昨日の帰宅時間は5時頃でした。

ミーティングして、セミナー内容考えたり、メール打ったりして、
そんな時間になってしまったのです。

職場から家までは自転車なのですが、
帰る途中、衝撃的な景色をみたのです。

それが「火球」。

つまりは「隕石」でした。

一瞬の出来事でしたが、空がパッと明るくなりました。

空が「緑色」に輝いて流星が流れていくのをみたのです。

それはもう、衝撃的な瞬間で少し泣いてしまいました。

単に流星を見ただけなら、
涙まで流さなかったと思いますが、
私も少し特殊な心理状態にありました。

実は、その直前まで、
ある個人的なことのために祈っていたのです。

 

「神様はちゃんとみてるよ」って。

 

その流星は祈っていたことに対する「答え」のように感じて、
少し涙ぐんだということです。

  ※

その後ネットで調べたら明け方のニュースになっていました。

 

 


新年年明けての最初の象徴的な出来事だったので、

「火球」というのは吉兆か凶兆か調べてみました。

 

単なる「吉兆」ではなく、昔は「凶兆」と捉えることもあったようです。


今でこそ「流れ星が流れている間に願いを言えば叶う」など言われますが、

昔は「凶兆」とされていた時代もあったようです。

例えば、人が死ぬと、その人の星が流星となって落ちると考えられていた。

中国の有名な歴史書「三国志」に蜀の軍師諸葛孔明が亡くなった際に、巨大な流星が落ちたというエピソードも記されています。

他にも、18世紀のロシアの女帝エカテリーナ二世は67才のとき発作が何回か起きるようになりある晩流星をみて「あれは死の予兆だわ」とつぶやいたそうです。 その2ヶ月後、亡くなってしまいます"

さらには、アンデルセン童話の『マッチ売りの少女』で、「少女は、まさか死んだのが自分だとも気付かず、長い尾を引いて落ちてゆく流れ星を見て『今夜誰かが死んだのね』とつぶやきます」というシーンがあります。

他にも、時代の変化の象徴ともいわれてます。

例えば、1908年に起こったシベリアのツングースカ上空で巨大隕石の爆発がありました。

その後、第一次世界大戦が勃発し(1914年)、ロシア自体もその後に起きた共産主義革命(1917年)で滅び去ります。


もちろん、それらの原因が隕石や流星が全てではありませんが、

流星や隕石は、何らかの変化の兆(兆)ではあるのでしょう。

 

 

2019年は変化の年になるかもですね。

 

 

特に、今回の観測地域である「西日本」はポイントでしょう。

 

 

<龍の神様と出会うたった一つの方法:リアル書店キャンペーン>

https://hagahikaru.com/dragon_campaign/

 

 

 

 

◆初詣セミナー全国ツアー2019

最高の一年とするためのスタートダッシュを切る

1月5日(土)井草八幡宮(東京)

1月6日(日)石清水八幡宮(京都)

1月9日(水)西宮十日えびす(兵庫)

1月12日(土)下鴨神社(京都)

1月19日(土)太宰府天満宮(福岡)

1月26日(日)熱田神宮(名古屋)

https://hokkyoku-ryu.com/seminar/newyear2019/

 

 

<2019年の六龍法の運勢!まだ観ていない方はぜひ。>

チャンネル登録して下さいね。