「ユニークなシステム「未来食堂」?」
「新しいビジネスモデルを成功させるポイントとは?」

他の店にはないユニークなシステムで話題を集めている
「未来食堂」をご存知でしょうか。

カウンター12席の小さな定食屋が始めた
型破りながら、確実に黒字を出すビジネスモデルとは?

今回は、未来食堂が示した
新しいビジネスの可能性と戦略を解説していきます。
未来食堂とはどんな店なのか?

未来食堂は、東京都千代田区の神保町にある
カウンター12席の小さな定食屋です。

 

 


店主の小林氏は、「世間には融通のきかない店がある」と言います。

そんな小林氏の食堂のコンセプトは、「あなたのふつうをあつらえます」。

 

つまり、

客の素朴な要望に対応してカスタマイズするのが未来食堂の特徴です。

 

未来食堂のシステムは独特で、

客の好みに合わせたカスタマイズ以外にも、変わったシステムが豊富。

 

1.まかない

2.ただめし

3.さしいれ

 

と呼ばれるシステムは、

一般的な「働いた代わりに経済的対価を受け取る」という交換とは離れて、

時間とモノとの交換や、知らない誰かへの差し入れといった素朴な交流体験ができるのです。

未来食堂の効率的な運営の仕組み

未来食堂の運営方法としては、

 

1.効率性:飲食店としてのオペレーションは厳しく徹底

2.コスト:未来食堂には人件費・食材費を抑えられている要因がある

3.人件費:「まかないさん」や「賄い券」により相互にwin-winの信頼関係を確立している

4.メニュー:客の好みをあつらうという一見非効率なコンセプトを実現しながら、

       実は持続可能な形をとっている

 

顧客満足度の確保と、それを維持するための効率化を両立するビジネスモデルは、

業種業態を問わず参考にしたいポイントです。

 

未来食堂が示した新しいビジネスの可能性と戦略​​​​​​​

未来食堂は、店主の人柄や他にはない独特の取り組みで、

多くの人に共感や感銘を与えています。

 

しかし、全てが型破りなのではなく、

実に合理的なオペレーションで黒字も実現している点は忘れてはいけません。

 

良いコンセプトを実現するには、

柔軟な発想とビジネス思考のどちらも必要と言えるでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

オウンドメディア「マネタイズ HACK」では、
「未来食堂」から学ぶビジネスモデルについて

詳しくご紹介しています。

 

 

「未来食堂」から学ぶ“世界でたったひとつ”のビジネスモデルの作り方​​​​​​​

https://monetizehack.com/businessmodel/future-cafeteria/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!