こんにちは!!

マネササイズ! チーフトレーナーのナカミチです。

 

2019年の税制改正は、どうしても10月に予定されている消費増税が目立ちますが、

その増税に伴って、いくつか同時に施行される政策が予定されています。

今回は住宅ローン控除の拡充について見ていきましょう。

 

§住宅ローン控除とは

住宅ローン控除は、個人が居住用に住宅を購入した場合、ローン残高に応じて、所得税が控除されるものです。

現行の制度では、年末の住宅ローン残高(原則上限4,000万円)の1%が所得税額から控除されます。

仮に3,000万円が年末のローンとして残っていたとすると、所得税から30万円控除されます。

ちなみに、所得税が30万円未満で、全部引ききれない場合は、住民税からも控除されます。

この控除が、居住を開始した年から10年間適用されます。

§控除の拡充とは

2019年10月から2020年12月までに居住の用に供した場合は、控除期間が3年間延長されます。

ただし、控除11年目からは、次のうち、いずれか少ない方の額が適用されます。

  1. 年末住宅ローン残高の1%
  2. 建物購入価格の2%の3分の1

これはどういうことかと言うと、消費税率が8から10%へ2ポイント上がるため、

その上がった消費税分を11年目から13年目にかけて控除しますと言うものです。

仮に建物価格が1500万円とすると、消費税が10月からは30万円増えますが、

11年目から税額が10万円ずつ、3年間かけて控除されますので吸収されますよ、と言うものです。

 

§消費税分は吸収されるが・・・

もし住宅を購入しようと考えた場合、税制面では、住宅ローン拡充により消費増税分は吸収されます

しかし、考え方としては、住宅購入時に支払った消費税を10年後からやっと回収するに過ぎないのです。

時間の経過とともに物価が上昇すれば、「今日の1万円」と「10年後の1万円」は、額は同じでも

「今日の1万円」の方が価値が高くなります

10月をまたぐことで拡充を受けるよりも、早く購入してしまった方が、資金効率的には良いことを覚えておきましょう。

 

[マネササイズ!PR]

大好評。よろずご相談をチャットや電話で承っています(初回15分無料

お金の問題以外でも何でも、ごくごく簡単なご相談でも大丈夫。

 https://centrelabo.com/personal/で詳細をご覧ください。

 

[マネササイズ!PR]みんなのFP教養講座@横浜(身近なお金の知識が自然に身につきます)

FP試験対策も行います(5月9月対応)。