「伝統文化の悩み=起業時の悩み?」
「起業時の時間と知識不足を補う方法とは!?」

有形・無形を問わず受け継いできた日本の伝統工芸・伝統文化

今、伝統文化の継承、繁栄させる問題は深刻なものとなっているが、
実は、起業時の悩みととても良く似ています。

起業における、時間や知識不足、
ウィークポイントをプラスにする方法とは?


今回は、伝統文化から起業時の悩みや成功へのポイントを考えてみましょう。
和傘が伝える伝統文化と桜の美

今注目を集めている 「岐阜和傘の桜型和傘」

美濃和紙でも知られる岐阜県は、和傘の産地でもあります。

 

「メリー・ポピンズ リターンズ」のジャパンプレミアにて、

主演女優に和傘を渡すというオファーを受け製作制作された、桜型の和傘

 

主演女優が喜んだのはもちろん、その様子はメディアとSNSを通じて伝え広がることに。

 

 

また、クラウドファンディングにて、

「伝統工芸の体験拠点」を作りたいという呼びかけに対しても、

187人から300万円の支援が得ることに成功しました。

 

起業を成功させるポイントは「繋がり」

業種を問わず、マーケティングやSEO対策など、

さまざま手法を駆使しているのは、ユーザーの興味・関心を引きつけ、

集客や販売へと繋げるためです。

 

 

しかし、伝統文化に携わる職人にそれができるのかと言えば、できないでしょう。

 

そんな時、

できないことや必要だけど知識、時間が足りないと思う作業は、

それを仕事とする個人や会社に頼ればいいのです。

 

誰かに頼る。とても簡単なことですが、

起業する時にこれができず、行き詰まる起業家がいます。

 

  • 人と話して繋がること
  • 素直に頼ること
  • クラウドファンディングで協力を得ること
  • 起業家のコミュニティに入ってシェアできる仲間を見つけること
  • コンサルを受けること

など、さまざまな方法で繋がりを持ち、事業拡大のために、

たくさんの人の協力を得ることを考えてみてはいかがでしょうか。

 


いかがでしたでしょうか?

続きは、本サイト「マネタイズ HACK」にて、

より詳しくご紹介しています。

 

伝統文化が抱える問題と起業時の悩みの共通点

https://monetizehack.com/startup/japann-culture-start-up/

 

ぜひこちらも参考にされてくださいね!