必要です。

 

優しかった夫の残像に縛られていては、自分も子供も守れません。

 

 

 

 

(株)アイシン興信所では千歳市を含め、北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

 

(株)アイシン興信所 千歳ホームページ

 

 

 

 

室蘭・探偵の独り言 浮気相手にフラれ、手のひらを返す浮気夫たち・・・

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。

 

当社は室蘭市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

今回は『浮気相手にフラれ、手のひらを返す浮気夫たち・・・』について。

 

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

 

だが、夫は浮気がバレても開き直り、逆ギレをする。

 

妻に家を出ていけと妻の靴を外に投げつける・・・・

 

毎日、離婚届けを書けと妻を恫喝する・・・・

 

家に帰ると自室にこもり、妻や子供が話しかけると怒鳴りつける・・・・

 

「お前の顔を見たくないんだ」と帰宅しない・・・・

 

「こんなまずい飯が食えるか・・・・」と言って茶碗を投げつける・・・・

 

妻も幼い子供がいるため、離婚を躊躇していた。

 

だが、このままでは子供にもよくないと離婚を決断する。

 

このような状況は多い。

 

そして、このような展開の次の展開があるのです。

 

妻が離婚を決断したとたんに夫は浮気相手にフラれてしまう。

 

すると夫は手のひらを返して、妻に謝罪してくる。

 

俺はどうかしていたんだ・・・・

 

これからはもっとみんなで幸せになっていこう・・・・

 

俺は離婚などは絶対にしたくない・・・・

 

俺は君が必要なんだ・・・・

 

妻のそんな夫の手のひら返しに戸惑ってしまう。

 

でもこのようなとき、自分は何をされてきたのか・・・を思い出すことです。

 

靴を外に投げつけられたり、お前の顔など見たくないと言われたり、

 

自分や子供を怒鳴りつけたり、無視を続けたりしたときの夫を思い出すのです。

 

浮気相手にフラれ、すぐに手のひらを反す夫は、

 

また浮気相手ができれば、手のひらを返します。

 

 

 

探偵はハッキリと言います。

 

浮気がバレ、そして卑劣な行為で妻に離婚を迫ってきた夫。

 

浮気相手にフラれると手のひらを反す。

 

そんな夫また手のひらを返します

 

 

 

(株)アイシン探偵では室蘭市を含め、北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

 

(株)アイシン探偵 室蘭ホームページ

札幌・探偵の独り言 梅とパネルヒーター

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。

 

当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

冬になると梅は基本的に家の中の一番暖かいところを見つけます。

 

今日、探偵はテレワークのため、自宅で作業を行っていましたが、

 

梅はパネルヒーターの前に置いてあるベットでほぼ一日、ゴロゴロと寝ていました。

 

 

 

(株)アイシン探偵 札幌ホームページ

 

 

探偵事務所・札幌の独り言 浮気相手はアナタが病気なったとき、看病してくれますか?

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

 

当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

今回は『浮気相手はアナタが病気なったとき、看病してくれますか?』について。

 

例えば、夫 (Aさん)の浮気が発覚する。

 

Aさんは浮気相手の女性(C子さん)に夢中になり、妻(B子さん)に離婚を迫ってくる。

 

日々、態度が悪化するAさんに対して、妻B子さんは悩んだ末に離婚を決断する。

 

離婚して2か月後、Aさんに病気が発覚する。

 

入院や手術が必要な病気。

 

当然、元妻のB子さんは離婚していたため、看病する立場にはない。

 

そして、浮気相手のC子さんには病気になるとフラれてしまった。

 

このような展開を探偵はいくつか見てきました。

 

 

探偵はハッキリと言います。

 

今、浮気中の方へ。

 

アナタの浮気相手はアナタが病気になったときに看病してくれますか?

 

独りぼっちの入院はとても心細いですよ。

 

 

 

(株)アイシン探偵事務所では札幌市を含め、北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴・盗撮調査・失踪人調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

 

(株)アイシン探偵事務所 札幌ホームページ

 

 

 

 

 

 

小樽・探偵の独り言 浮気の兆候、職場の話をしなくなった・・・

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。

 

当社は小樽市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

今回は『浮気の兆候、職場の話をしなくなった・・・』について。

 

夫はいつも職場の話を妻にしていた。

 

部長がいつも文句ばかりを言っているんだよ・・・・

 

課長は今日も仕事をしないで、ダラダラしていたよ・・・・

 

工場長がもう少し、仕事ができればいいんだが・・・・

 

今日、新人の女の子が入社してきたよ・・・・

 

新人の子が仕事を覚えなくてまいったよ・・・・

 

来週の金曜日は歓迎会だから遅くなるよ・・・・

 

いつも会社の話をしていた夫があるときから一切、しなくなった。

 

そして、帰宅も遅くなり、休日も会社で臨時会議だといって出かける。

 

どうもおかしいと思い、奥さんは夫の調査を探偵に依頼する。

 

調査の結果、夫は浮気をしていた。

 

相手は職場の新人の女の子

 

このような展開が実に多いのです。

 

 

探偵はハッキリと言います。

 

いつも職場の話をする夫があるときからしなくなった。

 

それは浮気兆候です。

 

 

 

(株)アイシン探偵では小樽市を含め、北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・家出人調査・盗聴・盗撮調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

 

(株)アイシン探偵 小樽ホームページ

旭川・興信所の独り言 婚活サイトで浮気相手を探す既婚者たち・・・

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

 

当社は旭川市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

今回は『婚活サイトで浮気相手を探す既婚者たち・・・』について。

 

最近は婚活サイトで出会いを求める人も多い。

 

当然ですが、婚活サイトも出会いの方法の一つです。

 

ですが、婚活サイトには大きな罠もあることを知ってください。

 

例えば、会社の同僚、同級生、友人の紹介など、

 

ある程度は相手の情報があります。

 

ですが、婚活サイトは、サイト内での相手の自己申告での情報しかありません。

 

相手が正確に自分の情報を入力していればよいのですが、

 

虚偽の内容を入力してしまえば、それが相手の情報なのです。

 

探偵が関わった案件には「既婚者が浮気相手を探して登録」などが多いのです。

 

そして、既婚者たちは独身を装い、仕事は嘘、名前も嘘、年齢も嘘と

 

全部が嘘だったこともあります。

 

結婚を前提に交際してください・・・と言いながら、セックスをすることを目的に近づいてくるのです。

 

 

探偵はハッキリと言います。

 

婚活サイトで知り合った男性と交際している方へ。

 

もし、少しでも相手に疑問を感じたのなら、遠慮せずに確認してください。

 

もしかしたら、その男性は既婚者かもしれません。

 

 

 

(株)アイシン興信所では旭川市を含め、北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

 

(株)アイシン興信所 旭川ホームページ

 

 

 

札幌市・探偵事務所の独り言 梅とベット

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。

 

当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

今回は『梅とベット』について。

 

寒くなってきたので、梅の冬用のベットを出しました。

 

梅はさっそく、ベットに入り、昼寝をしていました。

 

 

 

(株)アイシン探偵事務所 札幌市ホームページ

札幌市・興信所の独り言 弁護士バッチが泣いている・・・婚姻関係は破綻していた

(株)アイシン興信所 代表の高橋です。

 

当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

最近、離婚に際して弁護士が介入することが多い。

 

例えば、夫の不審な行動が続く。

 

奥さんは悩んだ末に探偵に夫の行動調査を依頼される。

 

結果はやはり夫の浮気が確認された。

 

そして、奥さんが浮気を問いただすと夫は開き直り、逆ギレをする。

 

奥さんは幼い子供がいることから、迷った末に離婚を決断する。

 

そして、奥さんは弁護士に委任し、夫との離婚協議をしてもらう。

 

当然、夫も弁護士を立てて、応戦をしてくる。

 

そして、夫側の弁護士の言い分は「婚姻関係が破綻していた」

 

夫側の弁護士は夫婦の関係は既に破綻していて、不貞にともなう責任はない・・・と

主張してくるのです。

 

とりあえず、妻側をけん制するために定型文のように書きなぐってくる弁護士が多い。

 

だが、仮にそれが弁護士の戦略であっても、妻の気持ちを少しも配慮していない。

 

この世で一番に信頼すべき夫に裏切られ、幼い子供を連れて離婚を決断する妻の辛さを考えていないのです。

 

探偵はハッキリと言います。

 

婚姻関係は破綻していた・・・と弁護する弁護士たちへ

 

妻にワイシャツを洗濯してもらい、妻の作った弁当を食べ、

 

それでも浮気がバレたら婚姻関係が破綻していたと

 

弁護士のアナタは本当に思っているのですか?

 

そんなアナタの弁護士バッチは泣いていませんか

 

 

 

(株)アイシン興信所では札幌市を含め、北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・家出人調査・盗聴・盗撮調査 ほか

様々な調査を承っております。

 

(株)アイシン興信所 札幌市ホームページ

 

 

札幌・探偵事務所の独り言 弁護士バッチが泣いている・・・ラブホテルに行ったが不貞はない

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。

 

当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

今回は『弁護士のモラル』について。

 

探偵が得た「証拠」を使って弁護士が裁判で戦ってくれる。

 

だからこそ、探偵にとって弁護士は常に憧れであり、尊敬の対象です。

 

ですが、近年は弁護士のモラルが明らかに低下していると感じる。

 

例えば、奥さんの依頼で夫の浮気調査を行う。

 

調査結果はやはり夫は浮気をしていた。

 

奥さんは迷い、悩んだ末に離婚を決断し、弁護士に離婚協議を委任する。

 

そうなると夫も弁護士を立て、浮気相手の女性も弁護士を立てる。

 

ここで夫、浮気相手の双方の弁護士が「ラブホテルには行っていたが、不貞はない」と言い張ってくる。

 

ラブホテルには行ったが、カラオケをしていただけ・・・・

 

ラブホテルに行ったが、気分が悪くなって休憩をしていただけ・・・・

 

ラブホテルに行っていたが、トイレを利用していただけ・・・・

 

だから、ラブホテルに行っていたが不貞はない・・・・と主張してくる。

 

当然ながら、裁判になれば、その主張は認められないのを承知で相手方弁護士は

「不貞はない」と主張してくるのです。

 

これは着手金の対価として「仕事をやっている感」を出すためなのです。

 

夫の浮気問題で小さな子供を抱え、離婚を選択せざるを得ない妻にとって、

 

相手弁護士からの「ラブホテルには行ったが不貞はない」という反論は

 

更に怒りと悲しみが押し寄せてきます。


私が探偵になった頃(25年以上前)の弁護士は威厳がありました。

 

不貞を行った側の弁護士も慰謝料の金額については交渉をしてきたが、

 

ラブホテルには行ったが「不貞はない」などの論点をそらすようなことはなかった。

 

 

探偵はハッキリと言います。

 

ラブホテルには行ったが、不貞はない・・・という弁護士たちへ。

 

弁護士である以上、もっと真摯な答えをしませんか。

 

アナタの弁護士バッチが泣いていませんか

 

アナタと対峙している当事者はアナタの答弁に傷ついているのです。

 

 

 

 

(株)アイシン探偵事務所では札幌市を含め、北海道全域で

浮気調査・不倫調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

 

(株)アイシン探偵事務所 札幌ホームページ

 

 

 

札幌・探偵の独り言 ケイちゃんとハンバーグを食べに行ったの・・・

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。

 

当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

近年、妻の浮気が子供の証言で発覚することが多い。

 

例えば・・・・

 

ある日、3才の子供が言うのです。

 

「パパ、今日ね、ケイちゃんとハンバーグ食べに行ったんだよ」・・・と。

 

夫が妻に聞きました。

 

ケイちゃんって誰?」

 

妻は言いました。

 

ケイコよ・・・前に言ったじゃない、ケイコが近所に引っ越してきたのよ」

 

夫は最近の妻の不審な行動もあり、探偵に調査を依頼する。

 

調査結果はやはり妻の浮気は確認された。

 

実はケイちゃんはケイコではなく、ケイスケだったのです。

 

これは「ナッちゃん」、「ヨウちゃん」、「アキちゃん」「ユウちゃん」でもありえます。

 

 

探偵はハッキリと言います。

 

もし子供が「〇〇ちゃんと〇〇〇を食べに行ったんだよ」と言ったのなら、

 

妻の浮気の兆候かもしれません。

 

 

 

(株)アイシン探偵では札幌市を含め、北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

 

(株)アイシン探偵 札幌ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>