残り糸を使って | 手織りの楽しみ方♡いろいろ・・・

手織りの楽しみ方♡いろいろ・・・

私流の手織りの楽しみ方を提案しています。
手織りを始めたいと思っている方
今の織りをステップアップしたいと考えている方
私と一緒に 手織りをしませんか?

webにて手織り教室を開いています。


テーマ:

残り糸を使って・・・・・


手織りをしていると たくさんの糸が残ります。
30g 40gとある程度まとまった量が残ることもあるのですが
短い糸も たくさん出ます。

全部の糸を使うことはできないのですが
なるべく活用したい・・・・そう思っています。
今月は これらの糸を日の当たる場所に・・・・・
これがテーマです。


ここでお話してることは 別のコーナーや 
過去の「今月の課題」でお話したことが含まれます。
ご了承くださいね。

 

ある程度まとまって残っている糸を使って布を織る

 

 

 

残り糸を使って布を織る場合 たて糸にいろいろな糸を混ぜ込む方が
楽に織ることができます。
織った布を裏布を付けたりして 仕立てる場合は別なのですが 
端の糸の始末をする必要がある場合は 
1段や2段ごとに色を変えることは とても大変なことです。
たて糸で色を替える方が楽なんですよ。

残り糸を使ってショールを織ることを過程してお話しします。


 

私はこのショールを 茶・グリーン・ピンク・紫・黄色と 

何パターンか織りました。
これは 2006年5月23日の今日の工房風景で紹介した画像です。
色とりどりの糸が残りました。

 

 


当然のことながら ショールを織る前の糸よりも短い糸になりました。

上は 整経台のポールに結びつけていた糸。
3~4cmの短い糸です。
下・左は たて糸の長さに足りなかった糸。
2.5m以下の糸です。
下・右は 織り終わってたて糸を切った時に 織り機に残った糸です。
30cm~40cmの長さです。


 

とってもとっても短い糸を使って・・・・・
フエルトボールを作る。
これは 2005年10月14日15日28日29日にご紹介したものを 再掲載しました。




残った毛糸を丸めただめのボール。
ちょっといびつだったから カゴに入れてしまいました。




*コースターを作る
①グラデーションに・・・・・・



フェルトを土台にして 短く切った糸をフェルティングニードルを使って チクチク・・・・
糸が混ざり合って グラデーションのコースターができました。


 
②糸で模様を作る

上で使った糸は いろいろな色が混ざっていましたので それだけでも 柄になりました。
糸の種類が少ない場合は 糸で絵を描くように糸を張りつけたらいかがでしょうか?


花束とリボン。
私は 簡単なことしかできないけれど 糸で絵を描いてみませんか?




切り取った後のたて糸を使って・・・・・・




これは 会員さんのもねさんの作品です。

楽習フォーラムの講師養成講座を受講されている方なら 
すぐにわかりますね。
課題を織り終わって 残っているたて糸に 
やはり前の課題で残った糸を織り込んで
あじろ織りにしてくださいました。


糸の使い方も素晴らしいし 
長細~~~いあじろ織りも新鮮でした。


もねさんのコメントにこう書かれていました。
「端っこのたて糸が離れてきてしまって織りにくかったです」



よこ糸にも 短い糸を使っていますので 端で折り返すことができません。
そのために 端のたて糸が離れてくるのです。
そこで 次のような織り方をアドバイスをさせてもらいました。

実際に 織ってみますので ご覧くださいね。



織る
①長い糸と交互に織る



長い糸を一緒に織り込むことで 
端で糸を折り返すことができるようになり 
たて糸が離れてくることを防ぐことができます。


また 糸の選び方で 雰囲気が変わります。
同系色を使った場合と反対色を使った場合、
糸が太い場合と細い場合。


糸の組合せを楽しんでくださいね。




②左右に余分にたて糸を張って織る方法




端に余分にたて糸を張って織ります。
よこ糸が短くて折り返すことができない場合は 
端のたて糸が離れてきてしまいますが 
作品の糸ではないので大丈夫です。



③糸を結んで織ってみる



今もあるのかな?私がまだ実家(岐阜県)にいる頃の話ですが 
反物(後染めをするための白地)を織って残った糸を
安く販売していました。


その短い糸を繋いで 機屋さんへ持って行って
反物を織ってもらうのです。
つなぎ目が 紬のような雰囲気になります。


それを応用して 残った糸を繋いでみました。
普段作品を織る時には つなぎ目が作品の中に入らないように
取り除くようにお話をしていますが ここではあえて 
つなぎ目を作りました。
良い提案になれば良いのですが・・・・・





④残り糸を使ってシェニール織りをする
最後に 4月の課題として紹介したシェニール織りも 
残り糸を有効に使う方法だということを 
ここでお話させてください。

始めにお話したショールは たて糸にいろいろな糸を使っていました。
シェニール織りは よこ糸に 残り糸を使います。
太い糸は1本で 細い糸は 数本合わせて 
同じくらいの太さにします。

もちろん きっちり揃える必要はなく 
細い糸は 細いままでも大丈夫なのですが 
私は このようにして織りました。

4月の課題を見て あみん・おりんのkanaさんが 
シェニール織りにチャレンジしてくださいました。

 

ウールを使われたそうです。
シェニール糸が太めだったということでしたが 
よこ縞がきれいに出ていますね。
糸を作るために織った布からは 
想像ができないような柄が織り上がりました。


シェニール糸を作るのは面倒ですが
 魅力のある織り方だと思っています。
kanaさんのホームページで 制作の様子をご覧いただけます。。
   

残ってしまった糸たち。
難しいことなのですが できれば 最後まで使ってあげたいと思います。

ここで お話したことが ゴミ箱へ行ってしまいそうな糸を 
もっと活躍させることができたらうれしく思います。

他にも こんなアイディアがあるよ・・・・・
そんな情報がありましたら ぜひ 教えてくださいね。

金竹 敦子 (おり絵さんの手織り工房)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント