「「ミレニアル世代」の育て方って・・?」
「新卒社員には一人でも多く残ってもらいたい!」

会社にとって新卒で入社した社員というのは、
今後の発展のために必要な人材だと判断したからこそ採用しているわけだから、
即戦力ではなくても期待をするのは当然の事。

しかし新卒社員は様々な理由から離職を考えやすい。
そこで、先輩・上司として知っておくべき離職理由や接し方とは。


今回は
会社として将来を担う人材育成のために何をしたらよいのかを、追求してみたい。
新卒社員が離職する3つの理由

一流大学を卒業しても、1社の内定をもらうことが厳しいという時代。

希望通りに入社できた人もいれば、

なんとか内定がもらえた会社に入社するという人もいます。

 

それぞれにモチベーションは違いますが、

入社するまでの経緯に関係なく、離職する新卒社員がいるのは事実です。

 

新卒社員が離職する理由としては、以下が挙げられます。

 

  • 理想と現実の違い
  • 学生気分が抜けない
  • 職場の環境に馴染めない

 

こういった理由から

新卒社員の離職率は、3年以内で約3割と言われており、
3年以内であれば、第二新卒として扱ってもらえるため早期離職が減ることはないでしょう。

 

離職率を下げる3ポイント

会社の発展や将来のことを考えれば、

新卒社員には一人でも多く残ってもらいたいと考えるもの。

では、どのようにしたら、離職率を下げることができるのでしょうか。

 

  • 会社・新卒社員、双方の不一致をなくす
  • 目標を明確に示す
  • 現場の状況を把握しておく

 

そして何より、新卒社員の悩みに寄り添うことです。

 

具体的には

  • 話を聞く機会を作る
  • セルフケアを教える
  • コミュニケーションをとる

 

まずは、気にかけて「いつでも話を聞くよ」というスタイルでいること。

頭ごなしに怒っても、相手は萎縮するばかりですので

寄り添うことで味方がいるということに気づいてもらう事が大切です。

 

 

 

お互いに生きてきた時代が違えば、経験してきたことも違います。

悪いところ探しをするのではなく、良いところを見つけていくこと。

 

それが会社の発展に繋がるだけでなく、互いの実績と自信にもなります。
離職率を下げ、優秀な人材育成に繋がることを願っています。

 


続きは、本サイト「マネタイズ HACK」にて、より詳しくご紹介しています。

 

新卒社員の離職率を下げる3つのポイント

https://monetizehack.com/monetize/3point-new-face/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!