BODY WILD(ボディーワイルド)などグンゼ(GUNZE)肌着の通販|「モテ下着ネット」のスタッフ日記

BODY WILD(ボディーワイルド)などグンゼ(GUNZE)肌着の通販|「モテ下着ネット」のスタッフ日記

「BODY WILD(ボディーワイルド)」や「Tuche」の新作から、「快適工房」や「YG」などの定番肌着までお得な価格で何でも揃うグンゼ(GUNZE)下着の専門店。グンゼ(GUNZE)インナーや肌着以外にもスクール用品やワイシャツなども豊富に取り揃えております。

スタッフRです。 

 

ゲーム「刀剣乱舞」で年末年始に開催された

 

イベント「連隊戦」で無事「福島光忠」を

 

お迎えすることが出来ました!! 

 

細谷佳正さんのいい声!! 

 

最高です! 

 

近侍にすると花束をくれる的なボイスが

 

流れるのですが、はじめて聞いた時「さすが長船...」

 

と思ってしましました(^^; 

 

無事お迎えできたので、これから育成頑張ります!! 

 

そして、「刀剣乱舞」が7周年を迎えました!! 

 

めでたい!めでたい!! 

 

我が本丸はのんびり運営ですが、

 

これからも楽しんでいきたいです! 

 

まずは、7周年記念の鍛刀キャンペーンで

 

「鬼丸国綱」を入手できるように頑張ります! 

 

「鬼丸国綱」さえ来てくれれば実装済みの

 

刀剣はコンプリートになるのです... 

 

鍛刀運がないので、あまり期待はしていませんが... 

 

物欲センサーがいい仕事をしやがる... 

 

これからも刀剣乱舞を楽しんでいこうと思います! 

 

追記 鬼丸さん無事お迎えできました!!! 

 

頑張って育成します!




「モテ下着ネット」

 

 

 

スタッフTです。 

 

お正月に実家に帰省してゆっくり過ごしていたところ、

 

県内にある越前大仏の話が持ち上がりました。 

 

うちの娘たちが行ったことがないと聞いた

 

わたしの兄が、「じゃあ、行くか!」と言い出し、

 

突然行くことになりました。 

 

大仏を見た娘たちは、

 

「大きいー」とずっと言ってました。 

 

近くでありながら行けてなかったので、

 

兄がきっかけを作ってくれて良かったです(^o^) 

 

お守りを選んでいて、春から中学生になる長女は、

 

学守りを選んだので、

 

勉強を頑張りたいという思いを感じ取りました。 

 

子どもたちを見守って、

 

元気に1年を過ごしたいと思います(^-^)/




「モテ下着ネット」

 

 

 

スタッフUです。 

 

先日作った靴でプライズぬいちゃんズが

 

自立してくれたことに感動し、

 

最近は小人の靴屋さん気分で試作を続けています。 

 

前回作った切って貼るだけの仕様は材料の切り出し

 

さえしてしまえば後は貼るだけで簡単なのですが、

 

どうしても出来栄えがつるっとしているので

 

靴っぽさが少なく…ということで、

 

編み上げ風ブーツにチャレンジ。 

 

とりあえず試作だし、ということで手元にあった

 

まあまあ奇抜なカラーのフェルトで作業開始。 

 

プライズぬいちゃんズは等身がおかしい

 

(そこがかわいいのだと思いますが…)せいか、

 

履かせてみるとハイカットブーツのはずなのに

 

どうにも長靴に見える…ださい… 

 

急遽ハイの部分をカットして(笑)、

 

スニーカー丈ぐらいにして…と、

 

作っては履かせ微調整…を繰り返しています。 

 

何個か型紙の比率を変え試作を重ね、

 

いい感じのサイズ感になってきたので、

 

今度は素材を揃えて作りたいと思います。




「モテ下着ネット」

 

 

 

スタッフJです。 

 

お正月といえばお雑煮ですが、

 

お雑煮はもとより

 

お餅の消費がめっきり減った我が家です。 

 

娘たちは、焼き餅派(砂糖醤油からめ)ですが、

 

それすらも今年は一度きりで、

 

年末に買った8個入りのお餅はまだ余ってます。 

 

やっぱりお雑煮作って食べようかな~。




「モテ下着ネット」

 

 

 

スタッフKです。 

 

東京リベンジャーズを観ました。 

 

原作は一読しております。 

 

(マイキーいつまでヘラってるんだろう…) 

 

今回、マイキー役の吉沢亮さんと、

 

半間役の清水尋也さん目当てに鑑賞。 

 

フリーターの主人公、

 

北村匠海さん演じるタケミチがある日、

 

かつての唯一の恋人ヒナと

 

その弟が事故で亡くなった事を知ります。 

 

ダメダメな毎日でバイト先の

 

年下の店長とかにもナメられているタケミチ。 

 

バイトの帰り道、ホームから線路に落ちて

 

「あ…死んだ…!」と思った瞬間自分が

 

一番イケていた(イキッてた)

 

高校時代にタイムリープします。 

 

これは夢?走馬灯? 

 

過去に戻ったタケミチは

 

偶然見かけたヒナの弟に忠告します。 

 

「10年後、姉ちゃんは事故で死んでしまう、

 

お前が助けてやれ」と。 

 

ヒナを救うため、自分のクソみたいな人生を変える為、

 

仲間を救うためタケミチがタイムリープを繰り返し、

 

未来を変えていく物語です。 

 

映画が始まった瞬間

 

「あれ、これどこまでやるんだろう」と、

 

まだ漫画が完結していないことを思い出しました。 

 

(あんぽんたーん!) 

 

リベンジャーズは登場するキャラクターも多いし、

 

話もいろんな事や人が絡み合って

 

結構複雑になっていきます。 

 

2時間や3時間でどこまでいけるんだろうなー

 

と思っていましたが、そこそこちゃんと終わってました。 

 

そんで、この映画が流行れば

 

続編も作れる感じの終わり方です。 

 

いや、お前絶対高校生ちゃうやん、

 

という見た目のゴリゴリヤンキーとの喧嘩、

 

圧倒的強さのマイキーや、ドラケンが動いてる!

 

しゃべってるのは、観ていて楽しかったです。 

 

北村匠海さんが走っているシーンではどうしても

 

「猫」が脳内再生されてしまいました。 

 

ヤメテ…。 

 

ひとつ、とても残念だったのが楽しみにしていた

 

半間が!たったの3カットくらいしか

 

出て無かったこと!!!! 

 

うおーん!! 

 

もっと出してくれー!!! 

 

(帰ってから清水尋也さん作品検索して

 

出てきたミスミソウ観てもっと凹むっていう笑) 

 

原作で好きな三ツ谷を眞栄田郷敦さんが演じてて、

 

ばちくそかっこよかったので許します! 

 

(何様!)




「モテ下着ネット」