「せっかく起業するなら海外進出したい・・」
「言語・文化・・海外でやっていけるのか?」

海外での起業は国内と比べて
ハードルが高いと思い込んでいる人は多いのではないでしょうか。

もちろん、海外でのビジネスにはメリットもあればデメリットもあります。
しかし、海外に飛んで成功した日本人経営者は何人もいるのが事実。


海外でのビジネスの成功例とは?
起業するのにおすすめの国は?
今回は、海外での企業を目指すあなたへ
海外での企業に必要な準備や注意点、成功例を解説していきます。
海外で起業する5つの事前準備とポイントについて

起業で成功するため、まずは事前準備に必要なことと、

その際のポイントについて確認しておきましょう。

 

1. 入念なリサーチと人脈、資金調達

2. どのエリアに会社を置き、住むのかを決める

3. 会社登録証明書を取得する

4. 銀行口座の開設

5. できれば長期滞在ビザの取得

 

あわせて、海外で起業するメリットとデメリットについても知っておくといいでしょう。



海外で起業するメリット

国や地域によっては日本人が経営する会社というものが少なく競合も必然的に少なくなる

・物価が安い国であれば初期コストを大きくかけずに済む

・暮らしていくのにもお金がそれほどかからない



海外で起業するデメリット

・現地でのコストなどが安いということは、それほど多くの利益にはならない。

・相手は言葉を自由に扱えたりコネクションがあったりと、独自の強みがある

・実践上のビジネスでは押し負ける恐れがある(自分の会社のほうが優秀であっても)

 

 

このように海外での起業にはデメリットもありますが、

日本で鍛えられたビジネスやサービスのセンスをフルに活かせば、経営を軌道に乗せることも決して夢ではありません。


いかがでしたでしょうか。

本サイト「マネタイズ HACK」では、

海外での起業成功事例や、おすすめの地域、注意点など詳しく解説しています。

 

海外で起業するには? 準備から成功モデル徹底解説

https://monetizehack.com/businessmodel/world-business-chance/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!