「今注目のアプリ事業で儲けたい!!」
「オススメの収益化モデルって?」

さまざまな企業が新規参入し、市場規模の広がりを見せる「アプリ事業」

大きな利益を生み出している事例は数多くありますが、
これから参入する企業にはまず、
マネタイズの手法や仕組みを理解する必要があります。

まずは知っておくべき
モバイルアプリ市場やマネタイズの仕組みとは。

 

モバイルアプリの市場と今後の展望

1.モバイルアプリ市場について
モバイルアプリの市場は急速に成長しており、

アプリ開発に携わるエンジニアも増加しています。

アプリの数そのものが増加していることはもちろんですが、

アプリ内広告やアプリ内課金などによる収益モデルも世界的に普及しています。


2.モバイルアプリの今後の展望
アプリに関する市場データの分析・調査を行っている企業によると、

モバイルアプリ業界の総年間収益は4.4兆円を越え、

今後さらに増加する予想となっています。

新規事業としてモバイルアプリを始める企業も増えてきてはいますが、

市場はまだ飽和状態になっておらず、まだまだチャンスがあるといえます。

 

アプリ内課金について

アプリ内課金とは、モバイルアプリには欠かせない収益化する仕組みのことです。
 

無料でも十分に使用できるが、「これがあったらいいな」とか、

「特別なアイテムが欲しい」という、ユーザーの欲求を満たすために

あえて有料サービスやコンテンツを用意し、

ここで購入をすることを「アプリ内課金」といいます。


アプリ内課金の仕組み
ユーザーは、サービスやコンテンツを購入する際、

アプリストアが用意した決済方法で支払うことができます。

アプリ内で課金する際は、


・アプリストアに一定の料金をチャージする
・クレジットカード情報を登録する


一度チャージしておくと、あとはアプリ内の購入画面で手続きするだけで決済が完了します。

アプリによっては、ユーザーがその都度課金するのではなく、

月々の利用料金を設定して収益化しているのです。

 

 

 

フリーミアム型の収益モデル

 

フリーミアムとは、基本無料のモバイルアプリに、

一部有料のサービスを組み込ませることで収益化するビジネスモデルです。

 

具体的には、追加料金を支払うと、機能が追加できたり、

サービスを継続して利用することができます。

 

※フリーミアムでサービスを提供する際の注意点

数あるアプリの中から、ユーザーが選ぶ理由に「無料のアプリ」ということが挙げられます。

無料が大前提で利用する中で、いかに自然な流れで

ユーザーが有料のサービスやコンテツを購入する仕組みが必要になるのです。

 

アプリ内課金のメリット

アプリ内課金の2つのメリット

・ユーザーを集めやすい

ダウンロードが無料になっているため、ユーザーが少しでも興味があれば、躊躇なく利用してもらえる可能性が高くなります。

 

・ユーザーに与える心理的な負担を軽減できる

課金するタイミングはユーザーに委ねられている。ユーザーは、料金を負担しなければならないという心理的な負担が軽減される。

 

アプリ内課金の2つのデメリット

・収益化の仕組み作りに大きなコストがかかる

ユーザーに課金してもらうための仕組みを作らなければならず、アプリそのものを開発するコストに加えて、この仕組みを実装するためのコストが発生します。

 

・企業努力を怠ると、ユーザー離れが加速する

魅力的なコンテンツ・サービスの展開できなければ、ユーザーは飽きてしまい、他のアプリを利用する結果になるでしょう。

 

 

これからアプリ事業をスタートする企業は、

マネタイズの仕組みを理解することが重要です。

 

仕組みを理解して、自社にマッチした収益化モデルがどれかを判断し、

メリットやデメリットも理解すると、

リスクを軽減しつつ収益化を目指しやすくなるのではないでしょうか。

 

 

 


続きは、本サイト「マネタイズ HACK」にて、より詳しくご紹介しています。

 

アプリのマネタイズで知っておきたい4つのメリット・デメリット

https://monetizehack.com/freemium/mobile-apuri-good-bad/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!