「第18回ショパン国際ピアノ・コンクール」が現在開催中であることを皆さんはご存知でしょうか。

クラシックファンの方はもちろんのこと、そうでない人もニュースなどで聞いたことがあるかもしれませんね。

最も権威のある音楽コンクールで、5年に1回ショパンの出身地であるポーランドで開催されています。

第18回大会はコロナ禍のため1年延期され、現在開催されています(まるでオリンピックのようですね)。

600人ぐらいのピアニストが応募し、予備予選で大部分が落選し、1次予選から3次予選まで勝ち進んで最後に本選となります。

今年はYouTubeで生配信されていますので(そういう時代ですな)興味のある方は見られると良いと思います。

我が家では、連日妻が釘付けで見ています。

つられて私もたまに見ていますが、私にはどの演奏者もびっくりするほど上手に思えて甲乙つけがたいです。

1次予選には世界から87人が選ばれて、そのうち日本人は14人と多数選ばれています。

2次予選に残った日本人は8人でした。その中で私が特に気になったのは次の3人です。

 

角野隼斗さんは、東大卒で、YouTuberで、Penthouseというバンドのメンバーです。音大生でもなければクラシック一筋でもありません。何でも弾けちゃうって人です。それでショパンコンクール勝ち上がっているのですから、とてつもないことです。天才としか言いようがありません。見た目もショパンっぽい。YouTuberだけにとても人気のある有名人です。

 

沢田蒼梧さんは、東海中学、東海高校なので私の後輩ということになります。さらに名古屋大学医学部の学生です。これまたとんでもないことです。ピアノと医学の2刀流でどちらも最高峰のことをやっているわけです。たとえるなら大谷翔平選手みたいなもので、天才に違いありません。

 

牛田智大さんは、クラシックに詳しくない私でも知ってました。日本人のクラシックピアニストとして史上最年少の12歳でデビューアルバムを発表しています。今回のショパンコンクールでは有名な国際ピアノコンクールで準優勝している業績から、予備予選免除で参加しています。

 

そして昨日2次予選が行われ、3次予選に残った日本人は5人になりました。

それでも地元ポーランドが6人なので日本人はその次の多さで、大健闘です。

しかし沢田さんと何と、牛田さんは落ちてしまいました。特に牛田さんが落ちるのは意外中の意外で、多くの人がそう思ったことでしょう。

3次予選には、妻が絶賛していた小林愛実さん(第17回大会の唯一のファイナリストでポーランドでも大変人気があります)、進藤実優さん(まだ19才)、反田恭平さんも残ってますので期待が高まります。

 

みなさんも注目してみてはいかがでしょうか。

 

(前回のクイズの答えは3番です)

待合室に新しい絵を飾りました。

 

 

アップにしますと、

 

 

さてここでクイズです。この絵は次のうちのどれでしょう。

 

1)香港の人気イラストレーターの描いたもので、題は「メランコリリー」

2)東京藝大の新進気鋭のアーティストの描いた、題は「チュッパチャプス少女」

3)友人の子供(中2)が描いた、題は「えもいわれぬエモい絵」

 

 

答えは次のブログで。

早く知りたい人はスタッフに聞いてみてくださいね。

 

ちなみに後の二つの絵は、ご存じの方もみえると思いますが、

真ん中のがマッケンジー・ソープ「世界の愛のすべて」

右が石上誠「風の中のヴェネツィア」です。

 

とある集団接種会場にて、土曜の午後のお勤め。医師2人で問診。

今日は270人。妊婦さんは2人いました。

不妊治療中にコロナワクチンを打っても良いかどうかという質問がよくあります。

 

私の回答は、打っても良い、です。

 

ただし、日本産科婦人科学会が「妊娠4週から12週まではワクチンを打つことを推奨しない」と発表していますので、この期間は「避ける方が無難」かもしれません。(ただし諸外国では週数に関係なく妊娠中でもワクチンをうっていますけれども。要するにこの週数に根拠があるわけではありません)→変更になりました。追記をご覧下さい。

 

例えばワクチンの1回目を打ったとして、2回目の予約は3〜4週間後となるので、いつになるかは自動的に決まります。1回目の時はまだ妊娠が判明していなくて(妊娠が判明する最短が4週0日=次の月経予定日です)、その後妊娠が判明した場合は、2回目のワクチン接種日が4週から12週の間になるのでどうすればよいかということになります。

 

その場合は予約通り2回目の接種会場に行くと、必ず問診がありますので、そこで妊娠4〜12週の間であることを申し出ると、多くの医師は「じゃあ2回目は延期しましょう」ということになり、2回目接種は妊娠12週以降に変更になり、おそらくその場で延期された接種日の相談になるのではないかと思います。(妊娠じゃなくても、例えば発熱しているなどの理由で、その場でワクチン接種が延期になることはありますので)

 

延期になっても効果はあるのかということについては、

 

ファイザーのワクチンの場合、2回目接種は1回目の3週間後に打つことになっています。それはそのように添付文書に書いてあるからです。しかしイギリスでは、12週間空けていました。それに関して、イギリスに住む私の娘がブログに詳しく解説しています。これはイギリス政府による、多くの人に1回目を打つためと、12週間空ける方が3週間空けるよりも多くの抗体ができるという研究結果を取り入れた戦略です。

 

 

そして最近、イギリスでは8週間間隔が最適であるという研究結果をいち早く取り入れ、12週間後の予約の人も8週間後に早められるように戦略を変更しました。このことも娘のブログに詳しく書かれています。このようにイギリス政府の動きは科学的であり、戦略の変更も素早いです。決断力が弱く、戦略を立てるのも遅く、科学的でもなく、意味のない「緊急事態宣言」を繰り返すだけの我が国とは大違いです。

 

 

つまり1回目の接種をして予定通りの3〜4週間後に2回目接種ができず、妊娠12週以降に2回目の接種をしても問題ない、というのが私の考えです。

 

追記:

1)日本産科婦人科学会の声明を貼っておきます。

http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20210512_COVID19.pdf

 

2)イギリスでは妊娠週数にかかわらず妊婦さんは新型コロナのワクチンを打つべきだとされていますが、そのことを説明しているYouTube動画を貼っておきます。

 

 

3)日本産科婦人科学会の声明が変更になりました。要約すると「妊婦さんは時期を問わずワクチンを接種することをお勧めします」というもので、ようやく諸外国と同様のものになりました。

http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20210814_COVID19.pdf

 

 

先日の私の誕生日に、イギリスに住む娘から花束が届きました。こういう離れ業が簡単にできてしまうところがネット社会ならではですね。誕生日に地球の裏側に住む娘から生花が届くなんて、昔は考えられないことですよね。

 

 

そして今回はお返しとばかり、娘の誕生日にイギリスの「花キューピット」みたいなサイト「eflorist」で花束を贈りました。メッセージカードはもちろん、オプションでチョコレートや花瓶も付けて。日本のサイトよりも親切なぐらいで、例えば追跡機能では「今ドライバーがどこにいて、あと何軒目に届けるので何時から何時の間に届く」まで分かります。

 

コロナのワクチンについての質問が増えてきています。

 

Q) 不妊治療中にコロナのワクチンを打っていいですか?

A) いつ打ってもいいです。

 

Q) 妊娠中でも打ってもいいですか?

A) 打っていいです。だたし妊娠12週までは避ける方がよいとされています。

 

 理由1) 妊娠中のコロナのワクチンによる母体や胎児への有害な事象は特別なものはないとされています。

 理由2) 妊娠中にコロナにかかると重症化する可能性がやや高いとされています。

 理由3) 妊娠中に使えるコロナの薬が限られています。

 理由4) 妊娠12週までに打ってもいいのですが、12週までは流産や胎児の異常が発生しやすい時期なので、もしもそのようなことが起きた場合に「ワクチンをうったせいではないか」と心配になる可能性があるため、12週までは避ける方がよいという日本独自の考え方です(欧米では週数に関わらず打つことが勧められています)。

 

  以上のことから.、妊婦さんは打たない方がいいの逆で、むしろ一般の人よりもワクチンを打つことが必要とされています。

 

参考資料 

1)COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ

http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20210512_COVID19.pdf

2)新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて

http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20210617_COVID19.pdf

3)

 

 

因みに当院のスタッフは全員ファイザー製のワクチンの2回接種が終了していますのでご安心ください。

 

 

これは余談ですがついでに申し上げておきますと、ワクチンに関することだけではないですが、インターネットの情報には嘘や間違いが数多くありますのでご注意ください。さらにワクチンに関しましては、世界的に「反ワクチン主義者」とでも言うべき過激な思想を持った人が存在しています。ほとんど思想的なものなので、その人たちを説得することは無理だと思います。

 

 

 

(娘たちの友人の家。牧場を営んでいる。絵本作家でもある)

 

バースという都市をご存じでしょうか。

 

産婦人科医の私がバースと言うとbirth(出産)かと思われるかもしれませんね。

でもbirthじゃなくてbath(風呂)です。

風呂という名のその都市はイギリスにあります。

 

イギリス南西部の都市。「バースと北東サマセット(B&NES)」という単一自治体の中心都市。古代ローマ時代の紀元1世紀に温泉保養地として建設され、1987年に世界遺産に登録された。バース市はロンドンに次いで訪問者の多いイギリスの観光地である。

 

お風呂のことを英語でバスというのはこのバースが由来であると言われていますが、ローマ時代の温泉があるからここがバスという地名になったので順番が逆だとか諸説あります。

街の建物はバース石と呼ばれる蜂蜜色の石で作られておりとても美しいそうです。

 

市街自体が世界遺産になっているというのは凄いことですね。ロンドンを除けばイギリスで最も有名な観光地。

その割に日本での知名度はあまり高くないです。

人口は9万人ほどで、みよし市6万人よりも少し多く、日進市9万人とほぼ同じぐらいの小さい都市です。

よく似た名前のオーストラリアのパースの人口は198万人なので桁違いですね。

 

そのバースがどうしたのだということですが、私の長女がイギリス人と結婚したことはもう書きましたが、彼女らはバースにいる夫の両親と同居しているのです。

そのイギリスでの生活を綴った娘のブログがなかなか面白いので、紹介させて頂きます。

 

 

 

点検のため車をディーラーに預けて近くの杁ヶ池公園を散歩してみました。

緑が鮮やかな季節です。

 

 

 

 

本日、みよし市から表彰されました。

健康への取り組みをしている事業所で特に優秀な事業所を表彰するもののようで、今年が第一回のようです。

病院からは当院だけで、他の業種から1か所が表彰されました。

感じの良い市長と記念撮影(撮影前後はマスク着用していますよ)。

中部経済新聞が取材に来ていたので載るらしいです。