ムーンストーンのブログ

ムーンストーンのブログ

井上昌己さんに関連する記事などを、よく書いています。

シンガーソングライターの、井上昌己(いのうえしょうこ)さん のことを中心に、

自由気ままにブログを書いています。 

ぜひ、井上昌己さんの音楽、ライブなどに興味をもってもらえたら、とても嬉しいです。 

Amebaでブログを始めよう!

おそらく、2017年4月9日(日)に 名古屋DOXY で開催された、井上昌己さんのライブのセットリスト を書いてくれるひとが あまりいないと思うので、一応、書いておきますね。



2017年4月9日(日)
「井上昌己 LIVE ~ 名古屋DOXY ~」
 
開場 15時    開演 16時


井上昌己   (ヴォーカル)

江口正祥   (エレキギター)
松原ひろし  (グランドピアノ)
野間口ひろし (エレキベース)
山下航生   (ドラム)



「名古屋DOXY」の会場に入ると、DVDの「井上昌己コンサート ~28年目の Fair Way~ with POP・BEAT LEGEND」 だけでなく、2000年以降に発売された、昌己さんのアルバムやDVDなども販売されていました。
 
会場内のスクリーンには、2016年5月22日の「井上昌己 渋谷コンサート ~28年目の Fair Way~ with POP・BEAT LEGEND」 の映像が映されています。

15時47分ごろからは、懐かしい1993年ごろの昌己さんの映像を記録したビデオ 「My Dear...」 の映像も上映されました。
 
 
 
 
第一部  
  
  
16時5分ごろ、江口さん、松原さん、野間口さん、航生くんがステージに登場。 すこし遅れて昌己さんもステージに登場します。
 


  
M1  大好きじゃなくなる前に  
    (昌己さんは、M22までの全曲を、立って歌いました。)

M2  YELL! -16番目の夏-         


昌己) みなさん、こんにちは。 名古屋DOXYでバンドライブをおこなうのは、2回目です。(前回のDOXYのバンドライブは2014年7月4日(金)でした) 最近はアコースティック編成でのライブが多かったのですが、今日はバンドメンバーを連れて来ました。 昨日は京都・都雅都雅でバンドライブだったんですが、久しぶりのライブだったのでリハーサルからすごくテンションが上がってしまいました。 今日は直前に約25年前の映像を上映していて、控え室からステージに出にくかったです(笑)。 ワタシ、昔のほうがペラペラとよくしゃべっていましたね(笑)。 今日も皆さんのリクエスト中心に歌います。 今日は先日、発売されたMEG-CDを 会場内の壁に並べています。
 
 
M3  扉をひらいて  

M4  星空からのエレベーター      


昌己) (メンバーを紹介する) ドラム:山下航生 「航生くんはDOXYは2回目で、かけもちで7バンドのドラムをたたいています。」

ベース:野間口ひろし 「ピンク色のベースで、弦もピンクですね。」

ピアノ:松原博 「うしろにお客様がいるので、ついピアノでサービスプレイをしたくなっちゃいます(笑)。」

ギター:江口正祥 「エレキギターのアンプの音量が大きいので、近くのお客さんはうるさいかも?」  


M5  アウフタクトの恋         (コーラス 野間口ひろし)

M6  瞳(まなざし)   

 

M7  Know One Knows        (コーラス 江口正祥)

 

 ※ M5は、昌己さんはマイクスタンドで歌っています。 この曲は昌己さんのフリツケがわりと多く、とても可愛らしいフリツケです。

 

 

昌己) 4曲連続で歌うのはきついけど、3曲連続なら、なんとか大丈夫です(笑)。 昨日は朝から車で京都に向かいました。 京都ライブ終了後、食事をしていつもの岐阜羽島のホテルに着いたところ、どうやら同じ系列の岐阜のホテルを間違えて予約してしまったみたいで、また岐阜のホテルまで移動するはめになりました。
 
 
M8  いじわるなDESTINY 
 
M9  愛してるⅡ           
 

M10 僕がいるから大丈夫          (コーラス 野間口ひろし)

 


昌己) 一部は、残り2曲です。
 
 
M11 もう一度、抱かれたい 
 
M12 Boy Hurry Up!             (コーラス 野間口ひろし、江口正祥、松原博)   
 

 
昌己) それではまた、休憩をはさんでお会いしましょう。
 
 
      17時19分ごろ、第一部が終了
  
  

第二部  
  
  
17時40分ごろ、江口さん、松原さん、野間口さん、航生くん、昌己さんが再びステージに登場
 

昌己) あらためまして、こんばんは。 さあ、これから第二部が始まります。(今回は珍しく、昌己さんの衣装替えはありませんでした) 
前日の京都では歌わなかった、名古屋だけのセットリストもあります。 まずはバラードの曲です。
  

M13 あの場所へ 
 
 
昌己) 去年(2016年)の5月の渋谷コンサートで、ダンスを2曲踊りました。 ダンスの動きを解明するために映像をコマ送りで何回も観たりしたので、解明にものすごく時間がかかりました。 去年はスポーツジムに早朝の時間に行って、歩くマシーンに乗って運動していました。 今年はスポーツジムに通うかどうか迷っている。 今年(2017年)の5月21日の渋谷コンサートは、バンド編成に加えて、サックス、トランペット、トロンボーンの女性ミュージシャンも参加します。  
 
 
M14 ただ若すぎた季節のメロディー    
 
M15 NO LADY NO CRY    
 
 ※ M15の間奏中に、サポートミュージシャンのメンバー紹介をおこないました。


昌己) 江口さんの近くのお客様がギターのほうばかりを見ていて、全然私のほうを見てくれない(笑)。 今年はトーラスレコード時代の楽曲が、MEG-CDとして復刻発売されました。 私のヴォイトレの生徒がタワレコのMEG-CDの一覧が載ったチラシを見て、「こんなにたくさんのCDを発売していたんだ」とびっくりしていました。 おかげさまでMEG-CDの売り上げも好調です。 現在はタワーレコードに加えて、山野楽器やHMVでもMEG-CDの注文ができるようになりました。  

 
M16 アナザーフェイス      
 
M17 MY WAY OF LIFE    

 
M18 悪いひと           (コーラス 野間口ひろし)
 
 
昌己) 楽しい時間は、あっという間に過ぎ去ってしまうもので、残すところ、あと1曲となってしまいました。
観客:「(ものすごく長い)ええええーーーーーーーーっ!!」(笑)
 とても長い「ええーーっ!!」をありがとうございます(笑)。 東京以外でも、6月に大阪・博多・広島でバンドライブがあります。 それと、最近、左腕がスムーズにうしろにまわらなくなってちょっと困っています。
 

M19 恋が素敵な理由  
 
 ※ M19は、昌己さんはスタンドマイクで歌っています。
  
 

ーーー アンコール ーーー 

 

アンコールのコールに応えて、松原さんと昌己さんがステージに戻ってきました。
 
昌己) アンコールありがとうございます。 まずは私と松原さんの二人で、ショートバージョンですが歌います。 急遽、リクエストがあったので、ワンコーラスちょっとですが、「想春譜」 を歌います。 「想春譜」 は、当時、父のことを想って作った曲です。
 
 
M20(EN1)  想春譜 (歌詞を短縮した Short Ver.)

 ※ M20は、松原さんのピアノのみで歌っています。 M20が終了後、江口さん、野間口さん、航生くんもステージに戻って来ました。
 
 
昌己) これからも皆さんが聴きたいと思ってくれる曲を歌い続けていきたいと思っています。 あと2曲ほど歌いたいと思います。
 

M21(EN2)  恋はLiberty
 
 ※ M21の途中で、昌己さんは代表がファンと一緒に踊っていたのを見て、何回も笑ってしまいました(笑)。
 

昌己) もう、代表の踊りが面白くて笑いをこらえることができませんでした(笑)。 今年も、新曲CDを作る予定です。 観客:(拍手)

また、名古屋や、名古屋以外でもライブをおこなう際には、みなさん、ぜひ来てくださいね。 


M22(EN3)  忘れてあげない -Next-   (コーラス 野間口ひろし、江口正祥)
 
 ※ M22は、「♪ レゴタウンで 栄(さかえ)で DOXY(ドキシー)のなかで」 と、一部の歌詞を変更して歌ってくれました。
 
 
昌己) 「みなさん、どうもありがとうございました。」と言って、もう一度メンバー紹介をして終了しました。
 
 
18時57分ごろ、ライブが終了しました。
 

 ※ 僕の席からは、松原さんが見えにくかったので、もしかすると、もっとコーラスをしていたのかもしれません。

 

   
その後、会場の外で、お見送り&サイン会
 
 

「雑記」
 
今回の名古屋ドキシーライブは、バンド編成だったので、昌己さんが立って歌う姿を堪能できて、とっても良かったです。 それと、昌己さんのヴォーカルも好調でしたね。 なかなか地方ライブでは、移動手段や交通費・宿泊費などに苦慮されていると思うので、代表をはじめ、昌己さんやサポートメンバーに感謝ですね。 それと、毎回、地方ライブで物販を引き受けてくれているファンにも感謝しています。
 
今回のセットリストでは、バンド編成では珍しい 「大好きじゃなくなる前に」 や、「扉をひらいて」 が良かったです。 それと、「アウフタクトの恋」 や 「星空からのエレベーター」、「もう一度、抱かれたい」 で、昌己さんのフリツケを観られたのも良かったです。
  
今後も、バンド編成で、6月16日(金)大阪、17日(土)博多、18日(日)広島で地方ツアーライブがあるので、お近くで都合が合うのであれば、ぜひとも昌己さんのライブに参加して欲しいですね。

また、5月21日の渋谷デビュー記念コンサートも、年内で一番大規模なコンサートなので、ぜひ参加されることをオススメします。
 
 
 
(文中、敬称略)

たぶん、2016年7月3日(日)に 名古屋DOXY で開催された、井上昌己さんのライブのセットリスト を書いてくれるひとがいないと思うので、一応、書いておきますね。



2016年7月3日(日)
「井上昌己 LIVE ~ 名古屋DOXY ~」
 
開場 15時    開演 16時


井上昌己  (ヴォーカル)
松原ひろし (グランドピアノ)
大和田亮  (アコースティックギター)
那須野綾  (パーカッション 「カホンがメイン」)



「名古屋DOXY」の会場に入ると、新作DVDの「井上昌己コンサート with チェンバーオーケストラ 2015」だけでなく、2000年以降に発売された、昌己さんのアルバムやDVDなども販売されていました。
 
会場内のスクリーンには、2016年5月22日の「井上昌己 渋谷コンサート ~28年目の Fair Way~ with POP・BEAT LEGEND」 の映像が映されています。
 
 
 
 
第一部  
  
  
16時ごろ、松原さん、綾ちゃん、大和田くんがステージに登場。 すこし遅れて昌己さんもステージに登場します。
 

昌己) 「今日は名古屋ライブにようこそ」などの挨拶。 「最近はピアノを弾くことが多かったのですが、今日は松原さんがいます。 今日も皆さんのオールリクエストです。」

  
M1  YELL! -16番目の夏-  
    (昌己さんは、M18までの全曲を、立って歌いました。)

M2  月とクォーター        (コーラス 那須野綾)         


昌己) 先週からとても過酷なスケジュールで、今日の日を無事に迎えられてほっとしています。 先週は車で広島、徳島、関西、仙台に行きました。 今週は金曜日が堀江淳さんのライブにゲスト出演し、昨日が京都・都雅都雅ライブでした。
 
 
M3  瞳(まなざし)(1番のみ英語、以降は日本語Ver.)  (コーラス 那須野綾)

M4  魚座たちの渚      


昌己) (メンバーを紹介する) パーカッション:那須野綾 ギター:大和田亮 ピアノ:松原ひろし 
昨日は岐阜羽島のホテルに宿泊しました。 今日、名古屋ドキシーに行く途中で、「おちょぼ稲荷」に寄ったが、全員、車から降りてはいない。 どうやら、「おちょぼ稲荷」の近くは車の通行が許されていないらしく、車をバックして戻るはめになってしまった。 


M5  好きになってしまった        (コーラス 那須野綾)

M6  わがまま きまぐれ しかもLOOSE   (コーラス 那須野綾)


昌己) 昨日くらいからとても暑いですね。 今日、「おちょぼ稲荷」に行く途中で、ひまわりが咲いていました。 
 
 
M7  向日葵 
 
M8  僕たちの片想い           (コーラス 那須野綾)
 
 
昌己) 次が一部の最後の曲です。 「大和田くん、ギターにストラップが付いているし、せっかくなので立つ?」 と昌己さんが大和田くんを立つように促します。
 
 
M9  想い出の続きはなくて・・・     (コーラス 那須野綾)
 
 ※ M9は、大和田くんは立ってアコギを弾いています。
  
 
昌己) それではまた、休憩をはさんでお会いしましょう。
 
 
      17時1分ごろ、第一部が終了
  
  

第二部  
  
  
17時21分ごろ、松原さん、綾ちゃん、大和田くん、昌己さんが再びステージに登場
 

昌己) さあ、これから第二部が始まります。(昌己さんは、衣装を着替えての登場です) 
まずはバラードの曲です。
  

M10 純心(Single Ver.) 
 
 
昌己) 昨日、私たちも京都で呑んだ後、岐阜羽島に行く車のなかで、「2016年5月22日の 井上昌己 渋谷コンサート ~28年目の Fair Way~ with POP・BEAT LEGEND」 の映像をみんなで観ました。 松原さんは自分の演奏している映像を観て「カッケー。カッケー」と言っていた(笑)。 この渋谷コンサートのDVDも、今年中には発売します。
 
 
M11 恋は Liberty        (コーラス 那須野綾)
 
M12 熱愛           (コーラス 那須野綾)
 
 ※ M11とM12は、大和田くんは立ってアコギを弾いています。


昌己) 今年の6月1日に、ミニアルバム「メロディーズⅡ」を発売することができました。 観客:拍手  そのなかの「ROWING」は「じゅん散歩」の6月と7月のエンディング・テーマになっています。 
そして、「アウフタクトの恋」と「燃える雨」がカラオケ化されることも決定しました。 どうやら、カラオケには昌己さんのヴォーカルもコーラスとして収録されるらしい。 
「アウフタクト」の意味を、松原さんと昌己さんが解説してくれます。
観客の「よくわからない」という声に、綾ちゃんが「(アウフタクトの意味が)わからなくても生きていけます。」 観客:爆笑 

 
M13 アナザーフェイス      (コーラス 那須野綾)
 
M14 アウフタクトの恋      (コーラス 那須野綾)
 
 ※ M14は、昌己さんはマイクスタンドで歌っています。 この曲は昌己さんのフリツケがわりと多く、とても可愛らしいフリツケだと思いました。
 
 
昌己) みなさんの手拍子がありがたいです。 さぁ、次が最後の曲になってしまいました。
観客:「ええーーーーっ!!」(笑)
 今後の昌己さんのライブスケジュールを紹介します。 7月23日の八幡浜の「土曜夜市ライブ」の会場は、昌己さんの実家の近くみたいです。
 

M15 恋が素敵な理由       (コーラス 那須野綾)
 
 ※ M15は、大和田くんは立ってアコギを弾いています。
 
 

ーーー アンコール ーーー 

 

アンコールのコールに応えて、松原さん、綾ちゃん、大和田くん、昌己さんがステージに戻ってきました。
 
昌己) アンコールありがとうございます。 「忘れないで ~遺言~」に付けられている、サブタイトルの「遺言」ということばですが、重いことばなのでサブタイトルをどうしようかと、いろいろと迷いました。 
でも、やはり、当初の「遺言」というサブタイトルに決めました。 大切なひとを思い浮かべながら聴いていただければ、と思っています。 
 
 
M16(EN1)  忘れないで ~遺言~  (コーラス 那須野綾) 

 ※ M16は、ピアノのソロで始まります。
 
 
昌己) メロディーズシリーズは、Ⅲまでは必ず作ろうと思っています。 好評であれば、Ⅳ、Ⅴも作るかもしれません。 みなさんがライブに足を運んでくれたり、CDや作品を待っていてくれるかぎり、作品を大切に作っていきたいと思っています。 ぜひまた名古屋にも来たい、と思っています。 最後は、明るい曲で終わろうかなと思います。
 

M17(EN2)  星空からのエレベーター  (コーラス 那須野綾)
 
 ※ M17は、昌己さんの定番のフリツケがあり、今回も観ることができました。
 
 
この曲が終了後、観客の拍手が途切れず、やがて、「もう一回コール」へと発展しました。
 

昌己) 「じゃあ、名残惜しいので、もう一曲、やってもいいですか?」 
観客:「イエーイ!!」(拍手) 


M18(EN3)  忘れてあげない -Next-  (コーラス 那須野綾、大和田亮)
 
 ※ M18は、一番が終わると大和田くんは立ちあがってアコギを弾きますが、終盤のコーラスのところでは、再び座ってアコギを弾き、コーラスしていました。
 
 
昌己) 「みなさん、どうもありがとうございました。」と言って、もう一度メンバー紹介をして終了しました。
 
 
18時33分ごろ、ライブが終了しました。
 
 
その後、会場の外で、お見送り&サイン会
 
 

「雑記」
 
今回の名古屋ドキシーライブは、松原さんが参加してくれたので、昌己さんが立って歌う姿を堪能できて、とっても良かったです。 なかなか地方ライブでは、移動手段や交通費・宿泊費などに苦慮されていると思うので、代表をはじめ、昌己さんやサポートメンバーに感謝ですね。 それと、毎回、地方ライブで物販を引き受けてくれているファンにも感謝しています。
 
今回のセットリストでは、昌己さんの哀歌(エレジー)の代表曲である、『僕たちの片想い』 が良かったです。 それと、「アウフタクトの恋」や「星空からのエレベーター」で、昌己さんのフリツケを観られたのも良かったです。

名古屋ドキシーの会場は横が広く、グランドピアノも置いてあるので、席によっては昌己さんが見えにくかったりしますが、15曲目の「恋が素敵な理由」と、18曲目の「忘れてあげない -Next-」を歌うときに、昌己さんはグランドピアノが置いてある、ステージの左側に移動して歌っていました。 そういう昌己さんの配慮も嬉しいですね。
  
今後も、昌己さんのフリーライブやワンマンライブがまだまだたくさんあるし、週末は過密スケジュールみたいなので、体調に気をつけながら頑張って欲しいと思っています。
 
 
 
(文中、敬称略)
  
雑誌 『 おとなの流儀 vol.19 』 に、井上昌己さんの5月22日(日)の渋谷コンサート情報がカラーページで掲載されていますね。(僕も記念に購入しました)



2016年5月22日(日)
「井上昌己デビュー記念日コンサート ~28年目の Fair Way~ with POPBEAT LEGEND」
 
会場 渋谷マウントレーニアホール プレジャープレジャー
開場 15時  開演 16時


井上昌己 (ヴォーカル)
江口正祥 (ギター)
松原博  (キーボード)
白船睦洋 (ベース)
山下政人 (ドラム)
  
コーラスミュージシャン 那須野綾  
ゲストミュージシャン 沖祥子(ヴァイオリン)
 
 
 
すでにチケットは完全ソールドアウトなので、今年も超満員になるのは確実です。
 
今回のコンサートのテーマは、「28年目の Fair Way」ということで、1994年から1995年にかけて全国で開催された伝説のツアー「Fair Way Live」をオマージュしているということなので、当時の Fair Way Live を思い起こさせてくれそうな仕掛けが随所にありそうです。
 
 
公式情報によると、どうやら昌己さんは、2曲ダンスをしながら歌ってくれるみたいですね。
果たして昌己さんは、現在でもダンスをしながら歌うことができるのか?
このダンスは、今回のコンサートの見どころのひとつになりそうですね。
 
 
それと、バンドのメンバーもとても豪華ですね。
元祖POPBEATが集結するのは、「2015年1月16日(金)の井上昌己祭り」以来ですね。
元祖POPBEATのメンバーのスケジュールを調整するのは至難の業だと思うので、今後、何回、元祖POPBEATのメンバーのライブを観ることができるのだろうか?などと思ってしまいますね。
 
 
まさに期待度MAX、盛り上がること間違いなしのコンサートですね。
個人的には、この渋谷コンサートは必ずDVDで発売して欲しいです。
 
ただ、この会場では毎回、音響で苦労しているみたいなので、そのへんが心配な点ですね。
 
それと、この会場で先行販売される、『MELODIESⅡ』も超楽しみですね。
    
    
    
    
動画は、 井上昌己 「もう一度、抱かれたい」  
        
           

 
 
 

 
(文中、敬称略)