「ビジネスにおいて結果が出る!?」
「マーケティング戦略にインスタストーリー!?」

インスタグラムの勢いは止まるところを知りません。
世界で月間10億人、日本では月間2,900万人のアクティブユーザーがいます(2018年)。


これだけ急成長をしながら、
インスタグラムは「ストーリー 」という新しい機能を追加しています。


これだけの人気のアプリにおいて、
新しい機能をビジネスに取り入れることはできるでしょうか?

マーケティング戦略にも活用できる
インスタグラムのストーリー のビジネスチャンスとは?

ここでは、ビジネスにおける
インスタグラムストーリーの活用方法についてご紹介していきます。
1. インスタグラムの特長

 

日本で展開されているSNSの中で、人気になっているインスタグラム。

世界規模で見ると、Facebookが一番人気で変わりないが、

日本でのユーザー数はインスタグラムが抜いています。

 

 

インスタグラムのメインユーザーは、女性であり、年齢層は20代〜40代。

コスメ・ファッション・グルメなど、ジャンルが広く情報量が豊富なことから、

検索エンジンではなく、インスタグラムでの情報を頼りにしているユーザーがいるほどです。客との距離が近い

2. 新機能 ストーリーについて

インスタグラムでは、写真や動画の投稿以外に、IGTVやFacebookとの連携など、

さまざまな機能がありますが、ストーリーもその1つ。

 

 

その機能としては、

 

1.24時間で消える

ストーリーでは、1枚または複数枚の写真と動画をスライドショーのように表示していきます。
通常の投稿と同じようにメッセージや「いいね」ができますが

投稿時間に制限があり、24時間で消えてしまい、「あとで見る」というわけにはいきません。

 

2.ライブ配信

ストーリーでは、ライブ配信も可能。イベントなどをフォロワーと一緒に楽しむこともできます。

 

3.アンケート機能

「はい・いいえ」で答えるシンプルなものですが、フォロワーから直に反応が返ってくるので、

参考意見として商品開発に活かせるのはメリットです。

 

4.ハッシュタグの活用

通常の投稿と同様にハッシュタグを使って投稿することができます。

機能的にも同じなので、マーケティング戦略として活用したい機能です。

 

5.スワイプ機能

ストーリ投稿画面の下部に「もっと見る」と表示されるもの、これがスワイプ機能です。

ここには、自社サイトやキャンペーンのランディングページなどのリンクを貼ることができます。

 

6.今を共有する

ストーリーの良いところは、多くの人たちと今を共有することができること。

3. 限定感でユーザーを惹きつける

1.ストーリーの中だけで情報配信

24時間で投稿が消えるということは、この投稿を「見れた人と見逃した人」に分けられます。

ビジネスとして注目したいのは、「見れた人」。

投稿を見ることができた人にだけ、キャンペーンやイベントを告知して、

ストーリの中だけでURLやキーワードを発表する。

これだけでも十分に話題性があります。



ストーリーでできる豊富な機能を使って投稿することで、データ収集や分析もできるから、

マーケティングの戦略にも利用できます。

ストーリーを活用ありきで、インスタグラムでのビジネス展開を考えてみてはいかがでしょうか。

本サイト「マネタイズ HACK」では、

企業によるストーリーの活用事例を多数ご紹介しています。

 

結果が出る! ビジネスで使えるインスタグラム「ストーリー」の5つの機能と事例

https://monetizehack.com/monetize/instagram-how-to-story/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!