私をゴルフに連れてって!

私をゴルフに連れてって!

よく飛ぶドライバー試打します。 ランキングします。コース紹介します。 熱意描きます。75切ります。

 

GTDから2022年のニューモデル・ドライバーが出るようなので、

プロトタイプの試打ヘッドを手に入れて、シャフトを挿して、

打ってみました。

 

出ました。

これは…

超カンタン、超当たる、超楽に上がる、超曲がらない、

そして、超転がる、そして超飛んでいる、

超ニュートラルな特性の460ccドライバーですね。

 

GTDが460ccドライバーを出すのは2度めですが、

これは現行モデルBlack ice460ドライバーの後継機ではなく、

Black ice460ドライバーで漏れた側のドライバーでした。

つまり、姉妹器ですね。(兄弟機?)

フッカーでも使えて、フェードやストレートで飛ばしたい人向きのドライバーです。

(Black ice460ドライバーはスライサーやドローヒッター向き)

 

一言で言うとこのドライバー、とにかくフェードでも転がるし、飛ぶ。

Black ice460ドライバーは「ドロー・バイアス」のドライバーで、

この「GTD Black ice The MAXドライバー」は、「ニュートラル・バイアス」。

打ち比べてみると、その差はけっこう大きいことに気づきます。

 

今回の「GTD Black ice The MAXドライバー」は、PINGのドライバーに似ていますね。

気持ち的に言えば、あれの上位互換のような感じであり、

Gシリーズを使い慣れたような人ならば、そのままスイッチしても

来週の月例でいいスコアを叩き出せそうな期待感があります。

 

Black ice460ドライバーは、

例えるならテーラーのSIM系のMAX Dみたいなドライバーで、

 

今回の「GTD Black ice The MAXドライバー」は、

例えるならPINGのG425?

「安心感がヤバい」みたいな。

 

→「GTD Black ice The MAXドライバー」は、こんなドライバー

 

 

地面にポンと置いた感じの「構え」では、めちゃくちゃ大きな違いは感じませんが、

でもまあ、どちらがどちらなのかはわかります。

左が「GTD Black ice The MAXドライバー」で、

右が「Black ice460ドライバー」なんですが、

並べてみると、ちょっとだけ460ドライバーのほうが「洋ナシ型」に感じられて、

よりアスリートっぽい感じ。

「The MAXドライバー」のほうが、460ドライバーより、もう少し丸っこくて、

フェースからお尻までの長さも460ドライバーより5mmほど長くなっています。

どちらも460ccですが、「The MAXドライバー」のほうが、よりシャローですね。

 

 

でもフェース面としては「それなり」に高さもあってややディープです。

左右幅は460ドライバー(下)より広いです。

スイートスポット、マジでバカみたいに広いです。

フェースはブラックフィニッシュで、今はスコアラインに白い色が入ってますが、

販売されるものはスコアラインに色は入っていなくて、460ドライバーと同じです。

 

 

スリーブが新しくなっていて、既製品とは互換性がなくなりました。

互換性がないのは残念ですが、

おかげで重量的に7gくらい軽くなり、そのぶんヘッドの適正な場所にウェイトを置くことができたそうです。「その7g」が飛距離を確実にあげています。

 

 

 

 

GTD の100セット限定アイアン(Blackice Limitedアイアン)が2種類、手に入ったので、

カーボンシャフトを挿して試打してみたところ、

とんでもなく気に入ってしまったので、

 

  • LimitedではないBlackiceアイアンとの違い
  • Blackice Limited MB Iron(マッスルバック)とBlackice Limited CB Iron(キャビティ)の違い、その特徴

 

を書いとこうと思います。

 

◾️ Blackice CB アイアンと、限定のBlackice CB アイアンの違い

 

 

上が通常のBlackice CB アイアン、下が限定のBlackice CB アイアン(Blackice Limited CB Iron)ですね。どちらも#7アイアンです。

ハッキリ言ってそっくりです。バックフェースのミーリングの方法とかも同じで、

たまに、どっちがどっちだかわからなくなることもあります。

ただ…

 

 

左の通常のBlackice CB アイアンのほうが、フェースがちょっとばかり長いことがわかります。

(スコアラインも1mmくらい長いです)

でもフェースの「高さ」は変わらないので、通常のBlackice CB アイアンのほうが、少しだけシャローなヘッドに感じます。

で、当然、実際に打っていても、フェースターンが通常のBlackice CB アイアンのほうがゆっくりなので、決して捕まらないわけではないですが、通常のBlackice CB アイアンのほうがとにかく「ヒッカケ」しづらくて、とにかく真っ直ぐ飛びたがります。

逆に言うと限定のBlackice CB アイアンのほうが、玄人好みにヘッドが小ぶりで、操作性は良いです。

 

で、写真ではカメラアングルの関係上、左の通常のBlackice CB アイアンのほうがロフトが寝てるみたいに見えちゃってますが、

実際は限定のBlackice CB アイアンのほうがロフトが2度寝てます。

通常のBlackice CB アイアンは7番アイアンで、30度(けっこうストロングロフト)

限定モデルのBlackice CB アイアンは7番アイアンで、32度(数年前の普通)

です。

つまり限定モデルのBlackiceは(CB、MBともに)玄人向き。

たとえばプロの選手に打たせても「使えるねぇ」と言ってもらえるような、ちょうどよいコンベンショナブルなヘッドに仕上げているわけです。競技に出るシングルプレーヤーとか、プロとか、ポケキャビとか眼中にない人向きで、もちろん軟鉄鍛造アイアンしか使う気はなくて、

そんで、試合で使って「違和感のないヘッド」ですね。

通常版のほうは、ややストロングロフトの低重心の軟鉄鍛造アイアンだと言えると思います。

 

あと、通常版のBlackice CB アイアンのほうが、ソールは1mmほど厚くて、少し低重心になっています。

払い打ちする方なら通常版、ターフを削る人なら限定版のほうが向いているでしょう。

(でも、限定版でもトップぎみに当たってもけっこう球は浮くんだよなぁ)

 

あ、通常版のBlackice CB アイアンのほうが、5ヤードくらい飛びますね。

ドライバーのHS40〜42くらいの私で、#7のフルショットで、通常盤が150y、限定版で145yくらいです。

私は、冬は通常版、春から秋までは限定版をエースで使おうと思ってます。

 

打感? めちゃいいに決まってるじゃないですか。

もう、球が潰れる感触が、キモチいい〜(しかもスイートスポットがめちゃ広いっ!)

 

 

◾️ Blackice Limited MB Iron(マッスルバック)とBlackice Limited CB Iron(キャビティ)の違い、その特徴

 

 

マッスルバックのMBアイアン(左)とCBアイアン(右)は兄弟モデルですね。

光の反射でMBアイアンのほうが黒っぽく見えちゃってますが、

同じシルバーフィニッシュで、フェースの大きさも同じ、

ロフトやライ角も同じ、

弾道もほとんど同じです。

限定CBアイアンのキャビティ部分を削りとって、そのぶんの重量をマッスル部分の肉厚に足したカンジでした。

 

 

キャビティのCBアイアン(左)とマッスルバックのMBアイアンの「構え」を比べてみると、

トップの厚みもそんなに変わらず、ほとんど同じ感じです。

 

 

これも写真の撮り方がちょっと悪かったせいで右のクラブのほうがデカく見えちゃってますけど、ソールの厚さも同じです。厚すぎず、薄すぎず、ってカンジですね。

まあ、見た目的にもわかると思いますが、

基本的には、ターフを取ってダウンブローぎみにボールを打ちたい…

…けれども、払い打ちになっても、それなりに使えるボールになる!

っていう、ギリギリのセンを狙ったソールの厚さです。

 

GTDゴルフのコンセプトは、「女子プロに使ってもらって結果が出るクラブ作り」なワケですので、「ヘッドスピード高めの女子プロ選手向け」「シニアの男子プロ選手向け」に作られた限定モデル、という点ではCBもMBも変わりません。

 

で、打ち比べてみますと…

めっちゃいいスイングで、超まっ芯を喰ったベストボールを打った時は、

両者とも変わりません。ほとんど同じ打感、ほとんど同じ弾道、ほとんど同じ飛距離です。

でも、

芯を外した時は、やはり限定CBアイアンのほうが、明らかにカバーしてくれます。

 

しかし、打ち込み方を変えて、スピン量をコントロールしようとしたり、

左右に曲げようとすると、

MBアイアンのほうが素直に、そのまま反映した球を打ち出してくれます。

 

しかし!

このバックフェースのウェイトの配分の妙を見てくださいな。

 

 

マッスルバックなら、むしろ中央をこんもりさせるところ、

限定MBアイアンでも、左右に大きくウェイトを振り分けているので、

とにかく打点のミスヒットに強い、んですよね。

特に、トゥ側に外した時のカバー力はハンパないです。少しくらいなら、外してるのわかんないです。

 

あと、マッスルバックとかだと操作性よすぎて、

ちょっと捕まえに行こうとするとフェースターンしすぎて左にヒッカケしたりしますけど、

そういうのが、めちゃ少ないです。

 

…かといって厚くターフを取って打ち込んだり、ティアップして打ったりする時の

「フェース中央部分」のヒッティングポイントも、しっかり菱形状のウェイトでカバーしてあって、その部分で打ってても、超キモチいい〜。

ここが、「めちゃ気に入った件」というわけですね。

このマッスルバック、ヘタなキャビティバックの軟鉄アイアンよりも、ずっと易しいです。

まっすぐ打っていくぶんには、ほんとに曲がらないしミスしにくいです。

 

ちなみに優しさの順で言ったら、

1、通常のBlackice CBアイアン(高弾道でとにかく曲がらん。そして限定版より5yくらい飛ぶ)

2、限定のBlackice CBアイアン(突飛じゃない弾道的には超優等生)

3、限定のBlackice MBアイアン(これでも十分やさしい)

ってカンジです。

 

 

限定MBアイアンのほうは、本当は4番アイアンからの7本セットで、

限定CBアイアンのほうは、本当は5番アイアンからの6本セットになってます。

 

限定100セットの販売なので、今日現在で、あと残りは

MBとCBともに6セットだけですね。売り切れたら、もう生産しないみたいです!

 

→GTD【限定】Blackice Limitedアイアン、ほんとに残りわずか!

 

コロナの関係でアイアンシャフトの輸入が止まってますけど、相談のりますよ。

 

→GTD Black ice The MAXドライバーについて

 

 

 

 



ギア好きが高じてクラブ販売に関わる生活になり、プロやクラチャン連中や研修生などとしょっちゅう試打をするようになったので、「よく飛ぶドライバー」について個人的なランキングを作ってみました。

 

私のヘッドスピードが41~43m/sといったところなので、
ヘッドスピード40~45m/sのゴルファーにとって飛びを実感しやすいドライバーと思っていただければ幸いです。

 

ちなみに筆者は、スイング的には元々スライサーだったけど、今は球筋は軽いドローが好きで、
どちらかというとボディターンな感じの先中調子好き。スピン量ごく普通。中肉中背、弾道は中弾道。2021年の総ラウンドのアベレージスコアは85.25、ベストスコア75、ドライバーショット嫌いなので平均飛距離は集計してませんが飛距離計測器でよく見る距離表示の数字は230Y〜240Y。「今日イチ?」みたいな飛びだとだいたい250Y前後です。

※シャフトとの組み合わせは「好みによって飛び方がぜんぜん違う」ので、それらとの関係性については、また今度考察してみたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

飛ぶドライバー2022年【地クラブ編】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1位 GTDゴルフBlackIce460ドライバー(ブラックアイス460ドライバー) ←NEW!

 

GTDの新作ドライバーですね。

これまでGTDのドライバーは、やや小ぶり(450cc程度)のディープフェースのゲンコツ型ばかりだったんですが、コレは460ccのフルサイズのヘッドで、ややシャローで、テーラーメイドなど現在主流となっているドライバーに対して違和感を感じない大きさです。

3位のAngel-Cドライバーと比べると、「一発の飛距離」ではほとんど変わらないんですが、

とにかくスイートスポットがバカでかいので、思い切って振り切れますし、捕まりがよくてドローがかかりやすいですし、0.5インチくらい長めで組んでもヘッド体積が大きいぶん、むしろ「短く」感じるので、シャフトを長めに組むこともできます。

なので、結果として「飛ぶ」と。

 

・ハイドローでぶっ叩けるので、1発の飛距離では、めちゃ飛ぶ

・多少のミスヒットでも、けっこう飛距離を稼いでくれて、飛ぶ

・しかも曲がりがとにかく少なく、平均飛距離の面でも、飛ぶ

・慎重に打つコントロールショットでも、他のドライバーよりも飛ぶ

・HSの早い人から遅い人まで、幅ひろい人が楽にオートマチックに飛ばせる

・カチャカチャ式で自分に合ったシャフトに付け替えるので、飛ぶ

 

…といった感じで、バランスよく飛び性能を高次元で兼ね備えているので、堂々の1位です。

まあ、GTDのドライバーは飛ばないモデルを出して来ないんですが、

このドライバーは難しさがまったくないので、誰でも飛びを実感できるので人気です。

 

売り切れてたGTD BlackIce460ドライバーが再入荷

 

 

構えたカンジはテーラーメイドのSIM MAX Dや、SIM2 MAX Dなどと同じようなヘッドの東映面積に感じます。

 

 

ただ、フェース面はSIM MAXとかに比べると、ずっとデカイです。

 

 

なので、「安定性」とミスヒット許容率は、流通しているドライバーの中でも最大級で、

とにかくぶっ叩けます。

 

 

これまでのGTッドライバーは、やや中上級者向きのカンジがあったのですが、

このドライバーは、とにかく簡単に打てるので、球が上がる、ミスヒットによる飛距離の減少が少ない、ミスヒットによる曲がりが少ない、といった特徴が顕著です。

ウチにはテーラーメイドのSIM MAXとSIM MAX DとSIM2 MAXの3種類のドライバーがありますが、同じシャフトで打ち比べても、安定して10Yほど飛んでます。

コレはハッキリ言って「傑作ドライバー」ですね。

 

ただ、「捕まり」はこれまでのGTDドライバーよりかなりよくなっているので(SIM MAXとSIM MAX Dの中間くらい)

簡単に、安定してハイドローが打てて飛距離を稼ぐのにはいいですが、意図的にフェードを打つ作業がちょっと難しいです。

逆に言えば、スライサーで飛距離を損している人には、間違いなくオススメです。


GTD BlackIce460ドライバーの詳細なインプレッション

 

GTD BlackIce460ドライバーとシャフトの組み合わせ

 

 

 

 2位 エミリッドバハマCarlvinson CV8ドライバー ←NEW!

 

まるで刺青のような凝ったソールデザインが眩しい、四国松山の地クラブ「グランプリ」の別ブランド「エミリッッドバハマ」の現行モデル。

写真のヘッドはカスタムバージョンのブルーメタリックなヘッドですが、

通常は黒いヘッドで、その他に白いヘッドやら艶消しやらがあります。

 

試打したのはロフトが10.5°、シャフトはTourADのPT-6-Sの45.5インチ。

TourAD-PTシャフトはそこそこ飛ぶシャフトですが、決して「飛距離最優先」のシャフトではないだけにこのドライバーの飛距離性能がダイレクトに感じられました。

グランプリにしろGTDにしろロッデオにしろ、いちど「爆飛びドライバー」を開発したメーカーは

「飛ぶドライバー作りのコツ」みたいなものをつかんでるし、前作より飛ばない後継機を発売するわけにはいかないので、(少しづつでも)飛びの進化が続いているカンジです。

 

 

で、このエミリットバハマCarlvinson(カールビンソン)CV8ドライバーは、とにかくフェースがディープで、ギリギリまでフェース面の反発を有効活用しようとしてるカンジで、それが成功してるみたいです(しかもヒール側まで広い)。

そして、体積的にはちょうどよい「やや洋梨型のミッドサイズ」で、構えたカンジがとてもしっくり来て、しかも弾道がイメージどおりで、弾道もちょうどよく、わりと簡単にボールを最高到達点まで押し上げる力がありました(1球めからベストボール)。

構えた時のヘッドの形状としては「理想的な大きさの理想的な洋梨型」と感じる人が多そうです。

いかにも飛距離を出したい(叩きたい)人向けのクラブです。

シニアにはちょっとキツイかな。

 

測定ではややドロー回転がかかっていますが、

これはあまりにもハンドファーストでインからドローめに打ちやすいので(すると飛距離が伸びるので)、そればっかり打ってたせいなんですが、

実際、GTDのブラックアイス460ドライバーなんかのすぐ後に打つと、途端に右プッシュばかりになります。

決して「捕まりがすごくいいヘッド」ではないですね。

むしろ、左にダックフックするのが怖いハードヒッター向けだと思います。

(そもそも地面にポンと置いた時点でフェースがちょっと開いてます)

 

打球音(打感)はやや高めの金属音で、以前のエミリッッドバハマのような「がらんどうのヘッドで弾く」感じではなく、ちゃんとボールを潰して、乗っけて、押し出す感覚もプラスされてます。

でも(気に入ったので)、このクラブで実際にラウンドもしてみましたが、GTD460や、バルドのような「バシュッ」っていうカンジというよりか「ペケーン」ていう感じかな。

 

WAOWWドライバーのような「誰でも飛ばせるヘッド」ではないですが、ある程度力がある人なら「叩いたぶんだけ飛ぶ」というカンジで、ヘッドスピード43の私なら十分な恩恵。初速もスピン量もかなりの高レベル。

個人的に嬉しかったのは「ハンドファーストで打つ」のがとにかくやりやすかったこと。

ハイドローで飛距離を稼げたので第2位です。

惜しむらくは、ディープフェースすぎるぶんだけ、上下の打点のバラつきによって球が揃いづらく、アッパースイングのチーピン持ちには要注意。(これだけフェースがバカでかいんですが)いつもスイートスポットに打点を合わせてレベルに振り切れる中上級者以上の方にオススメです。

 

 

 

 

3位 バルド CORSA PERFORMANCE 458ドライバー ←NEW!

 

そもそもバルドというメーカーのドライバーは、造形といい、飛距離といい、打感といい、ほぼ数年前から完成の域に達していて、どのドライバーを打っても飛ぶし、毎回の新製品でも「特別大きく進化したなぁ」と感じるわけではないのですが、

改めて何本もの新作地クラブとうち比べてみると、やはりいい測定結果が出たですし、気持ちよくブッ叩けたので、第3位です。

 

試打したモデルは2月に発売されたCORSA PERFORMANCE 458ドライバーの458ccモデル10度。シャフトはクレイジーの9-PTシャフトがついていて、45.75インチくらいです。

 

構えた感じは458ccあるの?って感じでやや小ぶりな、いかにも地クラブ的なディープフェース。…というか、今までのバルドとの違いが、比べてみないとわかりません(その意味ではバルドファンにとっては安心感)。ドローにもフェードにも操作しやすい感じです。

スコアラインとスコアラインの間に、レーザープリントされたらしい細いラインが何本も入っていて(どんな効果?)、何よりも特徴的なのはソールのデザイン。

 

中央部に斜めにウェイトビスを配置してるわ、カーボンぽいパーツも使用してるわ、お尻のほうは凝りに凝ったハニカム構造をしてるわで「よくぞこの価格(税別7万円)でこのヘッド作れたね」といった感じ。

こと造形面ではバルドがいちばん芸術的でカッコよく感じました。

 

 

クレイジのシャフトだったせいもありますが、弾道は軽いドローで、中弾道。ヘッドの特性自体がニュートラルなので、装着するシャフトによってお好みの弾道に合わせやすそうですが、よほどヘンな打ち方をしないかぎりスライスは出ないので、どちらかといえば捕まりはいいほうだと思います。

 

打感(打球音)は「さすがバルド」といった感じで、今回打った10数法の中でもいちばんの好感触。ソールのハニカム構造がヘンな振動を吸収してるみたいで「バシュッ」とか「バメシッ」とかいう、いかにも玄人好みの「捕まえた音」が出ますし、スイートスポットも広めです。

特に難しいわけではないのですが(というか楽なほう)やはり「叩いてナンボ」という飛距離の出し方を求めるクラブなので、中上級者以上の方に向いていそうです。

 

 

 

 

 

4位 グランプリG8ドライバー ←NEW!

 

エミリッッドバハマCarlvinsonドライバーにも似たテイストですが、ヘッド形状はもうちょっと小ぶりで丸く、ヒップラインも高いので「ゲンコツ型」とも呼べる形状。なのに、弾道が非常に安定していて、その意味では親戚関係にあるエミリッッドバハマよりフェアウェイキープ率やら平均飛距離やらがデカそうです。(でも飛距離的にはエミリットバハマには及びませんでした)

 

フェース面は、今回打った12モデルの中で最大ですが、エミリットバハマのような上下の打点のバラつきに対しては寛容。フェース面を掘ったスコアラインがなく、キャロウェイのようなレーザープリントのデザインのみなので、ヘッドスピードの高い飛ばし屋にとっては、「フェース割れ」の心配が少なさそうです(だいたいスコアラインのあたりから割れるからね)。

 

試打したクラブはロフト10.5°で、シャフトはDERAMAX(デラマックス)020dのXフレックスの46インチ。

デラマックスはそもそも長尺でも非常に安定性の高いシャフトなんですが、

それにしてもミート率が高く、ほぼだいたいの打球が「使える球」の連発でした。

飛距離性能の高いヘッドに、安定性のあるシャフトの組み合わせがよさそうなエミリットバハマに比べ、こちらのグランプリG8ドライバーは逆に、「飛距離性能の高いシャフト」に「安定性のあるヘッドの組み合わせ」で使用したいゴルファーに向いていそうです。スイートスポットはバカでかいです。

 

 

長尺で使用したせいもあるんですが、弾道は高めで、つかまりも普通(あなた次第)。

とにかく「キャリーが出る」「めちゃめちゃなミスヒット弾道が出ない」という感じ。

ただし、1位のGTDや2位のエミリットバハマに比べややスピン量が多いせいか、ランは(ちょっとだけ)少なめに感じます。

打感(打球音)は、実に最近の地クラブの「標準的な音」という感じで、特に良くも悪くもありません。ですが、以前のグランプリのヘッドのような「カラーン」という空洞で打つようなカンジではなく、きちんと「球を押す感じ」で飛ばせます。

 

 

 

 

 

 

5位 NEWプログレスBB4 SB01ドライバー

プログレスという新興メーカーが出したバカ売れドライバー「BB4」の後継機種で

SB01という名前が追加されています。
とにかくちょっとしか作らないので、売り出した途端、またまた品薄状態。

1位のGTD455プラス2ドライバーが「とにかく違和感なく心地よく叩けて、叩いたぶんだけぶっ飛ぶ」というクラブだとすると、
プログレスBB4 SB01ドライバーは、
非力な方、スライサーの方が使うと、いつでも安定して飛ぶというところに特徴があります。

4位のWAOWW(ワオ)RV-555ドライバーも飛距離が落ちてきたシニアに最適ですが、BB4ドライバーのほうは少々フェース角がクローズドで「スライサー対応」の色が濃いところに特徴があります。

スピン量も少ない(低スピン)ですし、
なによりもヘッドスピードが低めの時に叩き出す反発と初速がすごいです。

ソールのフェース側に「ジャバラ」のような溝が露骨に入っていて、それがテーラーメードお得意の「ソールの溝」を、より過激にしたような効果を出してます。
簡単に言うと、ヘッド自体が「トランポリン」のようにボールを跳ね飛ばします。
だからヘッドスピード40m/sとかでも初速が60m/s近く出るわけです。

あと、スイートスポットがかなり広いです。
そもそも打感(打球音)が「ガキッ」という硬い音であるせいもあるんですが、なんだか、どこに当たっても同じ音がして、同じような飛距離が出ます。

(打撃の衝撃が肘とかに響くけど)

あと、造形がとても丁寧で、高級感もあります。(ヘッドカバーまで美しい)
このクラブ、確かにかなりの「お助けクラブ」だと思います。

前のモデル(初代BB4)との違いは、

(1)ヘッドが後方にも前後にも少しだけ大きくなって(455cc→460cc)

(2)構えた感じではシャローバックになって

(3)違和感のあったフックフェースの度合いが減って

(4)ソールにあった「ジャバラ」の面積が増えました

 

あと、フェースの面積が増えたせいか、なんとな〜くミスヒットも少なくなって、打感も向上した感じもします。

そして、とにかく高弾道で、捕まりがよい!

 

でも、初速は確かに早いんですが(GTD455プラス2と同じくらい)、ヘッドスピードが43以上の方だと、スピン量が増えてランが出ずに飛距離をロスしてしまいます。(GTD455プラス2と比べると10Y以上差があった)

 

ヘッドスピードが40位や、それ以下の方、シニアの方、スライサーの方、

あるいはキャリーだけが欲しいという方の場合は、かなり満足できると思います。

なので2位といたしました。



 

 6位 WAOWW(ワオ)RV-555 TypeSドライバー ←NEW!

 

前作RV-555ドライバーよりシャローヘッドにして、さらに安定性を増した感じの「Type-S」

明らかに「ヘッドスピードやや低めの人」をターゲットにしている感じで、HS43以下の方にとっての安心感という意味では1位のGTD460ドライバーより高いかも。

 

試打したクラブは、たぶんロフトが10°で、シャフトがArch(アーチ)の16609pの46インチ。

Archというシャフトは、そもそも「1発の飛び」より、再現性を元にした「平均飛距離」に重点を置いているシャフトなので、

ヘッドとシャフトの相乗効果も相まって、まさに鬼に金棒。「安定性の鬼」と化したクラブです。

 

なので、実際のところヘッドスピード43のややシニアぎみの私に、このドライバーで250ヤードを越すティショットを打つことは難しかったのですが、逆に、220ヤード以下のボールを打つことが難しかったのも事実。

そう。コレとってもバランスのいい、(ロッデオとは逆で)すんごく簡単なドライバーなんです。

人気が出た理由が、2、3球打てばわかります。
ほら、マックテックの高反発ドライバーが出た頃、「すげえ飛ぶな」と話題になったじゃないですか。
あんな感じです。すんごく簡単に、心地よく、ヘッドスピードの低めの方でも飛距離の恩恵を受けやすいドライバー。

 

そして、弾道計測では、みごとに球がセンターに揃ってましたし、何度打っても同じような球しか出ないので「打ち直し」が少なくてすみました。とにかく「何も考えずにオートマティックに打てば、それなりの飛距離を叩き出してくれる性能」が高いので5位にしてみました。

 

 

構えてみるとヘッドがお尻に向かって長くたなびいた、投影面積の広い「いかにもシャロー」なカンジで、フェース面もシャローです。

フックフェースな感じもなく、とちらかと言えばスライサー向きで、つかまりは良いのですが、ヘッドがターンしてくる速度が緩やかなので「つかまり過ぎ」も感じられません(そこらへん進化してる感じ)。

打感(打球音)は、やや高めの金属音ですが、特に特徴的なことはなく、カーボンを使わない地クラブのチタンヘッドは、最近ではほぼみなおんなじ音だと言っていいのかも。

もちろんこれだけシャローですから、ある程度のスピン量の増加はやむを得ないので、ランが少なめですが、キャリー的には十分で、

もし仮に「続けて100球、200Y超えフェアウェイキープ選手権」があったとしたならば、私はこのクラブを選ぶと思います。

(「続けて50球、220Y超えフェアウェイキープ選手権」だとしたらGTD460を選ぶかも)

ヘッドスピードが45以上ある人だと、もしかしたらフケ上がるかもしれません。


 

 

 

ドライバー飛距離ランキング7位 ロッディオTYPE-S ドライバー

最新の製品ではなくて、少し前のモデルです。
でも上級者に相変わらずの人気ですね。

最近、LPGA飛距離女王「葭葉ルミ」プロがJBEAM435から乗り換えたことでも有名です。
「新しければ飛ぶ」というわけでもないんですねー。

「オノフ」を出しているグローブグローブライド(旧ダイワ精工)の地クラブ的上位機種なのですが、打ってみて実感。
初速、スピン量、構えた感じ、弾道、ともに実に上手いバランスで作り上げられていて、
「これをランキング上位に持ってこないわけにはいかないだろう」という感じです。

飛距離的にはGTD455Plus2とと遜色ないほど飛びますし、低スピンなので左右にも曲がりが少ないです。
…っていうか、こいつの打った「ボールの飛び方」、GTD455Plus2とかなり似てなくね?

「ボールの飛び方」っていうのはつまり、「初速と、打角と、スピン量による弾道曲線と、ラン」なわけですが、
いつまでも一直線に飛んでいくんじゃなくて、途中からドローンと緩やかな弧をえがきはじめ、
地面に真上から落ちるんじゃなくて、なるべく斜めにランディングして、前に跳ね、
地面でもゴロゴロ勢いよく転がって、前へ前へと進んでいく、
「その様子」ですね。

このドライバーはまぎれもなく飛びます。
ただし
「ボールを潰せる感触を楽しめるようなヒッター向け」であることをお忘れずに。
ヘッドスピードが40あたりの方ですと、もしかしたら全然飛ぶ実感ないかも。
…というわけで第5位です。

GTD455Plusと比較して感じる大きな違いは、
「打感」です。

GTD455Plusのほうは、打った瞬間にフェースが反発して、初速早めで「パシュ」っと弾くような音がします。
「ザ、発射」です。英語で言えば「ランチャー」です。

それに比べると、RODDIOタイプSのほうは、打った瞬間ボールがつぶれてフェースにくっついて、それを遠くに放り投げるような感じです。フェースによる反発の感じはすごく低いです。
それはまるで(いささか大げさに言えば)木製バット感覚です。

そして「打球音」も、そのような「くぐもった音」
決して嫌な音ではないですが、爽快感は少ないです。かなり異質です。
「パシュッ」とかいう「響き渡る音」ではなくて、
ジェルかフォームを多く注入したヘッドのような音でした。
なのに、飛んでいくボールの勢いはスゴいんです。←そこがツボ。(ひっつくだけのクラブならいくつもある)

なので、
ヘッドスピードが43以下くらいの方ですと、
「これ買ったら簡単に飛距離が伸びた」という実感は得にくいかもしれません。
(そこらへんが「ストライクゾーンの広いGTD」との違い)
アスリートっぽさついでに言うと、そんなに「簡単なクラブ」ではありません。スイングと腕を選びます。


あと、
「構え」は、ちょっと前の、RAZR FITの頃の、キャロウェイの、
いわゆる「砲弾型」のフォルムをしていて(フェース面の形も似ていて)
とてもヘッドの曲線がきれいで、まっすぐ前に飛ぶような気がする。

あと、ボールに直進性が高いので、「曲がりにくい」です。
少し開いて当たっても、スライスしづらく、右プッシュで収まりそうです。
なので、「ひっぱたくのが好きな人」が、最大限に恩恵を甘受できるタイプのドライバー。
BB4のように、「誰が打ってもキャリーが出て、簡単に飛距離が伸びて」という感じではありません。

あと、GTDと違ってカチャカチャ式じゃないので「シャフトとの相性合わせ」が一発勝負なので、そこが残念。

ちなみに「S-Series」のシャフトは先中調子で、じゃじゃ馬すぎないクレイジーLY-01みたいな感じで、こちらもGoodでした。

 

 

 


 


ドライバー飛距離ランキング8位 エポン AF-155i ドライバー

今時の飛びのテクノロジー満載のエポンの現行モデル。
日本版キャロウェイのドライバーヘッドを長らく作ってきた遠藤製作所(ブランド名はEPON)だけあって、ずらりと並べた飛び系地クラブの中でも初速がちょっと早い感じがして、これも心地よく飛びます。

つや消し真っ黒なカーボンクラウンで、シャフトの付け替えができるカチャカチャ機能付きなのが嬉しい。

前作エポンAF-153を改良しまくったカンジで(明らかに低スピンになったと思う)、シャローフェースながら低めのスピン性能を発揮して、なかなかよい弾道が連発します。

GTD Code-kややWAOWW(ワオ)やプログレスBB4ほどには優しくなくて、打点がバラけると「ミスった!」というフィードバックがきちんとあるし、具体的に言えば、トゥやヒールでの打点だと確実に飛距離は落ちる。

つまり、アスリート向けに、きわめて真面目に作られた、バランスのよいドライバーだということですか。(私個人の感想では)

構えた感じは、決して「洋梨型」に見えないよう、ヒールの部分に膨らみがあり、
ちょうどよい大きさの投影面積で、安心感が大きい。
私個人としては違和感は、なくて、普通のシャローフェースドライバーのように叩けます。

打感と打球音は、それなりに金属感のある響く音で、それなりに爽快で、
弾道はロフト11度だったこともあり、高めのドローンとした棒球な感じ。

ついてたシャフトがRAVEのインパクトボロンのSRだったせいもあるけど、「捕まりすぎ」ということもなく、スライサーからフッカーまで広いレンジのスイングのゴルファーが使える。

カーボンで、カチャカチャ付きなんだけど、
それ以外では、弾道も、打感もそれほどの特徴が少ないように感じられます。
特筆すべきところが見えづらいんだけど、初速は早く、ボールは、確実に飛ぶ。
そして、逆に(打点のバラつきにちょっとだけシビアなところを抜かすと)
欠点らしきものも見当たらない、アスリートには安心して購入できるドライバーだと思います。

 

 

 

 

 

 

9位9位 クレイジーCRZ-460Sドライバー 

発売から少し時間が経ちましたが、これもクレイジーの最新ドライバーです。

ヘッド後端が後ろに伸びて、投影面積の大きい部類のシャローモデルです。

 

飛距離を出すためにはフェースがディープ(フェースの縦幅が長い)なほうが圧倒的に有利なので、飛距離命の地クラブとしてシャローフェースのモデルは作りづらいのですが、

このCRZ-460ドライバーは、フェースもシャロー。クラウンもシャロー。

 

構えてみると、フェース角は閉じすぎず、開きすぎずで、構えやすさは、けっこう高いレベル。

ロフトが立ちぎみなのに、球は浮きやすく、わりと高い弾道で飛んでいくところをみると、重心はけっこう深めのようです。打球音はきわめて「普通」。

 

特徴としては、ソールのヒール部分についた3つのウェイトビス。

これにより最大28gの重量調整が可能とのことですが、

私が打ったものは標準装備のウェイトでしたが、それでも球が 捕まる捕まる!

私にとって、これはもうフェードが打てないレベル。

(インテンショナルぎみにスライスを打って、ようやくフェードが出た)

スライサー御用達であることは間違いないですが、

スライスが怖いが故にチーピンフッカーになってしまった人も、これで大胆に右プッシュアウトを打つ練習をしていれば、まっすぐな球に矯正できるかも。

「とにかく重心角のついた、捕まるドライバーを探している人」にはおすすめです。

 

気になる飛距離は、このランキングに入るくらいだから、けっこう高レベル。

それなりに初速も早く、それなりに低スピンの棒球で、

フックして左に曲げないよう気をつければエミリットバハマと同じくらい飛びます。

 

ちなみに私はディープフェースに慣れきっていて、

フェースの上のほうに当てて、ギア効果で低スピンにして飛距離を稼いでいるので、

このモデルのシャローフェースでは、若干スイートスポットを外しぎみになってしまい、飛距離をロスしてしまいました。打点の上下にはけっこうシビアです。(なのでこの順位)

アスリートにはちょっと使いづらいかも。スライサーシニアには◎

 

 


10位 JBEAM FX BM-435 ドライバー


2009年の発売ですから、この10年間の技術の進歩って、いったい何だったんでしょうか? 

確かに「安定性」という意味では最新モデルのほうが2歩も3歩も進んでいて、

このJBEAM FX BM-435 ドライバーは、ハッキリ言ってピーキーで難しい、んですが、
でも飛距離性能だけを言ったら、まだまだ飛びますね。

 

以前、ゴルフ雑誌のライターをやってた時にマーク金井さんから教えてもらったことを思い出したんですよ。
「奇跡的偶然が成し得た設計バランスの妙。《名器》にはそれがある。後発モデルだからといって、前作を必ず上回るわけではない」とね。

で、JBEAM FX BM-435 ドライバー、どんなふうに飛ぶのかと言うと、
→ JBEAM FX BM-435 ドライバーの試打はこちら

今回は、なんと5種類のシャフトで、同じヘッドを打つことができました。
このゴルフクラブはSLDR430と同じく、小さめヘッドのディープフェース。
つまり「げんこつで叩く系」なので、本来は、左右の曲がりとスピン量の安定性に欠ける筆者モトギにとっては苦手な部類なんですが、
でも、これは特別だわ。あんま極端には曲がらず、一直線。

ヘッドスピードが22以下だと、打球音に「ピンッ」って音が混じるんですけど、それを超えて叩けると「バメシッ!」っていうプロ選手みたいな音に変わるのも、めちゃ好感度高いですね。

→ JBEAM FX BM-435 ドライバーの試打はこちら

 

 

 

GTD Black Ice 460ドライバー

 

ご無沙汰していてすみませんでした。モトギです。

ゴルフの情熱は冷めたり熱くなったりを繰り返してますが、やっぱ楽しいですねゴルフ。

 

さて、

またまたGTDの新作ドライバーの紹介です。

 

それが、コレ↓ 3月下旬〜4月5日に発売の新製品!

GTD Black Ice 460ドライバーです。

 

最初から書いちゃいます。

コレ、滅茶苦茶、マジで、ガチで、

とんでもなく素晴らしいドライバーだと思います。

ワタシ的には最高傑作だと思います。いや、ホント(信じなくても別にいいよ)

 

GTD的に最高?

いえ、私がこれまでに打ったことのある数百本(数えたことないけど100は余裕で越えてるので)の中で、いちばん気に入ってます。

いちばん楽で(簡単で)、

いちばん飛距離が出やすくて、

いちばん安心感があって、

いちばんかどうかはわからないけど、曲がりづらいドライバーですね。

 

やっと出会えたよ〜〜(泣)

私の真のエースドライバーだよ、コレ。

(他のドライバーかなり売り払ってしまった)

練習場で2〜3発打ってすぐに「コレだな」と思い、実際にハーフラウンド終えた時点ですべての迷いが消えました。

ちょっと、コレを超えるのは、難しい。そんくらい。

 

自分のホームコースで「コレ、GTDの新しいドライバーだよ」って、他のメンバーさん4人に打たせてみたんですけど、

4人とも、数発打っただけで、その場で瞬時に購入決定(予約入れちゃいました)。

そして、「アレいつ入荷なの? いつなの? まだなの?」って、うるさいです(笑)

簡単にいうと、かなりの人が「一発で気にいるドライバー」の要素があると思います。

460ccのヘッドに違和感なければ、他に欠点が見当たらないもんなぁ。

 

 

→【販売開始!】Black Ice460ドライバー!

 

 

 

GTD Black Ice 460ドライバー

 

で、

例によって

まずは単刀直入に、自分自身でGTD 455 Plus2ドライバー(GTD 455 プラス2ドライバー)の特徴とスペック書いちゃいます。

 

--------------------------------------

・構造はフルチタン

 ボディー / 鋳造6-4チタン(Angel-Cとかと同じ) 

 クラウン / も鋳造6-4チタン(今回は鍛造じゃないのね) 

 フェース / ZA008チタン(R&A 公認。Angel-Cとかと同じ)

・ヘッド体積はGTD初の460ccフルサイズで、Angel-Cとかと比べると、明らかに大きく、いわゆるシャローバック。

・構えたカンジのヘッドの投影面積では、テーラーメードSIM MAX Dと同じか、ちょっとだけ大きいかな? ってカンジ。でも、PINGのG425 MAX ドライバーなんかよりは小さいです。

・リアルロフロは10.5°で、カチャカチャ式で±1°の可変

・でも、ネック(ホーゼル)がついたので、これまでのGTDのシャフトを挿すと(スリーブは五互換性あり)、0.5インチほど長くなります。

・重量も194~198gでこれまでのヘッドと同じ重さ(ほとんどは196gか167g)

・ライ角は58°(可変 ±0.5° ※Angel-Cが49.5°)ですが、ドローバイアスがかかってます。

・ウェイトは標準で左右に4gが2個ついてます。

価格が455Plus2より1万5千円も安くなりました(455Plus2もAngel-Cも高すぎでしょ)

--------------------------------------

 

で、試打した感想を、これまでのGTDドライバーと比較して箇条書きにしてみますと…

 

--------------------------------------

・ちょうどイマドキのヘッドサイズで、とにかく安心感があって、ぶっ叩ける

・で、明らかに飛ぶ

・いい具合でミートした時の飛距離的にはAngel-Cとかと同じくらいだけど、安心してぶっ叩けるぶんだけ飛距離が出る。

・とにかく構えても、振っても、叩いても、どこにも違和感を感じない。ほんとに素直で普通で、いい意味で個性の強すぎない「いい顔」

弾道は中弾道、ちょい高め。Angel-CやPlus2より「ちょっとだけ高いかな?」くらい。

・メーカー的にはCode-Kドライバーの後継機種とのことですが、弾道はそこまで高くはなくて、Code-Kドライバーと同じくらいのキャリーは出るけど、ランはもっと出る。飛距離とか打ちやすさとか捕まりのよさとか、簡単さ、とかすべてでCode-Kドライバーは上回ってます

・打感は、メーカー(ジョージ武井さんのブログ)では「ガツンと系」って書いてあったけど、自分や、他の試打した人(ひとりは元クラチャン)は、ヘッド自体で弾く系の打感だと思います。悪い音だと言う人はあまりいないと思います。

で、とにかくスイートスポットがバカみたいに広いです。どこに当たっても同じ音で、同じように飛んでいきます。

・シャローヘッドだけど、けっこうディープっぽいフェースなので、スピン量はかなり少ないです。Angel-Cとかと同じくらいです。

・で、とにかく捕まりがいいです。これまでのGTDドライバーの中でも最もつかまります。弾道も高めなのでハイドローが打ちやすいです。

--------------------------------------

 

では、まずは横から見てみましょうか。

 

GTD Black Ice 460ドライバー

 

GTD Black Ice 460ドライバー

 

PINGのドライバーなんかと比べると、そこまでシャローではないけど、ちょうどよいシャロー具合です。ジョージ武井さんによると、シャローヘッドの460ccドライバーの中では、トップクラスで浅重心なんだそうです。

「シャローヘッドは嬉しいけど、スピン量が増えたら嫌だなあ」と思っていたので、すごく安心しました。キャリーとランの比率みたいなのも、だいたいこれまでのエースドライバーだったAngel-Cと同じくらいです。

 

GTD Black Ice 460ドライバー

 

低スピンの秘密は、このフェース際に彫られた2本のミゾにあるようです。

最初は「見せかけ的なものか?」と思ってましたけど、

あまりにも低スピンで安定してるので、「やっぱコレかも」と思いました。

 

GTDのドライバーはどれもこれも低スピンなんですけど、

かといってドロップしたりしないで1900回転〜2400回転くらいでスピン量が安定してるところに特徴があると思います。このBlack Ice460ドライバーも同じです。

 

GTD Black Ice 460ドライバー

 

で、ヘッドはシャローなのに(シャローバック)なのに、

フェース面がけっこうディープなのが、ワタシ的には大好きです。

特に、ヒール側と、トゥの下部分も広くなっていて、すんごい安心感です。

 

ちなみに、フェースのいちばん縦に長い部分(縦幅)の長さを比べてみると、

これまでのGTDドライバーは54mm

このBlack Ice460ドライバーは53mmで、

わずか1ミリしかシャローになっていません。

 

転じて、横幅を比べてみると、

これまでのGTDドライバーは105mm

このBlack Ice460ドライバーは111mmで、

6mmも伸びて、かなり前後の打点のズレに強いことがわかります。

とにかくフェース面とスイートスポットのバカ広さは他のドライバーを圧倒しています。

 

GTD Black Ice 460ドライバー

 

ほぼ同じサイズ(同じ投影面積)のテーラーメードSIM MAX Dと比べてみました。

ね? 広いでしょ? 

Black Ice460ドライバーと比べるとSIMのほうはかなりフェースが小さく(狭く)感じます。

PINGと比べても、そう思います。

 

テーラーメードSIM MAX Dの最大縦幅を測ると54mm(テーラーメードSIM MAXは52mm)ありましたが、すぐにヒールとトゥに向かって流線型のようにキュッと細くなっちゃうんですよね。PINGもそうですが、ヒールに当たることの多い人には不向きです。

SIM MAX Dは個人的にも好きで、けっこう使ってましたが、やはり「フェースのド真ん中で打たなければ」って気持ちになってしまいます。

 

GTD Black Ice 460ドライバー

 

ついでだから上から見たヘッドの感じも比べてみました。

縦幅も横幅もほぼテーラーメードSIM MAX Dと同じくらいですが、

SIM MAX Dのほうが、ほんのちょっとだけヒールからお尻にかけてのラインに膨らみがなくて、Black Ice460ドライバーより、ほんのちょっとだけ「洋梨」の雰囲気があります。

Black Ice460ドライバーのほうが、ほんの少しだけお尻のあたりの膨らみがあります。

でも、かなり似ていますね。SIM利用者が乗り換えるのにはいいドライバーだと思います。

 

ちなみに、家にはないので写真は載せられませんでしたが、PINGのドライバーなどと比べると、ヘッドの投影面積は少し小さく感じます。

でもワタシ的には、このサイズがベスト!「叩ける460cc」って感じがします。

ボールを前にしてティショットの時に構えてみると、こんなカンジです。

非常に座りがよく、地面にポンと置いた瞬間、適正なロフトとフェース角になります!

  ↓ ↓ ↓ ↓

 

GTD Black Ice 460ドライバー

 

さらについでだから、Angel-Cとも比較してみます。

 

GTD Black Ice 460ドライバー

 

右側のAngel-Cドライバーがやけに丸っこく感じられてきました。

ヒールの位置を合わせて写真をとってみたんですが、

後ろに(横に)シャローに伸びているだけでなく、やはりフェースが長くなって、縦にも広くなっていることが、この写真からも伺えます。

 

あと、ホーゼルがついたので、ネックの部分がけっこう違いますね。

スリーブの互換性はあるけど、これまでのGTDドライバーで使っていたシャフトをブラックアイス460ドライバーに挿すと、0.5インチほど長くなります。

でもヘッドの投影面積が大きくなったので、0.5インチ長くなっても、見た目はこれまでと同じくらいか、まだ少しヘッドが大きく感じられるカンジです。

 

ついでに、カンケーないアングルの写真ですが、もう一枚。

 

GTD Black Ice 460ドライバー

 

あと、言い忘れたことあったかな?

 

あ、そうだ、

クラウンはこれまでのツヤツヤした黒ではなくて、

PINGのドライバーのようなマットブラック仕上げです。

(Black Iceユーティリティと同じですね)

 

そうだそうだ。打感ですよね。

例の「即座に予約」してくれた名人いわく(PINGからGTDに乗り換えました)、

「薄い金属で形成されたボディで弾く感じ」と言っておりました。

私も同感です。

 

Angel-Cのような「硬い金属がボールに衝突するような音(感触)」ではなく、

455Plus2のような「チュピンッ」と涼しげに弾くような感じともちょっと違ってて、

Angel-Cがスチール缶だとすると、アルミ缶。バネのような性能を持った、薄くて潰れないアルミ缶。とにかく全身がバネ。

ヘッド自体のどこにも硬い感触が感じられず、

薄くて弾力を持った460ccのヘッドで、

インパクトの瞬間に少しだけボールが食い込んだあと、すぐにヘッド全体でバネのように弾いて飛ばすような感触です。

インパクトの瞬間の超ハイスピード映像でみたら、ヘッドが横にたわんで、ひしゃげて、それが瞬間的に復元してるんじゃないか? って感じです。

音で言うとなんだろうなぁ。「パシュッ」って感じと「カッパーン」って音が入り混じったような感じでしょうか。好き嫌いの範疇に入るほど特異な音ではないですね。

 

動画(インスタ)で聞いてみてください。

https://www.instagram.com/p/CMpZSJmHXYO/

 

 

大事なこと、忘れてたぁ〜。

このBlack Ic460ドライバーですが、

これまで発売されたGTDドライバーの中で、いちばん捕まりがいいです。

GTDドライバーって、あんまり「一般の方に売れること」を考えてなくて、プロの選手(特に女子プロ)が実際にいいスコアを出すために設計されてるので、

・顔つきも普通で特徴なし、

・捕まりも、良いわけでなく、悪くもなく

で、とにかく特徴をわざと出さないようにデザインされてるんですが(プロはみんなそういうのを嫌がる。違和感が嫌いだから)

このBlack Ic460ドライバーは、明らかに捕まりがいいほうです。

ドローバイアスがかかってます。

 

…かといって、

プログレスBB4のようにフックフェースになってたり、

テーラーメードSIM MAX Dみたいに極端にフェースターンして捕まるわけではなくて、

ジョージ武井さんのブログでは「フッカーは危険」みたいに書いてましたが、

ワタシ的には、「ほどよく、確実に捕まる」って感じで、

ぜんぜん違和感はなかったです。

むしろフェードで打つ時に、やりすぎてスライスしちゃう危険が少なくて、すごく安心感がありました。

 

直前まで使っていたテーラーメードSIM MAX Dは、

たしかに確実に(絶対に)捕まるんですが、(確実にフックが打てるんですが)

やはりラウンドの後半で左肘のロックが強くなって、左にダックフックしちゃうことがあって、

それがちょっと怖くて(いや、かなり怖くて)、

「やっぱ普通のテーラーメードSIM (2)にしようかなぁ」と考えてたんですが、

 

Black Ic460ドライバーは、普通のSIM と、SIM MAX D(ドローバイアス)の、

ちょうど中間くらいの捕まりの良さでした。

冒頭の写真ではヒール側に2.5gの鉛が貼られていましたが、それでもSIM MAX Dほどはつかまらず、今は鉛をつけてません。アスリートの方でも使える程度の捕まりのよさです。

スライサーがフッカーになるほどの極端な捕まりではないですね。

 

ラウンドした実感で言うと、

ワタシ的にはあまり飛距離が出ない人間なので、軽いドローでティショットを打っていきたいところなんですが、

右に林があったり、池があったりすると、「捕まらなかったらどうしよう…」

みたいに、思い切ってハザード方面上空に打ち出せず、

結局、右ラフくらいに打ち出して、…結果、捕まりきらず右ラフからセカンド…

 

…みたいなことが多かったんですが、

Black Ic460ドライバーだと、安心して右に打ち出せます。

そして、かなりの確率で、ほどよくフェアウェイに戻ってきます!

このドライバーなら(曲がりの程度は別として)私は確実にドローかフックをかけられます。

これまで使ったことのあるドライバーの中で、最もハイドローが打ちやすいドライバーですね。

 

…なので、ワタシ的には、Angel-Cで使っていた、やや捕まりのよい先調子系のシャフトより、中調子か、中元調子くらいのシャフトに変えて使ってみたいと思ってます。

それでちょうどピッタリって感じです。

(フジクラVENTUSくらいがいいかも)

 

最後にもう一度書きますが、

これは正直いって、かなり完成度が高いドライバーだと思います。

Angel-Cもすばらしいけど「簡単さ、許容性」という点でのみ、少しだけ不満でしたが、

今回、こんないいドライバーを、言葉を濁さず滅茶苦茶な勢いで褒めまくるブログが書けて、幸せです!

 

ちなみに(小さい声ですが)

テーラーメードSIM MAX Dより、10Yくらい飛んでました。。

 

重心距離とか重心深度とか慣性モーメントとかの数値と

設計構造の図を載せときますね。Angel-Cと比較ときます!

 

まずは、Angel-Cドライバー ↓

GTD Angel-Cドライバー

 

そして、GTD Black Ice460ドライバーはコチラ です↓

 

GTD Black Ice 460ドライバー

 

ではまた今度、

計測器で測定した数値や、いろいろなシャフトで試した感想などを書いてみたいと思います!!

 

→【やっと入荷!】Black Ice460ドライバー!

 

→GTD Black ice The MAXドライバーについて

 

さて、2020年大手メーカー新製品シャフト紹介の第三弾は、

ツアーAD HD

を試打してまいります。

 

使用したヘッドは、例によって、私のエースドライバー、

超ぶっ飛び棒球マシン、GTD 455Plus2ですね↓

 

 

GTDドライバーでいちばん飛ぶ、 455プラス2ドライバーを試打

 

今回のグラファイトデザイン ツアーAD-HDの試打シャフトは、

いちばん売れ行きのよい50g台のシャフト(59g)

いつもと同じ45.5インチで組み上がった状態は

305gのバランスはD1、振動数は254cpmでした。

 

50g台のシャフトとしては、ほぼVENTUSブルーと同じ数値の仕上がりぐあいですね。

素振りしてみると、ちょっと重ために感じますので、

軽めの60g台にも近い感じです。

 

GTD 460ドライバー Black Ice

▍ツアーAD HDのデザインはどうか?

 

ここ最近の大手メーカーの特徴なんですかね。

スペックの入った表部分のロゴやスペック表示などが、

あまり控えめでなく、「DESIGN」の文字も「HD-5」の文字もデカデカと入ってます。

 

ちなみにここ最近のツアーADのシャフトデザインと比べますと…

 

 

…あまり変わってはおりませんね(笑)

ただの色違いです。

 

ただし、ひとつ前のモデルのツアーAD XCからは、

それまでツアーADの特徴だった「横のシマシマ」の上部分も、下部分も

同じ色になりましたね。

これまではツアーADと言えば、2色使いで、シマシマの下のグリップに近い部分は「白」と決まっておりましたが、おそらく「もう使える色がねえぞー」ということで

意匠変更なのでしょう。

 

で、今回は「白」です。

なので、裏ざししてみると…

 

 

こんなカンジの、ただ白い棒にヨコシマが入っただけの素っ気ないカンジになっちゃいます。

(だからと言って表挿しにする気にもならないしねぇ)

 

 

ちなみに今回も(つまり毎回)先端部分の表(スペックなどのある側)には

「ACCURACY & DISTANCE」という文字が、同じデザインで入ってます。

「ACCURACY」というのは「正確さ」という意味ですね。

 

 

▍ツアーAD HDのの弾道はどうか?

 

さて、試打してみます。

その前に、まずはウォーミングアップをかねて、現在のエースシャフトである、フジクラVENTUSブルー50-Sを打って、計測してみました。

 

 

おやおや、あまり調子がよくありませんね。

いつもよく出るボールスピード62は1球しか出なくて、

平均飛距離も低めで、250Y台が出ずに、つかまりも少し悪い感じです。

はい。

練習不足です(笑)

 

で、

ツアーAD XCに持ち替えてみました。

ワッグルと素振りをしてみると、あまりしなりを感じず、

(ディアマナTBよりもしならない)

キックポイントは中ほどでしょうか。

まんべんなく、少しだけ適度にしなって、

しなり戻りは早そうです。

「クセのないしなり」とも呼べますが、あまりしならないので「素っ気ない」とも言えます。

 

でも、フルスイングで早めに素振りしてみると、

「あ、コイツも中程から先端の剛性が高くて、当たり負けせず、シャフトの重さがボールに乗って、棒球が出やすいシャフトだな」ということがわかります。

要するに最近のシャフトの典型です。

 

フジクラVENTUSブルーのキックポイントを真ん中へんに持っていって、

全体的にまんべんなくしならせるようにして(最先端はあまりしならないかもしれない)、

でもしなりの幅は狭めて、方向性を大事にしているようなカンジ。

素振りの感じで直感したのは「これはツアーAD TP」の後継機なんではないか?

ということです。

「ツアーAD TP」というのはツアープロにものすごく好まれたシャフトですね。

今でもたまに注文が入ったりします。

 

 

実際に打った弾道はこんなカンジ

…なんですが、

実はこの計測の前に2球ほど右へ大きくスライスとプッシュアウトしておりまして、

あまりにも恥ずかしい球だったので、「あ、今のナシね」ということにしておりますww

 

その2球で直感したことは

「このシャフトはきちんと捕まえに行くシャフトなんですな。ヘナチョコに打つとつかまりませんな」

ということです。

つかまりは、あまり強くないので、確実にアスリート系のシャフトです。

まさに、かなり以前に試打したグラファイトデザインTOUR AD TPと同じような印象です。

 

なので、

心を入れ替えてしっかりと捕まえて打った次の2球が、左めに軽いドローで飛び出した弾道です。これ、けっこう飛んでおりました。

 

 

着地点はこんなカンジの黄色の丸内の5球なんですが、

最後の2球は少しつかまりをコントロールできてます。

 

しかし、驚くべきは、

この弾道の高さの揃いかた!

そして飛距離の揃いかた!

 

 

んで、飛距離的にはVENTUSと同じくらい出てますが(2y多い)

なんと、ランが平均で40Y出ております。

最大飛距離は…

 

 

241Yですね。(黄色がツアーAD HDで、赤がVENTUS)

調子よければ、かなり飛距離は出ると思います。

あと、私はヘッドスピードが43前後しかない中年ゴルファーなので、

このシャフトの場合、ロフトを1度上げて打つといいかもしれません。

ロフトを寝かしてキャリーを出しても、そもそもランを出してくれる棒球製造シャフトなので。

 

ですが、

このシャフト、誰でも簡単に飛距離が出るシャフトかと思ったら大間違い。

上記の5球、かなり本腰入れて打ってます。

 

シャフトがオートマチックにサポートしてくれるような雰囲気は微塵もなく、

いい意味で言えば、「イメージどおりの球が出るシャフト」なので、

その意味ではツアーAD TPのように、まさに「プロに好まれるシャフト」だと思います。(実は、この後、捕まえにいって、チーピン何度か出しました。)

このシャフトは腕前のある人であればあるほど、その性能を発揮すると思いました。

 

でね、

未熟な腕ながら、私でも「今のはうまく打てたぞ」って思える時があるんですが、

その時の球の伸び具合、棒球具合、キャリーの大きさ、ランの多さ、

ハンパないです。

ヘナチョコに打つとヘナチョコ球になり、

いい球打つと、すばらしいご褒美をくれます。

その「ご褒美」のデカさが、他社のどのシャフトにもないくらいデカいです。

もう、ズドーンと、波動砲のような心地よさ。

五寸釘をハンマー根元まで一気に木材に打ち込むような、快感。

つまり、必ず飛距離が出て、風にも絶対負けず、ラフやOBまで曲がることもない、

一本の「芯」の通ったような球が出るんですよ。上手く打つと。

それが、このシャフトの特徴!

 

あと、私なんかの場合、最初から「ぜんぶ捕まえに行く」と決め打ちできるのは嬉しいです。

要するに「左が怖くないシャフト」です。

ヘッドがカブるとチーピンしやすいですが、

「やや開いたフェースの向きより、さらにインサイドアウト」というドローの打ち方ですと

大きく左に曲がって隣のホールまで行っちゃう、

…みたいな球は1球も出る雰囲気、ありませんでした。

 

そもそも弾道は、(フカさないように打たなきゃならないこともあり)

やや低めの中弾道です。

 

腕に自身のあるアスリートには、かなりオススメです。

球を地面と平行に、「分厚くミートできる人」向けですね。

曲がらないし、飛距離も相当プレゼントしてくれると思います。

(「ACCURACY & DISTANCE」ですね)

 

決してハードスペックすぎる! というわけではないんですが。

(このあとディアマナTBを打ったら、けっこう楽に感じました)

ディアマナTBを選手向けにしたようなカンジ??

 

 

2020年NEWモデル、フジクラEVOLUTION7を試打

 

2020年NEWモデル、三菱ディアマナTBを試打

 

2020年NEWモデル、GTD 455プラス2ドライバーを試打

 

GTD 455プラス2ドライバーとツアーAD HDの組み合わせ

 

GTD 455プラス2ドライバーとシャフトの組み合わせ