「「比較ビズ」のビジネスモデルって?」
「マッチングサイトを運営するうえでの注意点とは?」


近年、人と人、企業と企業をつなぐマッチングサイトに注目が集まっています。
その中で、日本最大級と言われるビジネスマッチングサイト「比較ビズ」


「比較ビズ」における発注者・受注者からみたメリットや、
マッチングサイトを運営するうえでの注意点とは

今回は「比較ビズ」のビジネスモデルについて、解説していきます。

ビジネスマッチングサイト「比較ビス」とは?

マッチングサイトというのは、ある分野において、

企業や個人間での需要と供給を結びつけるサイトです。

 


たとえば、インターネット上に不要なものを出品できるフリーマーケットサイトや、

男女の出会いをサポートする婚活サイトなどが挙げられます。

 

 

これらは個人と個人を結びつける、いわゆるCtoCのビジネスモデルであり、

利用者が必要とする「場」を提供することで収益を得ています。

 

 

「比較ビス」が結びつけるのは、

「仕事を請け負いたい受注者」と「仕事を依頼したい発注者」

 

通常、仕事を請け負いたい場合であれば営業をかける必要がり、

仕事を発注したい場合には業者を探し、比較検討する手間がかかるもの。

 

 

比較ビズは、そんな企業と企業の間に立つことで、

双方を悩ませていた手間を解消することを目指しています。

 

比較ビズはどこから収益を得ているの?

比較ビズを利用する発注者は、

一括の見積もりや相談などをすべて無料で行うことができます。


では、比較ビズはどこから収益を得ているのか。

 

その答えは、受注側の企業から。

 

 

比較ビズは、受注側である掲載企業から、

広告費という形で月額料金を集め、収益をあげているのです。

 

比較ビズのような収益方法は、

「掲載課金モデル」または「月額課金モデル」と呼ばれます。

 

 
 
発注者からみた比較ビズのメリット

発注者は無料で全国の専門家・業者を検索することができ、

一括見積を依頼することができます。

比較機能を利用すれば、相手の実績や評価、

口コミなどをもとに簡単に業者の比較検討ができるのです。

 

自分で業者を探してそれぞれに見積もりを依頼する手間が省けるうえ、

依頼する作業の相場を知ることができるのは、発注者にとって大きなメリットといえるでしょう。

 

 

受注者からみた比較ビズのメリット

比較ビズを利用すれば、類似サイトよりも安価な価格で自社を宣伝することができます。
掲載しているだけで一括見積の対象になるため、

自然と顧客の目に触れる機会が増えるのです。

 

また、ほとんどの案件は比較ビズのスタッフによって詳しくヒアリングされているため、

実際に商談を進めていく過程で、業務内容に認識の差が出にくい点も魅力の一つです。

 

マッチングサイトを運営する際の注意点​​​​​​​

マッチングサイトに新たに参入する場合、注意すべき点が3つあります。

 

1. 初期費用がかかる​​​​​​​

ハード面(マッチングサイトそのもの)の環境を整えるために初期費用がかかります。

2. ソフト面の整備

どの様な需要と供給を結び付けるのか。また、収益を上げるためにはどの課金モデルを選択するかもしっかり検討する必要があります。

3. 営業開始の許可届が必要になることも

マッチングサイトの種類によっては、営業を開始するために許可届が必要になります。

 

 

いかがでしたか?

 

 

新しいWEBサービスをいち早く軌道に乗せるためには、

すでに成功しているビジネスモデルを研究して、

真似をすることも非常に大切なのではないでしょうか。

 

 


続きは、本サイト「マネタイズ HACK」にて、より詳しくご紹介しています。

 

日本最大級BtoBマッチングサイト“比較ビズ”の5つのビジネスモデル

https://monetizehack.com/monetize/btob_business-model/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!