漆のトイレ(木工事) | takeの水まわり奮戦記

takeの水まわり奮戦記

施工者から見たリフォーム工事のお話と
その他いろいろ


テーマ:

一日たってもどこが進んでいるのか分かりません。


ちょっと目には板を張って壁を塗ればそれで済む仕事


なんですが、そういうわけにはいかないんですよね。


古い家は柱が傾っていたりするので、それを修正しないと


仕上がりが悪くなるんですね。それを板と壁の間を


(見切りというんですが) 慎重に細工します。


「大工さん一日なにをしていたのだろう」とみなさん


お思いでしょうが、実はここが大工さんの腕の見せ所


なんですね。

なので お金もかかる。ニコニコ


「これで家を直すのも最後だから良いトイレにしなくちゃ」


とは奥さんの弁。


こういわれると俄然ガンバル お調子者の


たけさん なのであった(^-^)/

takeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス