最近、ECUのセッティングのお客様が増えてきてうれしい限りですが、平成初期のスポーツカーのセッティング前点検をすると、
圧縮圧力が限度値を下回るケースが見られます。
 
SR20の場合は9キロ~11キロが標準で、9キロを切ると要オーバーホールです。
 
当店ではECUセッティングの前に点検をし、圧縮圧力が基準値以上であればそのままセッティング開始となります。
当店では9キロを切った場合は、オーナー様に連絡をし、やるかやらないか相談しております。
先日の車両は7~8キロ、その前の車両は6キロまで落ちていました。
 
 
 
乗ってても慣れてしまい、意外と気が付かないのですが、セッティングしているとトルクが出ない、レスポンスが悪い等の
良い結果が出ないばかりか、もしかしたらセッティング中にエンジンブローの可能性もあるということが考えられます。
 
 
 
SR20エンジンも中古は高値で品薄で、圧縮圧力も低くなっているものが多いです。 
現状で正常ならばOHも安価で済む可能性もあります。
NAエンジンをターボ仕様に改造し、ヘッドをNAPRECのハイレスポンスヘッドにするというメニューもあります。
 
 
何事も壊れてからでは遅いので、壊れる前に対応すれば安価で済みます。
 
圧縮圧力の点検だけでも受付しておりますので、気になる方はご相談を・・・。 
 
点検料はSR20だと4000円  RB26だと5000円です。 (税別)