モナコのブログ

モナコのブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

6/3-6/4



今日はスワコップムントからヒンバ族が暮らすカオランドを通り、
エトシャ国立公園に向かう。


いつもの通り早朝5時に起床しテントをたたみ、数百キロの道のりを
砂漠を横目に読書をしたり音楽を聴きながらバスで移動。


数時間ほどすると全身赤茶色で

上半身裸のヒンバ族の女性が道端を歩いているのを見かける。


遊民族である彼らは強い日差しと虫から身を守るために

赤い粘土とバターを混ぜたもので全身(髪の毛を含む)を覆っており、

アフリカでもっとも古い生活様式を続けている民族で、
近年は外国人観光客が多くなったためその生活スタイルは

あと数年もするとみられてなくなってしまうそうだ。


モナコのブログ

モナコのブログ

午後エトシャ国立公園に到着!


ここは2.3万平方キロメートルのとっても広い自然保護区で
114種類の哺乳類に340種類の鳥類が暮らしているということで

どこまでもどこまでも続く広大な国立公園内を動物を探して移動する。


モナコのブログ


今からどんな巨大動物と出会えるのかと心が躍る。



これぞ、アフリカ版


「踊る大捜査戦」である。



バスで公園内に入場すると


いきなり野生のキリンに遭遇。

こっちを注意深く見守っている。


モナコのブログ

モナコのブログ

キリンの体の模様が、私の持ってるスカーフと同じで

愛着が湧く。



その後、けっこうリラックスの
インパラにオリックスを発見。


モナコのブログ

モナコのブログ


砂漠の赤茶色の土地と午後の太陽に
縞模様がとてもよくカモフラージュの
役目をはたっしているシマウマの群れ。


モナコのブログ


ダチョウもいた。
ダチョウは怖くなると地面に頭を突っ込んで
体全体が隠れると思って安心するというのは事実とは違うらしい。
私は結構安心だけど・・・


モナコのブログ

モナコのブログ

黒サイ。
バスが近づくと足をドスンと地面に打ち鳴らし威嚇してくるが、
体の割に目が小さくて可愛い。


モナコのブログ


寝たきりで、いかにも
起き上がるのもめんどくさそうなメスライオン。

モナコのブログ


みんな、動物を発見するたびにバスから身を乗り出さんばかりに

写真撮影に必死になる。


「感想はどお?」とガイドに聞かれ


「プレステの「AFRICA」というソフトゲームのCGそっくり」

と言うと脳内デトックスが必要だといわれた。



肉食動物の餌食になったであろう
シマウマの死骸を発見。

国立公園内といえ、ここは自然がそのままに保たれている

弱肉強食の世界。


モナコのブログ


動物の死骸を処理するハゲタカ。

モナコのブログ

動物生態の本来の姿を垣間見れたような気持ちになり
感動を覚えるとともに沈む夕日に浸っていると


モナコのブログ


向こうの方に
本日5回目のインパラの群れを発見とのアナウンスが流れる。



「え・・・あ、またインパラ?」

「なら写真いっか・・・」



結構スポイルされている自分がいることに気が付く。



慣れって怖い。



テーマ:

6/1



今日は午後から黒人街を見て回るタウンシップのツアーに参加。


タウンシップという言葉をこちらでよく聞く。
これはアパルトヘイト時代に政府によって人種毎に区分された住居地に
今もこちらで生活している黒人街をを紹介し
歴史や文化について触れるのをテーマとしたツアーということだ。


私たちが訪れた町もその一つで各家に水道はひかれておらず
みんな共同の水道から水を購入し使用するとのことだ。


モナコのブログ


ある女性の自宅を訪問し、彼女の生活について話を聞き
民族衣装を着せてもらう。


モナコのブログ



モナコのブログ

サイズが大きい


帽子は牛の角を表しているそうだが、後ろを振り向くたび隣の人にあたるので
機能性を求めて作ったものではないのだろう。



狭い道にずらっと達ならぶバラックをながめ
当時の悲惨さを想像してみる。


モナコのブログ

アパルトヘイトが廃止された後も職に就くのが難しく
ここでの生活を今なお余儀なくされている人々がたくさんいるのだと
説明を受ける。


途中立ち寄った薬剤師の女性の家でいくつかの薬草を紹介してもらった後

モナコのブログ


モナコのブログ


モナコのブログ


ナミビアのクリック語を学ぶ。


4種類のパチッとかクッとかチェッとかツッとかいう「音」を口で鳴らし、

その後に単語を続けると同じ単語でもクリックの音によって
まったく違う意味になるという。
何度練習しても舌を噛みそうになる。


モナコのブログ


ブッシュマンは7種類のクリック後を使い分けるため
「King of Click(クリックの王様)」と呼ばれているらしい。


町を見学して回っていると子供たちが集まってくる。
手をつないできて私たちが見学する所々を一緒に回り様々な質問を受ける。
「どこから来たの?」
「写真見せて?」
「日本ってどこにあるの?」
「お父さんが椅子を作ったの。見に来る?」


モナコのブログ

モナコのブログ

モナコのブログ

夕方、ナミビアの伝統料理をいただいた。
トウモロコシで作った湿ったパンにほうれん草を砕いて炒めたものをのせて
手で食べるものやチキンなど食欲をそそるものが多くある。


モナコのブログ


最後に運ばれてきたボールに見慣れない物体がコロコロしていた。


モナコのブログ

イモ虫だ。



「うわー・・・まさか、食べるの?」



食べるらしい。



油で揚げてカリカリしている。
ひとしきり抵抗していたのだが


このイモ虫を食べるまでチキンを食べれないという。


それは、すごーく困る。


小さいのを見つけて目をつむって思い切ってかじってみた。



・・・


「!!」



これはまさしく



「桜エビエビエビエビだ。



香ばしいし、おいしい心



白ご飯と一緒に食べるときっと絶妙な組み合わせだろう。
海苔なんかで巻いたりしておにぎり




そんなことを考えながら
キャンプに戻りみんなでそれぞれの体験をシェアした。


テーマ:

5/31


今日は人口25000人のナミビアで第二の都市スワコップムントに到着。


そもそもナミビア全体の人口が200万人程と非常に少ないため

移動中に人をみかけることがほとんどなく、

スワコップムントでナミビア人の生活に触れられたらという淡い希望を抱く。


ここでは2日間ほど滞在し、アクティビティに参加するのだが
すでに連日の砂漠風景に飽きてきていた私は初日にオットセイとドルフィンツアー、
次の日はタウンシップという黒人街を見て回るツアーに参加することにした。


早朝、ミニバンが迎えに来てCape Cross(ケープクロス)という場所まで行き、
10人ほどが乗れるボート船で移動していると、


モナコのブログ


かもめやペリカンが近寄ってきた。


モナコのブログ


いつの間にかボートにオットセイの子供が乗り込んできていたらしい。アシカ

ペリカンの写真を取るのに必死だった私はそれにまったく気付かず

振り向きざま、見知らぬ黒い物体がすぐ目の前に憚っていたことに大きく慌てた。



モナコのブログ


向こうもビックリした私にビックリし、出方を伺っている様子。


しばらくの沈黙の後


「いらっしゃいませ」どーもっ


と私が頭を下げ、無事ファーストコンタクトを交わした。


この子はある日別のオットセイがボートにレスキューされているところを見て以来、

ボートに遊びに来るようになったというキラキラ


触ると海水でピッタリくっついていて一見わかりにくいが

体中短い毛でおおわれているのだと知る。

頭をクシャクシャッとやると気持ちよさそうに目をつむる。


ひとしきり遊んだ後も
ボートから全然降りようとしない・・・。
このままオットセイの群れが生息する島まで乗せてってもらおうという根端らしいちゅ


「だめよ?若いうちから楽覚えちゃ・・・」


老婆心的にたしなめてはみたが、

可愛いので本当はずっとここにいて欲しい。


オットセイの子供と遊んでいると今度はイルカの群れに出会った。


「おおー!」


野生のイルカだが船が気になって向こうから近寄ってついてくるそうだ。

触ることはできないが、船の周り四方八方を少数の群れで自由自在に泳ぎ回っている。


モナコのブログ


オイスターファームに到着。

ファームというのでどこか工場にでも向かうのかと思っていたが
牡蠣の養殖場ということらしい。


モナコのブログ


牡蠣の周りにムール貝はくっつくため

それを取り除いて牡蠣が呼吸やプランクトンを食べやすくしているそうだ。


モナコのブログ

こちらの牡蠣は海流の影響でプランクトンから豊富に栄養が摂取できるため
ほかの国の1/3の期間で牡蠣が成長するという。


オットセイの生息地に到着。
たくさん寝そべっている。
泳ぎながら遊んでいるのもいる。


モナコのブログ

ボートに乗っていたオットセイの子供とはここでお別れをした(´;ω;`)


お昼になったためオードブルと一緒に生牡蠣とシャンパンをもらい
食後にシェリー酒ももらい、港に向かった。


モナコのブログ


モナコのブログ

港に着いた頃にはすっかり 出来上がっていて

みんなで「オットセイは自宅で飼えないものか?」

という無駄な議論をしながらそのままダラダラと過ごした。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス