「ネイリストは何を売っているのか?」 | サロン集客講座あなたのサロンがお客さまの笑顔で一杯になる方法  

テーマ:

● 「ネイリストは何を売っているのか?」

こんにちはサロンコンサルタントの門馬です。

サロンコンサルティングの基本は

「わかっている事、わかっていない事」

「できている事、出来ていない事」

「自分に必要な事、必要でない事」


まずは、ここを明確にして頂きます。


では、新規メンバーさんから、お送り頂きました感想をご紹介させて頂きます。


コンサルを受ける前の去年の夏に、DVDだけ購入して見ていました。

覚えてるだろう、と思っていたのですが、、、確かに覚えていたんです。ですが、コンサルを受けた後、ブログや会員サイトを読んだ後と、入ってくる深さが違いました。

去年の夏は「へえ。こうやったら売上上がるんだ。」ぐらいの感じだったのですが、今はもっとなぜこういうことをするのか、というところまで考えて見れるようになりました。

共通点はやっぱりお客様に喜んでいただくということなんですね。ネイルサロンというよりか、商売の基本を先生に教えてもらった感じです。

自己満足のサロン都合の経営では、例えやり方を真似しても結果につながらないということですよね。理解してるつもりでもなかなか忘れがちです。

5年前に始めた頃はお客様の気持ちを考えながらしていても、だんだん慣れてきてサロン都合の経営になっていたなぁと感じました。

それがやっぱり看板なり、紹介カードなり、DMなり、些細なところでもわっ〜と滲みでてたかもしれません。本当に気をつけないと。初心を忘れたらだめですね。

私もお客様の気持ちを思い出すように、時々他店のネイルサロンに行ってみようと思いました。

私たちにとっては日常だとしても、お客様にとっては毎月楽しみにしている特別な日です。

それをスタッフとしっかり共有して、特別な毎日を作っていきたいと思いました。

「ネイリストは何を売っているのか?」は衝撃でした。

ずっと技術を売っていると教えられてきました。

だから技術、技術、技術、、、それをカバーするために接客。

根本的に間違えてますね。

これこそ、手段が目的になってしまっていると思いました。

「ネイルという手段を使ってお客様の悩みの解決・願望を叶えることをしている。」

感動です。

昔、ネイリストになる前、私がいっていたネイルサロンのネイリストさんが全員こわかったんです。

なんか切羽詰まってるというか、キツいというか。もっと笑えばいいのになぁと思ってました。っていうか、こわいなぁと思ってました。ネイルはとても可愛いのに、なんだか行くのやだな、と感じ、行くのをやめました。

「技術を売ってるんで、ほかは何もしません。笑顔もしません。」と言わんばかりでした。

ネイルサロンが少なかったころは、けっこうそんなネイルサロン多かった気が、、、反面教師で、私はお客様に優しいネイリストになろうと思ってやり始めたのに、、すっかり忘れていましたね。

「お客様の願望を叶える、悩みを解決する。」

これを考えるだけで、いろいろなアイデアが湧いてきます。逆に焦っているときのブログやチラシを見ると、「これはないな。」と思いました。

キャンペーンの値下げだけをアピールしてたり、お客様の知りたい情報が全然のってない。しかも、焦ってるからターゲットを広くして、だれに言ってるのかも分からず、逆にだれにも響かない。

「誰に」が一番大事だということ。

びっくりしたのが、「30代のOL」ではなく、「佐藤さん。」というように個人名が出せるくらいということでした。

自分の理想のお客さまを思い描くこと。言えること。そして「どうなれるのか。」

これもチラシには書いてなかったです。不親切極まりない。というか、自分都合だと感じました。

「お客さまがご自身のサロンを選んでる本当の理由答えられますか?」と聞かれたときは「わかるようで、わからない!」と思いました。

たまに「この方ずっと来てくださってるけど、なんできてるんだろなぁ。」とすごい失礼なことを考えるときもありました!!

その本当の理由のところを頑張ったらいいんです、と教えてもらい、なるほど、と思いました。

その理由があまりわかってないから何をしたらいいのか分からない、何かしてみたものの、ズレてるから反応なし。焦る。

ここも、本当に大事なポイントだなと改めて、学びました。

これもコンサルを始めてからの課題である、話を聞くと同じだと感じました。

お客さまの話を聞く。

そうすることで、お客さまが何を求めてるのか、何を悩んでるのか、が見えてくるんだなと。お客さまが育ててくれる。今来てくださってるお客さまが売りや強みを気づかせてくれるのかなとも感じました。

紹介カードのマインドも今までは少しズレてると思いました。でも、今まで紹介カード渡しながら少し違和感は感じていたんです。笑

「紹介して。割引するから。」みたいな紹介カードを実際友達に渡せるかと思ったら、渡せない。自分ができないこと、お客さまも出来ないです。

けど、ほかのお店もしてるから紹介カードってこんなもんでしょ、ぐらいの気持ちでお客さまに渡してました。

でも、「やっぱりそうか。」と確信しました。

「割引するから紹介してね。」ではやっぱりちょっと失礼ですよね。作り直します。

これも、「人柄」でご紹介頂ける、ノウハウではないんだなと。

そんな簡単なことではないだと改めて考えなおしました。

2回目ですが、1回目の見方と感じ方、気づきが違うことに、少し成長したかなと思いました。

ですがまだまだ自分のものにはなってないので、毎日、メルマガ、ブログと会員サイトを読んで、身体に染み込ませていきます。

DVDも何度も見る必要ありです。

【行動プラン】

・ 看板が格好ばかりつけているので、お客さまに分かりやすく、作り直す。

・ POPが対象を考えず、値段とメニューだけ書いているものだったので、しっかり対象を明確にした夏のキャンペーンPOPをつくる

・ お客さまがサロン(指名)を選んでいる本当の理由をスタッフそれぞれ答えられるようにする


ありがとうございました。宜しくお願い致します。


コンサルメンバーさんの感想を、ご紹介いたしました。



レポートでもっとも大切な事は、

自分の考えや、過去の行動や意識についての、違いや理解、コンサルを受けて自分にどんな変化が起きたのか?ここが重要です。

ここが、しっかりと書かれています。こちらのメンバーさんの素晴らしいい点です。

ここに書かれたレポートの内容をメンバーさんなりに理解して、落とし込んで、今度は、スタッフさん達へ、経営者としての考え方として伝えて行くこと。

実践して頂くことを経営者としてやっていきまます。

こういう事が、マネージャーとしての具体的な仕事になります。

経営者として、スタッフに何を伝えて行くか?

ここの基本を、ネイルコンサルでは作っていきます。

だから、スタッフさんのいるサロンさんの売上が劇的に伸びるということです。


最近のメルマガでも、「集客の基本」について、お伝えしていますが、基本なので普遍的です。変わらないのです。

そして、さらに、集客の基本を押さえて、

お客さまに選んで頂けるサロンになるために、とても大切なポイントがあります。



あなたのサロンの売り上げ倍増計画
お客さまに人気のキラーメニューの作り方


こんなサロンオーナーさんから好評です

・売りたいメニューが売れない

・施術には自信があるが、予約が取れない

・メニューを変えたい

・客単価を上げたい

・客数は今のままで売上を上げたい

・売りたいメニューがある

・オススメの技術がなかなか売れない

・メニューや料金を変えたい

・値上げをしたいが失客しそうで怖い

・もっと質の高いお客さまに来て欲しい



●メニュー改善をした結果、こんな感想を頂いています

自信のあるメニューがドンドン予約が入るようになる。

ブログやfacebookから予約がドンドン入るようになる。

お客さまにわかりやすい料金表ができるので、オーダーが増える

プラスメニューが売れるので売上が上がる

客単価が上がるので、仕事の数は同じでも売上が上がる

集客に困らなくなるので、毎日が安心できる

客数をこなさなくても売上が上がるので、身体の負担が楽になる

客数が増えなくても、売上が上がるので、休日が増える

遅くまで仕事をしなくても良くなる

自分の好きな時間が取れる



もし、あなたが「自分もそうなりたい!」と思っているのなら

この夏、売上を上げたい方はこちら


5月20日までの申込みで、10000円(税込)が、早期割引3000円(税込)で参加できます。

利益を3倍にしてあなたの夢を叶えるコンサルタント門馬俊光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.