「フランチャイズで成功したい」
「マクドナルドでオーナーになるメリットって?」


ハンバーガーの代名詞とも言える「マクドナルド」には、
フランチャイズ展開を初めて40年以上の歴史があります。


コンビニをはじめ、様々な選択肢がある中で、
マクドナルドでフランチャイズオーナーになるメリット
また長く愛される店舗を経営するための戦略とは。

 

 

今回は、マクドナルドフランチャイズについてご紹介していきます。

マクドナルドについて

マクドナルドは、アメリカに本社を置く、フランチャイズ企業であり、

その事業は、世界規模で展開されており、誰もが知るハンバーガーチェーンとして、

その地位を確立しています。

 

 

日本におけるマクドナルドの経営は、日本マクドナルド株式会社が担っており、

日本の店舗数は約2,900店舗(2018年調べ)。

しかしその長い歴史の中で、常に成功してきたわけではなく、

さまざまな戦略を実践して、分析してを繰り返しているのです。

 

 

現在は、経営状況は2015年の過去最大の赤字から徐々に回復傾向にあり

今後の戦略が楽しみなところです。

 

マクドナルドのフランチャイズ詳細

マクドナルドのフランチャイズは、店舗資産等を購入することになります。

フランチャイズオーナーとして新規フランチャイジーとなる場合の選択は以下の2通り。

  • 自ら新規店舗を開店する
  • 既存の店舗を取得・購入する

ランチャイズオーナーの詳細としては、

  • 年齢制限:年齢制限なし
  • フランチャイズ期間:10年間
  • ロイヤリティ:
    広告宣伝費:4.5%
    ロイヤリティ:3%(店舗の合計売上に基づく割合)
    レント・ロイヤリティ:店舗の合計売上に基づく一定割合。または、固定ベースレント金                      
  • 初期費用:加盟金250万円 開業資金は、購入店舗によって異なる。また、自己資金は、店舗購入金額の25%以上あることが条件とされている。

 

フランチャイズオーナーに求めるもの

フランチャイズオーナーを目指す人には、

経営者として必ず成功するという熱意を持ってほしいといいます。

オーナー自らの手腕によって、成果に大きな違いが出てくることを知っているからでしょう。

  • ジネスを成功させる強い意志
  • 人の成長が会社の成功(人材育成)
  • 最大限の努力を続ける
  • 長期にわたるトレーニングプログラムに参加する

 

開店までのプロセス

実際にフランチャイズオーナーになるまでのプロセスは以下の通りです。

 

1.説明会への参加

2.店舗研修とインタビュー

3.店舗研修とプラグラム

4.フランチャイズ契約

 

この一連の流れをみると、世界レベルの運営・経営を学べるチャンスがあります。

しかし、契約までの期間が長いので、モチベーションの維持も必要となり
だからこそ、「必ず成功する」という熱意があることを求められるのです。

 

フランチャイズオーナーになるメリット

 

開業後は、ビジネスコンサルタントが窓口となり、開業のサポートに入ります。

すでに経営やマーケティングに関する知識は備わっているので、

実際に動き出してからの目標や財務に関する相談になります。

 

現在、日本にはフランチャイズオーナーが約200名おり、(マクドナルドのビジネスより)

自信が保有する店舗は平均10店舗、平均年商は約20億円といわれています。

 

 

フランチャイズオーナーの2つのデメリット

マクドナルドのフランチャイズのデメリットについても、ご紹介しておきます。
 

1.ブランド力の低下による低迷

2.ロイヤリティが高い

 

 

フランチャイズには、メリットもあればデメリットもあります。

マクドナルドでは惜しみなくノウハウを伝え、

いち経営者として頭角をあらわして欲しいと考えています。

 

 

「フランチャイジーの成功とともに、マクドナルドの成長がある」という企業願いのもと

道のりは長いですが、フランチャイズオーナーの実績をみると、

チャレンジしてみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 


続きは、本サイト「マネタイズ HACK」にて、より詳しくご紹介しています。

 

脱サラも夢じゃない!? マクドナルドフランチャイズのメリットデメリットまとめ

https://monetizehack.com/businessmodel/mcdonalds-good-bad-answer/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!