「ルパン三世×FIATそこにはどんな関係が?」
「自分の思いを発信することのビジネスメリットとは?」

「ルパン三世」生みの親、漫画家モンキー・パンチ氏
彼の訃報を受けて、ルパン三世の愛車として有名な「FIAT JAPAN」が
メッセージを配信しました。

ルパン三世とFIATの関係から見るビジネスの形とは?


今回は、
今回は、アニメ製作者と企業との関係について迫っていきます。


ルパン三世の愛車と言われるFIAT500

ルパン三世の生みの親である漫画家モンキー・パンチ氏が

2019年4月11日に肺炎のため亡くなりました。

 

FIAT JAPANは、公式Twitter(FIAT フィアット@FIAT_JP)にて

モンキー・パンチ氏を追悼するツイートを配信。

 

ルパン三世がFIAT500に乗る画像とともに配信されたツイートには、5万を超える「いいね」があり、ルパン三世の人気の高さと、彼の愛車として認められていることが伺えます。

 

 

アニメ製作者と企業の互いがファンであること

アニメのキャラクターが愛用するものは、

実はアニメ製作者が憧れるものであったり、

愛用しているものが反映されているケースが多いと言われています。

 

FIAT500の場合は、「カリオストロの城」でアニメーターを務めた大塚康生氏の愛車です。

 

また、さらには、FIAT500を日本でローンチするために来日した、マーケティング本部長のティツィアナ・アランプレセは、ルパン三世のファンであり、モンキー・パンチ氏に協力を求めたともいうのです。

 

  • 「アニメとコラボしたい!」
  • 「企業の協力を得たい!」​​​​​​​

 

こう考えても、まずはコネクションがないし、

双方の意見が一致しなければ実現までたどり着けないものです。

 

 

しかし、自分の好きなものやファンだと言うこと、言葉にして発信を続けることで思いもしないところから、声がかかることもあるのです。

 


あなたも、自分の思いを発信することで、

夢のコラボレーションを実現できるかもしれませんね。

 

いかがでしたでしょうか。

 


続きは、本サイト「マネタイズ HACK」にて、より詳しくご紹介しています。

 

モンキー・パンチ「ルパン三世」×FIATの絆が生んだコラボ秘話

https://monetizehack.com/matchingmodel/rutan-fiat-love-car/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!