煮干しラーメン好きの私。

煮干しラーメンの発祥の地は青森と言います。

ならば本場青森で食べてみたい。

緊急事態宣言が解除されたので、青森ラーメンツアーを画策しています。

その前に、食べておかなきゃいけないラーメンが東京にあるんです。

津軽煮干しラーメン長尾中華そば 神田店

東京都千代田区神田小川町1-7-108
営業時間 平日11:00~20:00
           土曜11:00~15:00
定休日:日曜・祝日

都営地下鉄新宿線小川町B6出口から徒歩一分くらいです。

 

青森の本店で食べる前に、東京店を食べておいて味を比べるのです。

 

喜多方ラーメン坂内では、喜多方の本店と東京のお店を比べたところ、全く違うラーメンだということに驚いた経験があるんです。

 


狭い間口から煮干しの香りが漂う。

店に入ると、カウンター四席、テーブル二人掛けが二つ。八人で満席になるこじんまりしたお店です。

券売機を見ると「一番人気・こく煮干し」が目を引くが一通り見る。

 


あっさり・こく煮干し・つけ麺・まぜにぼ・限定BLACK

の他に、ちょっと分からないのが

あっこく麺・ごぐにぼ

方言かな?

津軽弁はもう外国語に聞こえるからね。

凄そうなんで今回は敬遠しておこう。

チラッとカウンターを見ると、お客さんが食べているのが一番人気のこく煮干しだろう

見た目がセメント系・・・苦手である

今回は「水と煮干しのみ!」と書かれているあっさりを注文してみよう。

これぞ青森の一杯っていうんだからね、まずは定番を食べてみよう。

元気のいいおばちゃんに席を誘導される

厨房では男性が大きな声を出している

この二人のテンションが高く店内には活気があるように感じる

程なく着麺


やや小ぶりの丼

観察前にまずスープを一口飲む。

むむむ…酸っぱい…なんだこの酸味

お酢じゃないよな…

しかも、煮干しの風味が無い

ほんのり鰹節が感じられる

津軽煮干しは匂いがしないのかな?

 

あと、脂が浮いていないですね。珍しい。

縮れの細麺をすする…

 


麺の茹で方は私好みでちょうど良いけど…酸っぱい。

変わった色のメンマを食べてみると…味がしない…なんの味付けなんだろう



薄切りモモのチャーシューも食べてみる…酸っぱい…

薄切りだからスープを吸って酸っぱいんだろうか。

なぜ酸っぱいのか考えながら食べ進める。

 



鰹節とかは煮すぎると酸味が出るんですね。



風味の酔い鰹出汁を取るには、沸いた湯に鰹節を入れたら火を止めなければいけません。

しばらくしたら鰹節を取り出し、調理をする。

鰹節が入ったまま加熱してしまうと、鰹節のエグみや酸味が出てしまいます。

ただ、上記の手順で出汁を取っても酸っぱい時があるそうです。

それは、カツオ節自体が酸っぱいときは何をやっても酸っぱくなります。



このカツオ節が酸っぱい原因はカツオの「乳酸」だと言われてます。

釣られたときにストレスを感じて乳酸を出してしまうカツオがいるんだそうです。

だから、酸っぱい鰹節と酸っぱくない鰹節があるんですね。

この見極めはプロの漁師も、乾物屋も分からないそうです。

このあっさりは、たまたま酸っぱい鰹節で出汁を取ってしまったのでしょうか?

分かりません。

とか考えていたら食べ切ってしまっていた。

麺が少ないんですよね。

180gくらいじゃないですか。

全然胃袋空いてる。

よし、一番人気のこく煮干しも食べてみよう。

券売機でこく煮干しを購入。

 

こんな漫画もあったので読んでいると着麺。

 


やはり苦手な茶セメント…


気になるスープを一口。

むむ!煮干しだ!強烈な煮干し!

そして、酸っぱい!

なんだなんだ、どれも酸っぱいぞ。

 


麺は太いストレート。これ好きです。

が、頬張って噛みしめると粉っぽいですね。

ううむ。

チャーシューが一枚バラになってるね。

甘辛で好きな味です。

モモはあっさりに乗っていたのと同じでしょう、味がしないんです…涙

 

なんでこんなに酸っぱいんだろうか。

こんなに煮干しが入っているのに鰹節の酸っぱさが影響しているとは考えにくい。

 


そうか、煮干しが酸っぱいのか。

そう気が付いたら、あっさりの「水と煮干しのみ!」に合点がいく。

そうかそうか、津軽煮干しラーメン長尾は、煮干しの酸っぱさを活かしたラーメンということか。

さらに、こく煮干しくらい沢山煮干しを入れないと香りも味もしないんですな。

やっかいな煮干しだなぁ。

とか、考えながら食べていたらお腹が膨れてきた。

麺が多いんですよ。250gくらいはありそうです。

全部平らげて退店。


店の外で暖簾を見ながら深呼吸したところ、鼻に煮干し臭が残る。舌には残らないんですな。

はたと気づく。

青森の代表的な煮干しラーメンの名店・長尾が、この酸っぱさなんだとしたら、青森の煮干しラーメンは全般的に酸っぱいのか?

ううむ。

この酸っぱい煮干しラーメンは好きじゃないのです。

津軽煮干しラーメン 長尾中華そば
私の好みかどうか ★☆☆☆☆

 

青森ツアーは見送りか?

 

 

【追記】

このブログを書きながら長尾ラーメンを調べてみたところ、やはり酸っぱいラーメンを売りにしているようですね。そして、津軽らーめんは三種類に分類されているようで、酸っぱいラーメンは一部だそうです。長尾さんのインタビュー記事があったので気になる方はご覧ください。

 

しかし、煮干しってあんなに酸っぱいのか。知らなかったです。

 

長尾中華そばの食べログのレビューも読んでみたのですが、酸っぱいと指摘している人の少ない事。中にはお酢が欲しいという人まで。みなさんこのラーメンを酸っぱいと感じてないんですね。驚きです。