moto-JOY Blog

【CB900FB(1981年式) プロジェクト】

外装スペンサーカラーに塗り替えて、エンジンをきれいに塗装して上部オーバーホールしてきれいな商品車をつくろうというプロジェクトは1年以上前にスタート!・・・・・・・

このCB900Fが蘇るきっかけは・・・・

ある日、奈良からT様がCB400fourでYSSリヤサスを買いに来社していただいたことから急展開!!

T様の対応をさせてもらっていたら、T様から「いつかCB900Fが欲しいんだよなあ~」と

すぐに自分が担当しているCB900Fプロジェクトの話・・・

「スペンサーが乗ってたシルバーがいいよなあ」

「エッそれで作ってますよ!!」と、

 

「じゃあそれ欲しい!!」とT様

 

ということで完成車も見てないのにこのCB900Fが商談成立となった次第です。

それから集中してこのCB900Fを組み立てていきました

 

エンジン塗装クランクケースやカバー、シリンダーやヘッドなど順次塗装です

 ドイツ製ピストン 0.25 O/Sでボーリング

 バルブ摺り合わせ

 カバー類バフ掛けなどなど

 

エンジンができたので、次は足回りとことん整備です

フロントフォーク、前後ブレーキオーバーホールなど順番に行っていきます

スイングアームオーバーホールブッシュ交換とカラーなども磨いてグリスアップ

ステムまわり掃除とステムベアリング新品に交換です

ブレーキキャリパーもオーバーホールしてシール交換/組立てオイル新品いれます

 

それらの合間にトップブリッジなどもサンドブラストやってパウダー塗装で仕上げておきます

 

キャブレター オーバーホールや

ウオタニSP2取り付けなども行い、バイクはカタチになってきました

 

納車整備して登録も完了し、試乗セッティング開始

しかし・・・

最終検査で米倉チーフからNG!

 

長い時間テスト走行してエンジンが温まってくると、エンジンから気になる音が発生すると・・、

ここは前向きに原因究明のためにいろいろなところをまずは車体から点検していきます

でもエンジン下部からの異音のようなのでエンジンを車体から降ろして、腰下をバラして点検することに・・・

異音の原因になりそうなパーツはすべて交換していきます

 カムチェーンA,B交換

 クランク、コンロッドメタル合わせ

 クラッチハウジングダンパーラバー交換

エンジンはもともと腰上のみの予定でしたが、異音の発生で腰下までバラシてチェックするということになりお客様には納車まで時間を頂き待ってもらいましたが、結果的に安心して乗れるので、ありがとうと言ってもらえて俄然前向きに原因究明に取り組んでいきます。

エンジンおろしては対策して、組んで、またエンジンおろして、他の原因探して、対策して、組んでと、楽しさより根性と責任感のみの作業です

でも、誠実に、考えて、やれば、必ず原因は見つかり直すことはできます

愛情と情熱200%のCB900F完成です!


絶版車にご理解のあるお客様で本当に良かったです、納車は1か月近くも遅れてお客様には申し訳なく思っていましたが、とても喜んでいただけてさらにもう一台の受注につながっていきました、

次に注文いただいた車両は2か月後にはこのブログで紹介いたします。

 

CBX1000 ホイール交換、スイングアーム作製、カスタム

・前後ホイール交換

PMC SWORD Heritage(CB-F用) フロント2.75-18、リア 4.50-18

・OVER製スイングアーム TYPE9

 リアタイヤ160幅を履く為、セミオーダーで作製。

 ワイド加工、ガンコート黒仕様

・TTR製オフセットトルクロッド

・フロントビッグローターキット:320φディスクキットとブレンボ用サポートでブレンボキャリパー取り付け

・フロントフォーク オーバーホール

 

納車後にはK様より、ホイールが軽くなったことで、取り回しから違う、走っても切り返しが軽く、ブレンボキャリパーで制動力もバッチリ、楽しく走れるようになったとコメント頂きました。

 

アリャリャのカメさん状態に

先にフロントフォークのオーバーホールを済ませて、オイルシールとフォークオイルを新品に交換して組み立てます

 

PMCフロントホイールに320mm大経ディスクを装着

 

ブレンボキャリパーとOVERclassics製キャリパーサポート

組み立てるとこんな感じでかっこよくなります、320mm大型ディスクとブレンボキャリパーでぐっと存在感と安心感が増します

そしてリヤ周り

PMCホイール+ノーマルディスクローター

 

OVER製スイングアーム TYPE9+セミオーダーでワイド化とガンコート塗装仕上げ

 

160タイヤに合わせてTTR製オフセットトルクロッド装着

 

リヤサスは定番のオーリンズです

 

リヤ周りも組立て完了

 

CBX1000足回りカスタム完成です

 

バイクを押してても軽さが伝わってきます、試乗後はその取り回しの良さパワフルなダイレクト感を味わいました、いいバイクに仕上がりました、K様ありがとうございました

見た目を綺麗にしたい、今後も安心して乗りたいとの事でM様よりCB1100Fのオーバーホール依頼を受け、エンジンとフォークオイル漏れを修理しました。

ACGもリモーションのキットで現行のタイプへ換装し、納車後に充電系の不安も無くなったと嬉しい

コメント頂きました。

作業内容は⇒CB1100F 腰上オーバーホール、車検

 

・エンジン腰上 オーバーホール 各部チェックします

 

オイルパン剥ぐってオイルストレーナーの掃除もやっておきます

 

シリンダーヘッドチェックでIN側バルブ傷があった為、全て交換、IN、EX共バルブシートカット

 

その後シリンダーとシリンダーヘッドはサンドブラストして耐熱塗装へ

 

ドイツ製ピストン 0.25 O/Sでボーリング

 

クランクケースは塗装の状態は良かったので塗装はなしですが奇麗にします

そして組み立てていきます

 

 

カムチェンBは伸びが気になるので、ジェイズさんで販売されている新品リプロに交換

 

 

カバー類バフ掛け

 

クラッチのすべりがあった為、クラッチ板新品に交換

 

・リモーション製ACGコンバージョンキット取り付け

 

そんなこんなでエンジンが内部も外部も奇麗になって完成です

 

・フロントフォーク オーバーホール

 

そして車検受けて完成しました

エンジンが奇麗になったので魅力がかなり増しました、CB750F所有の私としてはうれしい限りの作業でした、M様ありがとうございました。

ブログにアップするのが遅れましたが、2020年4月に行った、K様CB750K0不動車の復活作業状況をお伝えします。

 

モトジョイの初期の頃7~8年前?に購入いただき、長期保管されていたCB750K0が不動の状態で修理で入庫です。

見た目は替えずに、調子よく乗れるようにとの事で、ウオタニの取り付けをお勧めし、

その他、足回りはとことん整備で各部チェック、オーバーホールを行うことになりました。

中でもキャブの腐食が激しかったですが、モトジョイの在庫の良品パーツを流用し、オーバーホールして完成することができました。

バラシて各部点検ですヘッドパイプベアリングの状態点検

レースとボールのキズが目立ってますので交換です

ベアリングレースとボールを新品に交換、グリスもしっかり塗って組み立てていきます。

フロントブレーキキャリパーのオーバーホールとシール交換、フロントフォークオーバーホールしてシール交換とフォークオイル交換と進めていきます

 

リヤ周りはスイングアームのブッシュをやカラーを中心にチェック

古いブッシュをハンドプレスで抜き、新しいブッシュを入れます

カラーは状態が良かったので磨いて使用、スラストブッシュと白いフェルトリングは新品への交換です

 

リヤブレーキもカスがたまってきたなくなってるので、バラシて掃除とグリスアップ、ブレーキシューは新品に交換

ドライブチェンと前後スプロケットもチェック、スプロケットは掃除してきれいに、ドライブチェンはクリップ式でシールもないチェーンだったので、最近のシール付きでカシメタイプの伸びの少ないモノに交換

大変だったキャブレターオーバーホール、キャブの連結プレートが割れて溶接してある状態でしたので

在庫のキャブから移植して、スロットルバルブも傷が多いものは在庫キャブから移植、などなどを行って良いキャブが完成です

エンジンはタペット調整、カムチェンテンショナー調整、オイルエレメントとオイル交換

イグニッションシステムは定番のASウオタニを取付けます

他ではクラッチワイヤーアウターが破損状態

ガソリンタンクの内部錆とり処理をしたらなんと細かなピンホールが出てきたのでコーティング処理でおさえました

このような作業を終えて完成です!作業は大変ですが試乗して完成してしまうと達成感があり楽しいです、そしてお客様に無事納車して喜んでいただけるとさらに嬉しくなります、K様ありがとうございました。

 

 

 

 

 

誠に勝手ながら、今週末 10月25日(日曜日)はイベントの参加の為、臨時休業とさせてもらいます。

 

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

 

 

11月7日(土曜日)アストライドは まだ空きがありますので、エントリーお待ちしています!!