HKS GT3RS タービン仕様のセッティング開始しました。
今回はカムシャフトもノーマルで、バルブタイミングを変更する仕様としました。
街乗り派にはちょうど良い、バルタイ変更仕様です。 
ピークパワーは出ませんが、スムーズに乗れて、燃費もそれなりに良く、使い勝手が良いのが特徴です。 
そしてアイドリングは力強くなります。
 
 当店で取り付けるだけのキットを用意しております。 
タイミングベルト、ベアリング、ウォーターポンプ、専用調整済みスライドカムスプロケットが一つにまとまっております。
ノーマルブーストであればECUセッティングをしなくても使用できるので、タイミングベルト交換のついでにどうぞ!
 
本日は各部点検とVQマップのセッティング、ノーマルブーストでのセッティングでした。
エアフロがR35GTR用です。 NISTUNEは基本的にROMチューンなのでエアフロは外すことはできません。
なので、エアフロを変更して増えた吸気量を測れるようにするのですが、それには校正作業が必要となってきます。
 NISTUNEにはそれなりの吊るしエアフロデータが入っているのですが、サクションパイプやエアクリーナーによって必ずズレが発生します。
そのズレを校正して入力する作業が必要となります。 
  これをやらなくてもある程度は出来てしまうのですが、燃料マップを大幅に変更しなくてはならなくなるので、当店では後々のことを考えて
校正してセッティング作業をしております。 
 なので、この作業を行うとセッティングがかなり楽になります。
 校正にはダイナモもしくは実走行でのセッティングが必要となるのですが、実走行は危ないので、当店ではダイナモでのセッティングをしております。
 (下の動画を参照)
 
 今現在のサクション、エアクリーナーに合わせてセッティングするので、今後エアクリーナーの変更やサクションの変更は要確認となります。
 場合によってはリセッティングとなりますので、当店でのセッティング後はエアクリ本体やサクションの変更はしないでくださいとお伝えしております。 エアクリフィルターの交換はOKです。 
   
 
本日無事終了。 ノーマルブースト0.9時に380ps発生しております。
 
明日から本番です。 さて、500psオーバー目指します。
 
VQマップ校正中の動画です。 シャシダイを使用しております。
画面中央付近に、赤になったり緑になったり黄色になったりする部分があるのわかりますか? 
調整がうまくいくと、だんだん黄色だけになります。 
全域黄色になればOkです。  
 
調整はNISTUNEが自動でやってくれます。
 
シャシダイがあるとすごい助かるセッティングです。 
 
実走行だと色々危ないですよ。 
公道で4速全開できますか?って話です。 自分はサーキットでも怖いです。
 
とりあえずブースト0.9キロ 380ps トルク43kです。
赤が馬力、青がトルクです。 3800rpmあたりからフラットな感じでトルクが出てます。
最終的には最大1.4kあたりになるかと思います。