キャプテン・フィリップス | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

2013年11月29日公開
監督:ポール・グリーングラス 出演:トム・ハンクス バルカド・アブディ 他

ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・暴力描写あり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・なし


 2009年に実際に起きた、ソマリア沖での貨物船人質事件を描いた感動作です。トム・ハンクスが、実在のフィリップス船長を熱演しています。
 宣伝なんかでは、「クルーを守るために自ら人質になった」という船長の勇姿が全面に押されていましたが、実際には乗っ取られる側からだけではなく、乗っ取る犯人側からの視点も描かれています。ムセという、こちらも実在のソマリアの漁師が、金のために自ら海賊行為に臨む姿と、その残酷な結末が克明に描かれます。
前半ではアラバマ号と海賊との攻防がメイン。最初は海賊を巧みに交わしましたが、とうとう乗り込まれてしまいます。しかしここで、フィリップス船長の様々な機転が乗組員の命を救い、逆に海賊達を追い詰めていきます。
 そして後半では、人質となり、救命ボートに海賊と共に乗り込んだフィリップス船長を救うべく、アメリカ海軍が海賊との行き詰まる攻防を繰り広げます。最終的にはネイビーシールズも投入され、一大救出作戦が決行されるのでした・・・。
 「そうは言っても、結構演出とか誇張されているだろう・・・」と思っていたんですが、観終わった後で事件のことを少し調べてみたら、なんと事件の途中経過とか結末とか、ビックリするくらいほぼ映画の内容そのままなようでした。そんな極限状態の中で最後まで戦い続けたフィリップス船長の姿が、感動を誘います。暴力描写も極力押さえてあるので、ある程度の年齢のお子様となら、一緒にご覧になるのもイイと思います。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>