「少子化問題はビジネスチャンス!?」
「婚活ビジネスを成功させる方法とは!?」

明るいニュースが少ない日本経済を見ていると、
雇用や収入の面で、結婚や出産に明るい未来は感じることは難しいもの。
そんな中、
いまの若者は、結婚や出産についてどう考えているのでしょうか?

今回は、
昨今の結婚へ向けた若者の動向と、
婚活事業におけるビジネスチャンスについて解説していきます。


名称変更で、新しい出会いを提案する

2019年4月、結婚の情報雑誌で有名な「ゼクシィ」から誕生した、

結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」が

「ゼクシィ縁結びエージェント」へと名称変更となりました。

 

名称変更に至ったのは、20代の会員が増加したという背景があります。

 

「ゼクシィ縁結びエージェント」のサービスとしては、

 

  • あくまでも寄り添うように「いつでも話を聞きますよ」というスタイル
  • 一人ひとりに対して専任のマッチングコーディネーターを付ける
  • デートの服装や悩みにメールでアドバイスする

 

と、若い世代に受け入れられるサービスを実施しています。

 

行動するきっかけが欲しい若者​​​​​​​

深刻な少子化問題を前に、

政府も結婚相談所や婚活事業には期待を寄せています。

 

そんな中、

  • 出会いがない
  • 積極的な行動ができない

と悩む若者が、

そのチャンスを得るために、結婚相談所への入会しているのです。

 

お見合いだけでなく、

婚活パーティーやスポーツを一緒に行うイベントを開催すれば、

多くの若者世代も参加するでしょう。
 

デートでどんな話をしたら良いのか? 

会話が続くポイントをアドバイスするのはどうでしょうか?

 

 

結婚相談所、婚活事業といった

今後も成長すること間違いなしのビジネスに大注目です。

 


続きは、本サイト「マネタイズ HACK」にて、より詳しくご紹介しています。

 

若者だって結婚したい! 名称変更にみる今後の婚活事業​​​​​​​

https://monetizehack.com/businessmodel/young-marriage-change/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!