1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-05-31 21:00:00

資産効果

テーマ:ブログ
 解散宣言以来、日本株の時価総額は200兆円弱増え、この1週間で大きく下げたとは云え、それでも約150兆円増えました。日本株の保有分布状況を見ると、約20%が個人によって直接持たれており、約5%は投信を通して個人によって持たれています。他にも年金とか、最終的に個人に属するものはあるのですが、直接保有と投信という、毎日明らかに値段が見えるものだけでも、個人は日本株の約25%を保有しています。

 解散宣言以来、この目に見える形での日本の個人の株式型金融資産の額が先週半ばまでで約50兆円、現時点でも約40兆円増えたことになります。これは巨大な数字です。いわゆる資産効果がないわけがありません。繰り返しになりますが、この40兆円は毎日の値段が目に見えるものだけであり、その他にも年金資産の増加などがあります。

 しかし目に見えると云っても、この40兆円は、まだしっかりと認識されていないのではないでしょうか?いずれもっとじわじわと実感が拡がっていく筈です。そうすると気持ちに余裕ができて不動産を買ったり、車を買ったり、外食が更に伸びたり、投資や消費活動が活発になるでしょう。この一週間での急落で利食ったお金が、そういう新たな投資や消費に向かうといい回転になるのですが、少々楽観的すぎるでしょうか。

 明日は金沢に今年度の全国投資セミナーの第一回として参ります。マーケットのこと、当社のこと、様々な御質問に答え、御意見に真摯に耳を傾けたいと思います。良い週末をお迎え下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-30 21:00:00

動揺

テーマ:ブログ
 マーケットの動揺が続いています。ボラティリティが中々下がりません。上がる幅が大きく、かつ速かったので、下がる時の幅と速度も大きいということであり、いわゆるマーケットの調整に属する動きだとは思われます。マーケットを上げてきた理由、それは期待デフレを止めて期待インフレを作ることと、マネタリーベースを大幅に増やすことですが、それらが変わった、変えねばならなくなった訳ではないので、いずれ調整は終わり、元の波動に戻っていくとは思われます。しかしマーケットは経済・景気と同様、気持ちが大変重要なので、嘘から出た誠ではありませんが、波を侮ってもいけません。

 投資とトレーディングは、しっかりとマーケットの様子に神経を張り巡らして、マーケットが何を云おうとしているかを知る努力をしなければいけませんが、近目で見るか遠目で見るかは、状況に応じて使い分ける必要があると思います。今目の前にある波を侮ってはいけませんが、前にも書きましたがこの半年間の波は更に大きな波の一部であると考えるべきだと思います。慎重に、神経を尖らす必要がありますが、遠目という視点もどこかでしっかりと持っておく必要があると思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-29 21:00:00

iBond

テーマ:ブログ
 当社では本日から、米国Apple社発行の債券、愛称「iBond」の販売を始めました。元・債券オタクとしては、やらざるを得ない銘柄です。初物、話題の銘柄、そういったものは気になってしょうがないのです。野次馬根性とでも云いましょうか。債券は上場株式のような規格商品ではないので、発行体や証券会社は投資家やマーケットの目を慣らしていくように定期発行に努めるなどしていかねばいけませんし、投資家は投資家で、自ら飛び込んで目を慣らしていかないといけない類のような気がします。

 ところでこの元・債券オタク。では今は何なのでしょうか?株オタクと云うには個別銘柄に対する嵌り方が足りない気がします。私はマーケットをマクロ的に把握する癖があり、これはやはり債券畑で育ったからだと思います。私は株も債券もFXも大好きです。株にオタクだけでもなれない、債券オタクだけでもなれない、そうです私は資本市場オタクです。最近の頭の中は日本株が大きく占めていますが、それでも「iBond」は気になります。しかしこの「i何とか」ってネーミング、便利だよなぁ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-28 21:00:00

食べ好き

テーマ:ブログ
 昨日、食べ物好きの方々と出掛けました。そこで飲みながら話しをしている中で、私がちょうど閉店する日に偶々お店に行くことが多い話しになりました。

 思い起こせば始まりは高校生時代に遡ります。学校の近くに坂道なる喫茶店がありました。私は高2から高3になる時に、理系のクラスで申請をしたものの春休み中に文転を決意し、担任の教師に電話すると新学期が始まってからまた云ってくれとのことなのでそうすると、曰く「悪ぃ!もう間に合わない」とのことで、唖然とするも仕方なく高3の間は無意味に理系のクラスで、それは社会科選択科目(世界史と政経でした)は出席も取らないので、それで授業に出る由もなく、午前中からこの坂道なるところに入り浸っておりました。スパゲティを食べたり、その他ちょっと悪いことなどをしていました。ある日のこと、店主曰く「ここのマンガ、全部持って行っていいぞ」、これから店を畳むというのです。私はその場で男組全巻(ウィキによると25巻ですね)をもらい、学校に持って行きました。

 時は流れ、ここから先はこの7年ぐらいの間のことですが、順番は若干不同です。先ずは7年ほど前だと思うのですが、母校の後輩向けの講演会に先輩と共にスピーカーとして参加したのち、校内で簡単に学校側から御馳走になったあとに、その先輩と正門前の昌華飯店という、私が中一に入学した時から既にある、ですから30年以上は続いている中華料理屋に打ち上げに行きました。長めに飲み、我々が最後の客となり、最後はもう閉めるから帰ってくれというプレッシャーを受けて会計を終えて退散したのですが、その店はその晩に緊急閉店しました(!)。

 その2年後くらいでしょうか、納会の前の晩に3~4軒ほどハシゴしたあとに高校の同級生の飲み会に合流した江古田の店はその日が閉店する日でしたし、やはりその2年後くらいには西麻布のラ・コロンバに数年ぶりに思い立って当日いきなり食べに行ったらその日が営業最終日で、引っ越す前から数えると2-30年は続いたであろう店の最後の領収書をもらってしまいました。あとはこの1-2年のことですが、久し振りに西麻布の山路に寄ると、明後日で閉店ということでビックリし、しかも兄弟子である赤坂の喜久好も同日に閉店することになったというので慌てて翌日電話し、何とか最終日の遅い時間にねじ込んでもらいました。この二店は藤本繁蔵さんの最後の直弟子達です。更に新橋の金兵衛に久し振りに行ったらやけに混んでいて、なんか店の人もお客さんも普段と違う表情なので変だなぁと思っていたら偶々最終日だったということもあります。因みにこのお店は最近同じ場所で新築ビルの中で再開店しました。

 上記、実に7店。昨日一緒に飲んでいた人は、私のことをクラッシャーだと云ってましたが、私は違うと思っています。あまりにも食べるのが好きなので、呼び寄せられてしまうのです。不思議な縁です。これからもきっと、こういうことが何度も起きるのでしょう。普段はお店の実名は書かないことにしているのですが、今日はまとめて記録のために、敢えて記しておきました。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-27 21:00:00

一服

テーマ:ブログ
 今日の日本株式市場は、日経平均での値幅が354円、金曜日の約3分の1です。ショック波のエネルギーは随分下がってきたようです。東証一部売買高は約40億株、売買代金は3兆円強。概ね先週木曜日の半分でしょうか。金曜日の引け値から見た値幅は585円、引け値ベースでの下落は469円ではありますが、このまま地固めをし、また株価も売買代金もあがっていくことを願い、信じたいと思います。

 さてこの週末は、10年以上前にスイスで出会ったアメリカ人で、とても仲のいいJRと会いました。彼とは妙に波長が合い、彼が京都の町屋を借りて住んで執筆活動したいというので、代わりに町屋を探し、本来の定住所が外国の外国人には中々家は貸してもらえないので、事実上代わりに私が借りて又貸ししたり(大家さん認識の上)、世界の色々な場所での人的ネットワークの共通利用(?)をしたり、そして何よりも或る意味で日本の友人よりも深いプライベートな話しを多くしてきました。お互いの人間はある程度良く知っているが、そして考え方もお互いにリスペクト出来て、しかしその人間形成の背景となる人間関係を必ずしも具体性をもって詳しく知らないことが、却って極めて深い話しをし易くさせるのかも知れません。お互いに深い部分まで話すので、代え難い知己です。

 彼は国際政治、特に中国絡みの、専門家でもあります。彼の中国の話しは通常メディア等では知ることの出来ない部分にまでわたり、かつその分析が深いので、最終的に合ってるかどうかは歴史のみが知ることになるでしょうが、とても参考になります。しかし国際政治たるものの、なんと複雑でこんがらがっていることか。思うに、人間ひとりの分析ですら完璧からほど遠いものしかあり得ないのに、複数の人間が関わる国際政治の分析など、人の手に負えるものなのでしょうか?そんな話しもしたJRとのディスカッションは、いい一服になりました。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-24 21:00:00

波のあと

テーマ:ブログ
 昨日の大きな波動のあと、市場は概ね鎮静化に向かっているように見えます。と云うよりむしろ、市場は予想される範囲内ではもっとも穏やかな形でショックを吸収して始まったと云えるでしょう。しかし日中やはり不安定化し、最終的にはやや鎮静化に向かったように見えます。今日が金曜日で、これからの週末で冷静になる時間があることも、いい方向に作用するかも知れません。

 ただ一日の値幅は、日経平均で1026円。昨日の7割、昨日引け値に対して約7%。まだ荒れるエネルギーは下がっていません。来週もこの変動率に注目したいと思います。また、目の前の値動きだけに注目せず、全体のテーマ、即ちデフレ脱却・緩やかなインフレへ、と云うアベノミクスに対する安心感の行方に注目すべきだと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-23 21:00:00

相場の波動

テーマ:ブログ
 今日の東京株式市場。凄い相場でした。日経平均で1143円安。1日の値幅が1459円。約10%です。世界第2位の資本市場としては強烈な変動率です。昨日の引けから今日の引けまでに消失した東証一部時価総額がなんと30兆円。売買高76億株、売買金額5兆8千億円は共に過去最高です。やはりバーナンキ発言が一旦の利食いを促したのでしょうか。

 さて問題は明日以降どうなるかです。ポイントは、今回のアベノミクス相場が、何年にもわたる息の長いものなのか、半年程度で終わる息の短いものなのか、だと思います。長くて大きい波動であれば、今日のことは小さな波に過ぎないでしょう。相場自体が短い波動であれば、今日は転換点かも知れません。前にも書いたように、今回の相場は90年3月の総量規制以来の、そしてその総量規制とは真逆のマネタリーベース2倍という、我が国政策の大転換をした文脈の中での相場であると私は思っています。それは長くて大きい波動です。

 今の相場は、近視眼ではなく、なるべく遠くから見ることが肝要だと思っています。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-22 21:00:00

ハズレ馬券

テーマ:ブログ
 ハズレ馬券は必要経費として認められるか、なる地裁判決が明日出ます。これは大変興味深いです。3年間で28億7000万円馬券を買い続け、計30億1000万円の配当(当たり券)を受け、差し引き1億4000万円儲けたのですが、配当額(当たり額)から当たり馬券のコストだけを引いた約29億円に対して課税され、それに対して不服でこの課税は違法であると裁判で争っているのです。

 課税当局の主張も分からないではありません。ギャンブルなのに何を云うか、との考えも分からないではありません。しかし例えば株式投資で、儲かった投資分にだけ課税されたら、即ち損益通算が出来なかったら、堪ったもんではありませんし、それは明らかに不合理です。ギャンブルなのにという理屈も変です。競馬は国が認めている事業ですから。検察は「ハズレ馬券が経費にならない可能性を認識していたのに、本来納税すべきものを新たな馬券購入に充てたのは自業自得」とし、懲役1年を求刑しているそうですが、さてどうなることやら。

 私は税金を払うことに誇りを感じていますが、この件はやはり課税の方法を考え直していくべきではないかと思います。判決内容とそれに対する検察の反応に注目したいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-21 21:00:00

自動化ゲート

テーマ:ブログ
 空港の自動化ゲート。パスポート・コントロール(出入国審査)を、パスポートを機械にかざして指を置くだけで通れる便利なもので、通常の窓口に長い列が出来ていても、横をすいすいを通れる優れものです。私は日本の空港の出入はもちろん、香港空港でも同様の手続きを取っており、時間を大きく節約出来ています。日本の自動化ゲートも香港の自動化ゲートも、予め知っていた訳ではなく、ある時空港で横にそのような仕組みを見掛けたので、係員に聞いて、どちらも10分程度掛けて登録したものです。あまりにも便利なので、よく行くアメリカの入国審査も同様に出来ないかと画策しましたが、自動化ゲートはあるものの、登録するにはアメリカ国内に住んでいて、審査の呼び出し通知を受け取れてかつ出頭できなければいけないとのことで、空港でその場で登録できる日本や香港とは大違いであきらめました。しかし日本と香港だけでもかなり便利です。しかし、この自動化ゲートを利用している人がとても少ないです。少ないから空いているのですが、不思議です。「知らなかった」「急がないから」という理由を会社のまわりで聞きましたが、我が国は今度、海外からの旅行者が増えると見越して、外国人用の自動化ゲートを多く作る計画とのこと。ふーん。日本人よりも外国人の方が需要が大きいのでしょうか。なんかイメージ的には日本人の方があくせくしているような感じがしますが違うのでしょうか?ターゲットとしている海外からの旅行客が主にアジアからで、アジアの人は日本人以上に忙しくしているのでしょうか?どうでもいいことですが、この手の人の性質の表れには興味が尽きません。確かにヨーロッパにはありませんね。もっと観察したいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-20 21:00:00

投資家の目

テーマ:ブログ
 ロンドン出張は、ミーティングはたったの2営業日でしたが、前後の夜の部も含めて、とても実り多いものでした。旧知との、そして初めて会う人との、様々な出会いがありましたが、やはり旧知の大投資家R氏との話が一番興味深かったでしょうか。R氏とはもう20年くらいの付き合いになります。

 彼とは実に様々なテーマをこれまでに話してきました。会ってもマーケットについて全く話さなかったこともあるように記憶しています。しかし今回は殆どの時間を日本株、日本円、日本の経済、財政、政治について議論することに費やしました。単に一方の意見を聞くのではなく、彼にいくつも質問を受け、意見を答えて、議論し、そして同意しました。相場観の一致。彼と初めて会った時は、二人の相場観(その時は主に日本国債市場についてでしたが)は真逆で、同じように彼から質問を受け、意見を答えて、その時は彼は一言も議論をせず、じっと私の目を見て話に聞き入り、部屋を出ると彼は相場観を180度転換しました(私と同じ方向に変えました)。因みにその決定は見事に的中しました(自慢話のようですいません)。今回はその時とは違います。相場観の一致。どうやって売らないでいるかがテーマだ、とまでも云っていました。

 4月30日につぶやきで書いた「総量規制の逆」、即ち今日本で起きていることは、ほぼ四半世紀ぶりの金融政策の大転換であり、その波動はかなり大きく長いものである可能性があるという考え方に、私は更に傾倒しています。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース