時空を超える魂意識に繋がる~多次元的に生きる~ | 月と太陽のセラピー  占星術とエナジーワーク@東京荻窪 room1213
新型コロナウイルスに関する情報について

月と太陽のセラピー  占星術とエナジーワーク@東京荻窪 room1213

Room1213は、東京・荻窪の隠れ家サロン。西洋占星術とエネルギーワークのセッションと、そのスキルをお教えするスクールをしています。ホロスコープリーディングや宇宙に繋がる方法を知り、本来の才能を開花して、Happyに自由に生きていきましょう!


占星術とスピリチュアルワークで

目醒めて喜びに生きる

荻窪Room1213

アストロセラピスト合田三知花です。

 

 

ーーーーーーーー

 

 

 

みなさま長らくの

ご無沙汰でございます!

 

(写真は、昨年1月バリ島)

 

 

ひと月以上も

ブログを書かなかったのは、

ブログ開設以来、はじめてです。

 

プログレス月の乙女座入りが、

かなり利いている気がしています。

 

27年半で360度を一周する

プログレス(P)の月が運行する場所は、

その時自分の意識の焦点があたる場所、

テーマとするところを表しています。

 

人によって違うと思いますが、

私は、トランジットよりも強く、

このP月の運行のサイクルの

気分をなぞって、生きている気がします。

 

 

2012年春、

MC「社会的立ち位置」近く、

9Hにあったプログレスの月の気分は、

私に、このブログを開設させて、

それまでしてきた学びについて、

看板を掲げることに向かわせました。

 

それから10年かけて、

9~2H=牡羊座終わりから、

乙女座入りまで、進みました。

スタートから、自己調整までの道。

 

9~11Hという社会活動に

意識が向かう時期を過ぎ、

浄化再生の時(12H)を経て

自分に還り(1H)、

そしてまた、

自分の資質・資産(2H)に向き合い

気づき、掘り起こす時期に。

 

2Hは乙女座なので、

内省・自己調整・健康・奉仕が

テーマになったことを感じています。

 

実際には、

夫の健康問題が浮上して

右往左往していたのですが。笑

 

予感させる星の配置が

十分にあったので、

(ええ!教科書通りです。

勉強会でシェアしたいほど。爆)

用心をしていたからこその発覚、

大難を小難にできたと思っています。

 

 

ーーーーーーーーー

 

 

それにしても、

(自分ではないにもかかわらず)

「病を受け入れる」この作業が、

とてつもない面倒な「感情」を

伴うことを改めて、思い知りました。

 

お客様や友人の病の体験を

共有させていただくこともありましたが、

病がもたらすマイナス感情が

さらに心身を疲弊させていくことと、

ネガティブスパイラルから逃れ、

やりすごすことの難しさ、体験しました。

 

 

オマエ日頃言っていることと

やってることが、違うじゃないか!

と、自分でつっ込みを入れつつ。

 

↓これ書いたときと

気持ちは変わってないんだけどねー。笑

 

 

 

 

 

病は夫のもので、

本人にとっては、

気づきを得るため、

心身転換のためであり。

 

夫婦にとっては

新しい冒険の始まりであり。

 

別の次元の暮らしや

関係性のスタートだと、

わかっている意識も、常に横にありました。

 

誤解を恐れずに言えば、

これも、また

人生を彩る体験なんだと。

 

でも一方で、

当たり前の

「経年肉体劣化」さえ、

受け止めきれないで、

不安に駆られる現実意識もある。

 

その両極の2つの感情を

いったりきたり体験しながら

乗り越えていくことが、

 

肉体を持ってこの世界で生きる

成長進化のヨロコビなんだと確認しつつ。

 

情報を集めたり

先達や周囲に助けられ、

信頼してお任せできる

先生のもとに、たどり着きました。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

病を通して。

 

スピ系ではない夫が、

病を持ってはじめて、

「みえない世界」に、

目覚めていくのが、面白い。

 

 

75歳になる敬愛する

カバリストのH先生が、

 

「物質世界にしか興味のない人は、

星の影響を感じないし、

魂なんて信じない。

食べて飲んで欲を果たし、

快楽を求め、働いて眠る。

 

でもそんな人もある日、

病気になったりすると、

はじめて

”人生とは、自分とは”という、

精神性や神性に目覚める。

 

その上にある次元、

ティファレト(本質の自己)に気づき、

ケテル(宇宙根源)に、

繋がることができるようになる。」

 

というような意味のことを

おっしゃっていました。

 

夫の場合もまさに、それ。

( ´艸`)

 

そういえば。

日本のロックの草分けである

「ヒッピーのドラッグ野郎(本人の言葉)」

だった小坂忠さんが牧師になったのは、

娘さんの大火傷の体験からでしたっけ。

 

 

私は「特定の」宗教を

持つわけではないのですが、

そして、

これからも「特定」なものは

持たないと思いますが、

 

目には見えない次元があること、

感情や思考にもエネルギーがあること、

(気・プラーナ・波動と呼ばれるもの)

そして、

時空を超えて存在する

魂意識のことを信じています。

 

 

崇高でありながら

大いなる遊び心を持つ

時空を超えた、魂意識。

 

 

その魂意識に繋がれる

スキルを磨き続けることが、

この世界を楽しむコツなんだと、

今回のことでは心底、再認識しました。

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

 

雨水から、

魚座の太陽の季節が始まっています。

 

この季節の風は、

生と死の狭間の不思議な瑞々しさを

感じさせてくれる気がします。

 

終わっていくものたちと、

はじまるもののバトンタッチの時。

浄化と次の生への準備。

 

そして。

 

いま天空には、

今年のテーマでもある

土星と天王星の

スクエア(90度)ができています。

そのエネルギーが、降り注いでいます。

 

土星=時間をかけて作り上げた土台

目に見える三次元世界の枠・常識。

 

天王星=土星を超えて発動する普遍意識。

発明発見、見えない世界からの大改革。

 

土星×天王星の

ハードなアスペクトは、

今までの常識の枠や

信じてきた現実世界を壊してくると

感じられるかもしれません。

 

けれどもそれは、

もっと大きな普遍的な意識に

つながる作用をも、もたらします。

 

そのことに、

自分で気づくことができるように、

別の視点を持つ練習をしておきましょう。

 

 

 


セッション・個人レッスンは、

変わらず細々と続けております。
風の時代がスタートする今年の

イヤーリーディングは、

宇宙的新年の春分まで、受付中。

 

 

春分の前後に、

オンラインの瞑想とヨガWSも企画中。

ニュースレターでのお知らせとなります。

ニュースレターご希望の方はこちらから

 

風の時代&土星天王星スクエアの2021、

コロナ禍からまだ脱せられない今年は

肉体意識と魂意識を繋ぐYOGAについて、

もう少し力を入れていきたいと思ってます。

 

また、お会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

■合田三知花@荻窪Room1213■

 

宇宙意識に目醒めて、喜びに生きる
占星術とスピリチュアルワーク

 

 

 HP/セッション/占星術レッスン/お問合せ

予約は3月中旬以降となります。

 

 

個人セッション

個人レッスンについては、

オンラインZOOM

及び

荻窪サロンで受けていただけます。

(サロン営業は10:30~17:30に短縮)

 

お客さまをお迎えする間隔を空けて

十分に換気と消毒をしています。

相互マスクをお願いしております。

どうぞご安心してお越しください。