「Win-Winの精神が作り出すビジネス!?」
「返品商品の物流と販売の新たな価値とは!?」


次なるユニコーン企業(時価総額が10億ドルを超える非上場の企業)ともいわれ
注目を集めている企業Optoro。

米国における返品商品の物流と販売に新たな価値を見出すことで成功したOptoroの
ビジネスモデル成功の秘訣とは?



そこで今回は
返品商品から新たな価値を生み出す「Optoro」のビジネスモデルを解説していきます。
米国における返品と廃棄の現状

どんなものでもインターネットを通して簡単に購入できるようになった反面、

商品の返品率は上昇傾向にあるといいます。

 

 

米国には、消費者がECサイトで購入する商品のうちの10〜15%が実際に返品されているという現状があり、

これは、金額にすると1年で5000億ドルにものぼる規模。

 

 

・返品商品の再販は利益が出ない

・返品商品にはコストがかかる

 

 

といった返品と環境の問題について

すでに米国では、物流大手を中心に解決方法が模索されている段階にあり、その中でも注目されているのがOptoroのサービスです。

返品商品に価値を与えるOptoroのサービスとビジネスモデル

Optoroは、小売業者が抱える返品の在庫を自社のECサイトで再販する形で活用しています。

 

1.小売の再販コストを削減
2.購入者には価格メリットを提供
3.サステナブルな社会づくりにも貢献

 

これらは、独自のテクノロジーを用いた最適化により、これまでコストばかりが大きかった返品商品から利益をあげられるサービスとなっています。

 

 

 

さらにOptoroは、ロジスティクス大手のUPSと提携することによりサービスを展開する形をとっており、

 

・再販による利益を最大化する仕組み

・再販できない商品にも価値を与える仕組み

 

を確立しています。

そサービスの核となっているのは、「Optitune」と呼ばれるITシステム基盤で、

 

Optoro自身のECサイトであるBLINQBULQ

AmazonやeBayなどの大手マーケットプレイスを活用し

これまで利益を出すことが難しかった再販ビジネスを現実的なものにしたのです。

 

 

 

Optoroは、AIのテクノロジーを活用して返品商品に新しい価値をもたらすことに成功しました。

その根底にはWin–Winの精神があり、日本でも今後同様のビジネスが求められる可能性は大いにあるのです。

 


いかがでしたでしょうか?



続きは、本サイト「マネタイズ HACK」にて、

返品商品ビジネス成功の秘訣についてご紹介しています。

 

返品商品から新たな価値を生み出す「Optoro」ビジネスモデル成功の秘訣

https://monetizehack.com/monetize/optoro/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!