昨日の夕方「手相を見てほしい」とダルビッシュ有さんによく似た男性(四十代)がいらっしゃいました。

引き締まった体に黒いTシャツ、髭が印象的なお客様です。

 

拝見すると、きれいな三大重要線(感情線・頭脳線・生命線)と仏眼(丸印)が目に飛び込んできました。仏眼は、親指の第一関節にある『アーモンド形をした目』を指します。(どちらか一方でも線が流れていると、仏眼ではありません)

 

こういう方は、

 ★御先祖の守りがある(危機一髪でも助かる)

 ★スピリチュアルな能力や直観力に優れている

 ★記憶力が良い                    

と言われています。

 

このお客様も、若い頃にバイク事故や劇症肝炎(死亡率7~80%)で生死の境をさまよった経験があるそうです。なるほどこれで、運命線が20代後半~30代で切れている理由がわかりました。

 

一方で、文章を書く能力に優れ(バイク雑誌に寄稿したら全文掲載された)、ある時は人気DJとして活躍し、とマルチな才能に恵まれた方とお見受けしました。

 

鑑定中に

「えっ、ちょっと(背中が)ゾクゾクッと来た」「はい、全く瑛蓮さんの言う通り・・・」

「どうしてそんなに当たるんですか!?」と驚かれましたが、

こちらこそお客様から占い師冥利に尽きるお言葉を頂戴し、身に余る光栄です。

 

また次につながるご縁がありましたらお越しくださいね。

お待ちしております。

 

 

(ブログ掲載についてはご本人に了解を得ています)