セッティングの続きやってます。

 

まだやってんの?って言われそうですが、

 

暑いので、オーバーヒート(人も車も)防止です(笑)

だから休み休みやってます。

 

ノーマルブーストのセッティングも終わり、目標ブースト目指してのセッティングしてます。

 

ところがブーストアップとともに燃圧ダウンが・・・。 

どうやら電圧が足りない様で、急遽バッテリーから直接ひきこみ、リレーを使って配線製作。

無事に燃圧安定確保しました。

燃料って大事。  

やっぱセッティング時は

燃圧計必須です。  同じエンジン仕様でも時々こんなことあります。

取り付けている電装物や、配線の劣化等が原因なのでしょう。

 今回はオーディオパワーアンプが取り付けられていたので、それもあったのかな?

 

とりあえず、ブースト1.4で470馬力。

腰下ノーマルだったらこんなもん? 

でもグラフのトルクの出方を見ると結構もりもりです。 

 

HKSの最新タービン、オススメです。 

 

てか、NISTUNE良いです! 

よくパワーFCと比較されることがありますが、実際にパワーFCより使い勝手もイイし、アップデートのたびに改善されてます。 

 値段も安いので、工賃入れてもパワーFC本体新品で買うより安いです。 基本的にパワーFCはさらに工賃別ですから。

 

 
リアルタイムでA/F計やその他計測機器データを反映させながらリアルタイムセッティングが可能で、エアフロ交換インジェクター交換にも対応。 その際のVQマップの変更も自動で、微調整も可能。 インジェクターは無効噴射時間の調整ももちろん可能。 

 点火もドエルタイムの変更も可能なので、イグニッションコイル変更後の微調整にも対応できます。 

 

 基本的に純正CPUを使用するので、一般の自動車整備工場やディーラーの診断機で故障診断も出来るので、車検や故障時にも整備書通りの対応ができます。 

 

トヨタ車乗りの方もTOYOTUNEてあればいいなあと思ってる方多いですね。 
 

日産好きで良かったよ。