「転職希望者を紹介するプラットフォーム?」
「SCOUTERのビジネスモデルとは?」

転職希望者を紹介するプラットフォームであるSCOUTER。

ネットワークが普及した現代では、次々に新たなビジネスモデルが誕生しています。
そのなかで、これまでになかったポイントに着目した
ビジネスモデルを採用していることで注目を集めているサービス
SCOUTERとは?


この記事では、起業家やビジネスに興味のある人に向けて、
SCOUTERのビジネスモデルを中心に紹介してきます。
1. SCOUTERのサービス概要とターゲット層について

1:サービス概要

 SCOUTERのサービスを端的に表現すると

「転職希望者を紹介するプラットフォーム」です。

 

ユーザーは、SCOUTERが提供するプラットフォームを利用して、身の回りの友人や知人(タレントと呼ぶ)などの人材を募集している企業に紹介することができ

無事にタレントの就職が決まった場合は、スカウターとタレントの両者に対して

お祝い金が支給される仕組みです。

そのため、スカウターの主な利用目的は副収入を得ることとなります。

 

 

2:ターゲット層について

 基本的なターゲット層としては、

「これまでに個人的に転職の相談に乗った経験のある人」や

「すでに人脈を築いていてビジネスに活かしたいと考えている人」です。

 

2. SCOUTERの目指す価値観​​​​​​​とビジネスモデル

SCOUTERの利用を通してさまざまな人たちを幸せにすることを理念としており、

そのためにプロダクトの開発に力を注いでいます。

 

「プロダクトの成長なくしては会社も成長しない」という考え方をしているのが特徴です。

 

 

では、SCOUTERはどのようにして収益を上げる構造になっているのでしょうか。

 

 

1:サービス利用の流れとスカウターやタレントが受け取る報酬について

 

スカウターが推薦した企業に転職が決まれば年収の5%が支払われるほか、相談に乗っている時間は時給として1000円が支払われます。

 

2:SCOUTERの受け取る報酬

 

SCOUTER側は、タレントの転職先での初年度年収の30%を手数料として請求するビジネスモデルになっています。

3.SCOUTERはアフィリエイトのオフライン版?​​​​​​​

SCOUTERは、求人を募集している企業に人材を紹介するサービスです。

 

アフィリエイトが、「商品を販売したい企業」「商品を購入したい消費者」を結びつけて紹介料を得るシステムに対し、

前者を「求人を募集している企業」、後者を「転職を希望する人」に置き換えれば、SCOUTERはアフィリエイトのオンライン版だという事がお分かりいただけるでしょうか。

 

 

ネットワークが進化している現代だからこそ、SCOUTERのようなサービスの今後の発展から目が離せません。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

オウンドメディア「マネタイズ HACK」では、
SCOUTERのビジネスモデルについて

詳しくご紹介しています。

 

 

オフライン版のアフィリエイト!? SCOUTERが提案する新しいビジネスモデル

https://monetizehack.com/businessmodel/scouter/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!