「意外なビジネスの成功例が知りたい」
「健康寿命日本一×アプリ=?」

「人生100年時代構想会議」というフレーズを聞いたことがあるでしょうか。

政府が
「人生100年時代を見据えた、経済社会システムを創り上げるための政策」
として取り組んでいる政策の事です。
そんな中、健康寿命日本一を目指す富山県が
アプリを活用した地方創生に乗り出しています。

県民の健康への意識を高めながら、地方創生として、できることとは。
今回は、この取り組みに迫ってみます。
アプリ歩数計を利用してご褒美をもらう

富山県が行なっているのは、

スマートフォン向けの歩数計アプリで、「元気とやまかがやきウォーク」といいます。

 

その内容を見てみると、北陸新幹線の駅「新高岡から東京までの往復を目指す」というもので

その他にもユニークなサービス機能があります。

 

  • 毎日の健康チェク(体重入力)
  • 健康クイズ
  • ミッションにチャレンジ

これを達成することでポイントが獲得でき、

こうして貯められたポイントは

定期的に開催されるキャンペーンに応募することができるのです。

行政・協賛会社・アプリ利用者の全てにメリットがある

実は、このキャンペーンに応募ができるのは、富山県内に在住の方のみとなっています。

アプリ自体は誰でも使用することができますが、元々の主旨としては「富山県民の運動習慣の定着を応援するもの」となっているからです。

 

 

富山県が目指しているのは、「健康寿命日本一」。

健康的に暮らせるとなれば、良いイメージで富山県をアピールすることができます。

 

 

地方の人口減少や高齢化が問題とされているなか、

だからこそ、地方にも興味を持ってもらい、移住、観光、ビジネスの分野で発展させていきたいところです。

 

いかがでしたでしょうか。

 

地方創生でも、ビジネスでも同じだが、まずは知ってもらうチャンスを作ることが必要です。

富山県の取り組みを、ぜひ、あなたのビジネスの参考にしてみてください。


続きは、本サイト「マネタイズ HACK」にて、より詳しくご紹介しています。

 

健康寿命日本一を目指す富山県の地方創生チャンス

https://monetizehack.com/application/apuri-toyama-health/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!