Going my way ☆

~お仕事・家事・育児・観劇
あれこれ綴る小学生ハハのひとり言です~

            
ハッピーマミープロジェクト@神楽坂

☆サークル・イベント情報☆ 

ハッピーマミープロジェクト@神楽坂
Facebookページはコチラ☆
http://www.facebook.com/HMPkagurazaka






テーマ:

先日話題の福山雅治主演・映画『そして父になる』観てきましたニコニコ
http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp/


momoろぐ ~都会de子育て~

相変わらず予習しない派の私は知ってる情報といえば
子どもの取り違えのという事件に遭遇した2組の家族の物語という程度。



実は私、昔昭和40~50年代新聞やニュースでよく目にしていた
赤ちゃんの取り違え事件に子どもながらに
なんて恐ろしい出来事なんだと恐怖に慄いておりました。。



なので、自分が出産する時も、間違われないかなぁーーなんんて
かなり気を使った記憶があります。
が、実際出産してみると、新生児室には今どきの主流2500g前後の
ほやほやぷにゅぷにゅの赤ちゃんに混ざって、一人飛びぬけて
デカイ約3500gの娘w
間違えられるハズもございませんでした^^;



周りでも既に映画ご覧になった方も多く、皆さん
「感動した!」「号泣したー」というお声も多く
どーれどれと映画館に向かいましたが
予想外の感想&内容でした~。


取り違えられた家族(子ども)を交換する?
母揺れ動く、子ども泣き叫ぶ
そんな予想をしていたのですが
驚くほど裏切られました。


芦田愛菜ちゃんだったら、恐らく終始号泣して
観客も号泣・・・だったと思いますが
子役二人最後まで一滴も泣きません・・・^^;
が、ナゼだか泣けます。。


前半取り違えが発覚してからの
両親とくに福山雅治演じるエリートサラリーマンの
あまりにも淡々とした態度
相手方の家族に提示した信じられない提案
取り違えに気付かなかった母親の苦悩にも
寄り添わない様子
取り違えが発覚した際思わず発した言葉etc・・・



子どもや妻に目を向けることなく、ひたすらナゼ取り違えられたのか
その理由を追い求める夫。
前半は妻役の尾野真千子の苦悩にひたすら感情移入してしまい
福山雅治の淡々とした様子に嫌悪感を感じたほど。。


取り違えられた理由なんてどーでもイイやん!!と怒り気味で
見ていたのですが、昭和40年代ではなくこの現代で取り違えられた
理由が実はありました。
その理由が分かったときには、思わず「きゃー!」と小さく叫んだほど。。


前半は妻の気持ちは?子どもの感情は??
と疑問を抱くほどのストーリー展開でしたが
中盤以降は福山雅治演じる夫が過ごしてきた幼少期
高学歴・大手企業・タワーマンションと幸せを絵に描いたような

家族が崩壊していく様
引取った実のわが子と上手くいかず、見下していたはずの貧しい
相手方家族から投げ返された自分の発言。
豊かだと思っていた家族が脆く崩壊し、相手方の家族愛や
心の豊かさを痛感する様子
育ててきたわが子に最後に謝罪する姿


それらを通じてようやく本物の『父親』となっていく
『そして父となる』見事なタイトルだなーと思わずにいられませんでした。


父親目線で語られるストーリー。
育児は妻に任せきりで仕事に没頭、お受験や勉強だけは熱心な
父親である福山雅治が、貧しい電気屋であるおちゃらけた相手方の
リリー・フランキーに対し
「重要な仕事をしているんだよ!僕の変わりはいない」と言い放ったとき
「父親だって誰にも変わりのいない大切な仕事ぞ!」と言われたときに
ぐうの音も出ず押し黙ってしまうシーンが一番好きでした^^


これほどまでに男性と女性が『親』になる過程が違うものなんだなぁ~
男性が父親になるって出産を経験していない母親と違って大変なことなんだなぁ~
ということも痛感する映画でした。


そうした違いを、出産前に女性も知っておくと

産後クライシスとか乳幼児期離婚とか
経験しなくて済むのかもなぁ・・・とちょっと思ったり^^;



あまりにも予想外&考えさせらる内容に
見終わった後、頭の中がグルグルしていたのですが
トイレでご一緒になった70代後半または80代?
のおばあちゃまグループの会話

「お父さんカッコよかったわねぇ~^^」
「カッコ良すぎてなんだかリアリティないわよねぇ~」
「エリートって大変ねぇー」
「やっぱりエリートで忙し過ぎちゃうと子どもとの関わり方も大変そうねぇー」
「子どもの気持ちも見えなくなっちゃうんでしょうねぇ~」
(全員)「そうそう。大変よねぇ~」

という会話が全てを物語っており、思わずブンブン頷いてしまいました(笑)


機会があれば、男性・夫・パートナーとご一緒に観て
感想聞いてみるのもいいかもです^^
ウワサどおりのお薦めの映画でしたニコニコ


AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日表参道で開催された、佐々木かをりさんの
「自分を予約する時間管理術」講座へ参加してきましたビックリマーク
http://omokare.ewoman.jp/


時間管理、仕事上のタイムマネジメント

実はかなり得意としてるのですが
ちょっと思うところあって、ぜひ佐々木さんから直接お話を

伺いたいなぁ~と思い申し込みしました。


佐々木さんの時間管理講座は6・7年ほど前に

勤務先の社内セミナーで一度受講経験があります。

その頃は佐々木さんの著書や時間管理、アクションプランナーが
一世風靡していた頃で、大変興味深くお話を伺った記憶があります。



しかしながら、あれから毎年手帳を購入する季節が訪れ

毎回「今年こそ!」と思っていたものの、悩みに悩んで

今まで結局一度もアクションプランナー購入には至らず・・・ガーン



理由は色々あるのですが、主に

・30分単位なんて細かい

・メモ欄がない

という点が阻害要因になっていたような気がします。


娘を出産後、当時不夜城と呼ばれていた社内一の

激務部署に復職と同時に異動になり、幼子抱えながらの激務の日々。
その為、復帰後5年間はずっとバーチカルタイプの手帳を愛用。
しかし、メーカー等お気に入りのものがなかなか定まらず
毎年手帳ジプシー状態。

加えて、仕事上の時間管理は得意だったのですが
自分のプライベート予定や、成長とともに娘の予定や習い事などが増えてくると
メモ欄や休日の予定がいつも漏れたり、予定どおり進まなかったり・・・
来年娘が小学生になると、もっとぐちゃぐちゃになるのでは!?
そんな状況を改善したい☆と思っての受講でした。


こうして、久しぶりに受講した佐々木かをりさんの時間管理講座
受講して大正解でした☆


***************************************

~講座より~


冒頭「Happyな時の行動力」について会場へインタビュー。
誰が私を幸せにする?
私たちには“自分を幸せにする責任がある”というお話。
責任という言葉に一気にどんよりする会場^^;

そこで佐々木さんの通訳時代のエピソード。

ある米国人の方の通訳を担当した際に

「responsibility」をそのまま「責任」と訳したら、会場がシーンと・・
終了後、「訳し方を間違えたのでは?」と責められた際に

咄嗟に「日本ではresponsibilityは責任といって分解すると
『責』+『任』つまり“責められることを任される” “何かあったときは責を負う”
という重い意味になる」と説明したというお話。


なので、女性は管理職等『責任』ある仕事を避ける拒絶する人が多い。
しかし逆に「responsibility」を分解すると
『response(反応・返事)』+『ability(能力)』=“対応能力”
最短最速で一番早い解決策を出せる人(事)

そう考えれば、過去の失敗事例を活かす、体験を進んでするようになる。

つまり、自分を幸せにする責任とは

自分を幸せにする対応能力を持っているということである。


自分を幸せにする対応能力とは
上手く行かない時に幸せにもっていける力。
自分で自分をいち早くいい状態に持って行く為に必要な
自分が心地よいと感じられるコレクションを日頃から集めておくこと。

***************************************


この冒頭のお話を伺っただけで、参加してよかったーーー
と、感じられるほどセミナー参加者の気持ちをグッと掴んでいたいた佐々木さん。
決して高圧的でも上から目線でも自信満々でもなく
自分達にもやれるかも?と思わせる語り口は流石だなぁ~と
ぶんぶん頷きながら聞いてました^^



佐々木さんご本人も仰ってましたが、私が社内研修で受講した
時間管理講座では、時間管理の必要性はとても伝わってきたのですが

あまり具体的な手法が述べられていませんでした。

それは、佐々木さんが世の中の方の多くがまさかそんなに

手帳術や時間管理に悩んでいるとは思っていなかったそうで^^;
加えて、自分のやり方を人にまねして欲しいとそれほど強く思ってもなかったそうで^^;
『いいトコ取り』を推奨、かなりゆる~く伝えていたそうです。


ところがこの『いいトコ取り』ではアクションプランナーを使いこなせない

途中でギブアップしてしまう方が続出していること

佐々木さんの時間管理方法、手帳術をもっと具体的に教えて欲しい!
という要望が多く寄せられ、改善されたそう。
ということで、受講した内容もかな~り具体的なものでした。


******************************************


~講座より~

幸せの方程式

期待している行動 = 実際の行動

私は自分の人生を組み立てる“脚本家”である。

アクションプランナーは私の人生の“脚本”


******************************************


そーなんだー!手帳って予定を書くものではなく

自分のアクション・行動・夢に向かっての

脚本なんだね~ビックリマークと今さらながら思った私です^^;

そう考えると、手帳に書き込む出来事が全て自分の

ストーリーに思えてきてなんだかワクワクドキドキ



さらに、ずっとアクションプランナーに手が出せなかった
最大の理由『メモ欄がない』ことについても
かなりスッキリ納得できる内容でした。



******************************************


~講座より~


時間軸ではなく、日付ごとに予定を書き込むのは
『約束記録』『約束管理』であって時間管理ではない(!!!)

TODOリスト使ってますか?全て完了出来てる?達成できてる?

TODOリストでは上手く回らない、全て完了できないのは

いつやるかが不明確で時間軸で管理出来ていないから。

TODOは時間内に書く!

だからメモ帳は一緒に出来ないし、ポストイットも必要ない


******************************************



ひょぇーーーー叫び叫び叫び

バーチカルタイプ手帳で長年時間管理していた

仕事の予定が上手く回っていたのに

プライベートや帰宅後予定がいつもこなせないのは

時間管理ではなくメモ欄にTODOリスト化していたからなのか!?

妙に腹オチしたお話・・・(とほっ^^;)




と、いうことで講座参加特典として配布いただいた
2013年版アクションプランナーに早速
仕事スケジュールだけでなく、プライベートの予定も
ささっと書き込んでみました~。



凄くビックリしたのは、佐々木さんのアクションプランナーには

予定だけでなく、外部商談や講座等の『移動にかかる時間』
も全て記されてきたこと!!
プライベートも仕事も色分けされていないこと
つまり起床してから眠るまでの一連の『自分の行動』が

全て時間軸で管理されていたことです。



一見面倒くさそうに感じますが、実はこうすることで

本当の意味での『隙間時間』を明確に発見することが出来るんだ☆

ということにも気付きました。

アクションプランナー奥が深いわ~。




******************************************


~講座より~


・時間管理をすることで自分をハッピーにする

 貢献する人で居続けることが出来る。


・行動を面で記す(見る)


・仕事もプライベートも一元化(色分けもしない)


・移動時間も必ず書くこと


・時間管理とは自分を予約すること


・やることはリストにしせず時間枠内に書くこと


・締め切りまでの計画は逆算法で書くこと

 (先に締め切りを書いてからやるべきことやアポを逆算して予定する)


・手帳、アクションプランナーはいつも持ち歩く、いつも開いておく


・行動を詳しく書きすぎない


・脚本家だから書き直しはOK


******************************************



そんな訳で、毎年悩みに悩んでいた手帳選び

2014年はとうとう6・7年越し?で

初☆アクションプランナーとなりました~音譜



momoろぐ ~都会de子育て~



講座でいただいた2013年版も引き続き利用中~

2週間目となりましたが、なかなかイイカンジですニコニコ

空き時間の見える化目指してしっかり活用したいと思いますドキドキ



時間管理がニガテ~という方

アクションプランナー興味あるけど難しそう・・という方

以前使ってたけど挫折したーーという方

佐々木かをりさんから直接具体的な活用法が聞ける

時間管理講座超オススメです☆
私も途中で挫折しそうになったらまた受講してみたいと思いまーす(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


momoろぐ ~都会de子育て~


風立ちぬ公式HP

http://kazetachinu.jp/



昨日ジブリ最新作『風立ちぬ』観てきました。
色々な意味で想像を大きく裏切られました。
震災・戦争・病気・貧困・生と死、劇場予告だけで涙した私は
大号泣・・と思っていたのですがそんなこともなく。


暗く混沌とした時代を決してお涙頂戴なストーリーに仕上げず
時代に翻弄されながらも、子どもの頃の夢をただ純粋に追い続ける
二郎と支える菜穂子。
とにかく美しく切ないお話でした。



実は実在の人物がモデルとなるのはジブリの長編作品では
初めての事なんだそうです。


昨日は娘のクラスのお友達ファミリーと大人数で観に行ったため
後方の並び席が予約とれず前から3列目。
タイトルどおり様々な『風』が吹くのですが
画面からその風を自分でも受けているかのような大迫力でした。
雲・風・そして風をうけてなびく木々や草の緑が
本当に美しく表現されていて感動。



二郎の職場でのシーンも仕事人としては憧れる部分も多かったです。
良きものづくりの邁進するエンジニア達。
互いに刺激し合い、ライバルであり親友である同期との会話。
褒めることはなくても、自分の仕事ぶりをしっかり見極めてくれている上司の姿。
アイデアや意見をぶつけ合う自主勉強会。
どれも時代の勢いを感じるようでした。



登場人物は少ないのですが、誰ひとり無駄がなく皆いい味だしてました。

二郎と菜穂子のシーンで一番好きだったのは真夜中祝言を挙げる場面。
雪が舞い散る中、二郎のもとに静々と強い決意を持って
歩んでくる菜穂子の美しさに涙腺決壊・・でした。。

私が一番気になったのが、子どもの頃から大人になっても
二郎の夢の中に度々登場する
イタリアの飛行機製作者カプローニ。



『まだ君の風はふいているか?』
『風は立っているかね?』
『力を尽くしているかね?』
と二郎に問いかけるカプローニ。
中でも『創造的人生の持ち時間は10年。芸術家も設計家も同じだ』
という言葉。

『人生の持ち時間は10年』仕事でも恋愛でも勉強でも
自分の人生の中で力を尽くし後悔なく邁進できる時間は10年。
とても深く心に染み入る言葉でした。



そしてネット上で酷評されていた二郎の庵野秀明監督。
私は全然OKでしたよ~!
それどころか、あの時代の中で純粋に夢を追いかけ
人を愛し続けた二郎の声には庵野監督以外にはいないのでは?
と思ったほどでした。

中でも一番「これは庵野監督にしか表現できないのでは?!」
と思ったのが、帰宅後菜穂子が布団に入ってやすんでいる横で
菜穂子の手を繋ぎながら仕事を続けるシーン。
ネット上ではこちらも最後、肺を患ってる菜穂子の横で
二郎がタバコを吸ってしまうことで、またま物議をかもしだしてますが
(私も正直、タバコ吸っちゃうんだ!とビックリしましたが^^;)
その前の菜穂子と二郎の会話のやり取りは庵野監督お見事です☆




最後の最後までゼロ戦を登場させず、震災や戦争の悲惨さを
明確に表現しなかった宮崎駿監督。
しかしラストシーンで描いたゼロ戦達の残骸。
その中を歩きながら再び登場したカプローニに
「君の10年はどうだったかね?力を尽くしたかね?」
との問いに
「ええ。でもゼロ戦は一機も戻ってくることはありませんでした・・」
と答えた二郎。
それだけで戦争の悲惨さ、ただ美しい飛行機を造ることにすべてを捧げた
10年間の結晶が、兵器として利用され多くの命を奪うことに繋がる結果
になってしまったことを、誰よりも二郎本人が悔いているのではないか
そんなことを感じました。



先日宮崎駿監督がインタビューで
「アニメーションは美しい夢」
「私にとってアニメーションは夢なのに、今は夢ではないビジネスの手段になる場合が多い」
と答えている記事を拝見したことを思い出し
同じく、子どもの頃飛行機に憧れ、酷い近眼にコンプレックスを持ち
操縦士になることは出来ずに、設計士の道を選ぶ二郎。
ただただ美しい飛行機を作ることだけが彼の夢だったにも関わらず
時代の波に揉まれ、戦闘機を作らざるをえなかった二郎に
監督は自分の姿を重ね合わせていたのだろうなぁ。。
と思いました。



そして気になる子ども達の反応ですが
昨日は年長の娘とジブリ作品では『紅の豚』が一番好き☆
という渋い好みのクラスのお友達(男児)
そして小学生のお兄ちゃん、全員最後までじーーーっと
画面に食い入るように見ていましたよ^^

何のテロップもなく時代が次々に流れていくのですが、
子どもだった二郎が大人へと変化するシーンを私より先に気付いた娘^^;
カプローニが登場するラストシーンも
「ママこれは夢の中のお話でしょ!?」と明確に答え
駿監督の世界観にしっかり食いついてた娘。


『風立ちぬ』は大人のお話、子どもには難しいと言われてますが
子ども達は難しいなりに色々なことを感じ取ってくれたように思いました。
一緒に観れて良かったなぁ~と思います^^



そして最後に流れるユーミン
荒井由美時代の名曲『ひこうき雲』
映画の世界観とぴったりでこの作品のために
作られた挿入歌のようでした。


『風立ちぬ』は恐らく万人受けする作品ではなく
ノスタルジーや庵野監督の声など
受け入れられるかどうか?で大きく評価が変わる作品かなと感じました。
宮崎駿監督の遺作になるのでは?と言われている『風立ちぬ』
美しいアニメーションと監督の世界観、切なくも美しい映画を
娘と一緒に共有できて楽しい一日となりました^^








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング 都会系女子ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。