「シェアハウスを経営するメリットって?」

「シェアハウスのビジネスモデルとは?」

複数人で賃貸を共有するシェアハウスは、
一人暮らしよりも初期費用や家賃が抑えられることから近年大きな注目を集めています。

利用者は若い人を中心に広がっており、
需要は今後も増えるであろうシェアハウスのビジネスモデル、経営を成功させる秘訣とは。


シェアハウスとは

自分の部屋以外にキッチンやバスルームなど共有スペースを持つ賃貸住宅で、複数人が同じ屋根の下に住む新しい賃貸スタイルの事を指します。

一般的な賃貸に比べて初期費用や家賃を抑えられるうえに、駅に近い場所や広い部屋を使えることがシェアハウスの最大の特徴です。

 

 

1. シェアハウスを経営するメリット

 

最大のメリットは、一般的な物件に比べて高い収益を得られる点です。

 

通常シェアハウスは、トイレやバスルーム、キッチンなど一つの共有スペースを複数人で共有するため、一つの住宅でも個室の分だけ住居者を入れられ、

個室を増やして住居者を増やせば、それに比例して多くの家賃収入を得ることができます。

 

 

近年注目を集めるシェアハウスは、入居者が集まりやすいことが挙げられます。
入居者がシェアハウスに住むメリットとしては、

・「保証人が不要」

・「初期費用がかからない」

・「入社同士で交流できる」

などさまざまです。

シェアハウスの経営方法は3つ

1. 自分が物件の所有者になる場合

 

シェアハウスとなる一戸建てを購入、もしくは賃借して入居者に貸し出し
実際にシェアハウスの管理や運営を行うため、ある程度の知識が必要にります。

自分ですべて行うため、大変さはあるものの管理会社に委託費などを支払う必要がないので
コストがかからないことが大きなメリットとなります。

 

 

2 シェアハウスの運営や管理のみ管理会社に委託する場合

 

シェアハウスに適した物件を探す必要はありますが、運営や管理は自分で行わなくてもいいので負担にはなりません。
ただ、物件を購入する費用に加え、管理会社に支払う費用も発生するためコスト面では負担が大きいといえます。

 

 

3 物件は所有せずにシェアハウスの運営や管理を委託する場合

 

委託費用が利益になるので若干報酬は少なくなるが、物件を保有しない点ではリスクが低いといえます。

 

ただ、初心者がいきなりこの方法ではじめると失敗するリスクも大きいため、まずは物件を賃借して運営や管理を行うのが賢明です。

 

 

 

 

 

シェアハウスを成功させる秘訣

 

1 シェアハウスのコンセプトを明確にする

2 ルールを設定する

3 入居審査は対面で行う

 

 

 

シェアハウスの運営や管理はある程度ノウハウが必要になりますが、経験を積むことで安定的な家賃収入を手に入れられるのが特徴です。

一番大変な運営や管理は、管理会社に委託することもできるため、興味がある人は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。



続きは、本サイト「マネタイズ HACK」にて、

より詳しくご紹介しています。

 

シェアハウスのビジネスモデルに学ぶ!経営を成功させる秘訣

https://monetizehack.com/matchingmodel/shared-residence/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!