こんにちは!!

マネササイズ! チーフトレーナーのナカミチです。

 

何を以ってフツーなのか?

今回は日本人の金融資産や負債の話を通じて、97%という数字の意味を考えます。

§二人以上の世帯の貯蓄

総務省統計局は、「家計調査」というものを毎月行っています。

一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約9千世帯の方々を対象として,

家計の収入・支出,貯蓄・負債などを調査するものです。

この調査によると、二人以上の世帯で、貯蓄ゼロ世帯を含めた貯蓄額の中央値は1016万円です(2017年)。

中央値とは、上から順番にナンバリングしたときに、ちょうど真ん中に来る人の実態を表します。

なぜ平均値でなく中央値を使うかというと、一部の高めの貯蓄世帯平均値を引き上げてしまい、

実際の感覚と実態がかけ離れてしまうからです。

 

§負債を抱える世帯は37.5%

二人以上の世帯で、負債を抱える世帯は37.5%あります。

つまり3世帯に一つは負債を抱えていることになります。

負債保有世帯の中央値は1060万円、平均値は517万円です。

約9割は住宅や土地のための負債となっています。

§97%がフツーの人であるとは

さて、国内では1億円以上の金融資産を持つ世帯を富裕層と定義されていますが、

その世帯は約114万世帯と言われています。これは人数にすると300万人弱で、

日本の人口の約3%に当たります。

つまりそれ以外の97%の人は富裕層ではない、非富裕層=フツーの人であるということです。

フツーの人は、身近なお金の問題を普段意識しながら、日常生活を送ります。

であるからこそ、生活のお金については学ぶ必要があるのですね。

以前のブログ「フツーの人がFPを知れば生じる3つのメリット」もご参照ください。

 

以上、今回のマネササイズ! でした。

 

[PR]お金や仕事に関する個別のご相談もお受けします。

お気軽に

https://centrelabo.com/contact/からご連絡ください。折り返しご案内いたします。

 

[PR]みんなのFP教養講座@横浜(身近なお金の知識が自然に身につきます)

お越しいただきやすい1時間の体験講座があります。詳しくはバナーをクリック。

 

読者登録してねアメンバー募集中