Mom & Earth Organics Official Blog 〜 for Beautiful Harmony Life.|天然100%ヘナ・シャンプー・ヘアケア商品の販売
Mom & Earth Organicsは、美しく調和する世界を目指して、みなさまと共に育んでいくオーガニックブランド。天然100%ヘナ・シャンプー・ヘアケア商品の最新情報ほか、食育・ハーブ・デトックス等、健康に関する多彩な情報を、オーガニック先進都市 バンクーバーからお届けします。
  • 29Oct
    • 毎月の染髪を10年間続けた女性、慢性肝障害に(中国)

      ヘナを愛用してくださっている仲間から送られて来た記事です。http://news.livedoor.com/article/detail/14443353/年を重ねても若々しく見られたいというのは多くの女性の願いだろう。しかしこのほど中国のある女性が、染髪剤が原因で肝障害を患っていたことが分かった。女性の担当医師は、化学物質が多く含まれた染髪剤への使用に注意を促している。『Apple Daily』『The China Times』をはじめ、『Oddity Central』など複数のメディアが伝えた。中国・黒竜江省のハルビン市に住む50代女性のチェンさんは、30代の頃に白髪が生え始めた。当時はさほど目立たなかったものの、多くの女性がそうであるように40代になったあたりからこめかみ部分の白髪が目立ち始めた。その頃からチェンさんは月に1度の割合で、美容院で白髪染めをしてもらっていたという。ところがこれが、チェンさんの健康を害する原因になってしまったようだ。今から2か月前のある夜、チェンさんは2階にある寝室へ行こうとしたが異常な体の疲れを感じ、息切れした。そんなチェンさんを見た夫は、皮膚や白目部分が黄色になっていることに気付き、すぐにチェンさんを病院へ連れて行った。そこからハルビン市にある感染医学部へと回されたチェンさんが検査を受けたところ、血液中のヘモグロビンの分解によりできる「ビリルビン」が通常レベルの10倍以上も体内にあることが判明したのである。ビルビリンは増加すると黄疸、貧血、肝障害などが現れる。検査したフー・リユアン医師は、チェンさんの肝臓が肝硬変のかなり進んだ状態であると診断した。原因を追究する中で、チェンさんはこれまでアルコール問題は一切なく医学カルテ上も肝臓にダメージを与えるほどの投薬経験もなかったことから、フー医師が生活習慣を尋ねてみたところ、この10年間月に1度の割合でチェンさんが染髪していることを知り、肝障害の原因が明らかになった。フー医師はこのように話している。「染髪剤には、ニトロベンゼンやアニリンなど人体に非常に有害な化学物質が含まれています。これらは頭皮を通して体内に吸収されやすく、一旦体内に入ると肝臓により代謝されます。時間とともに、これらの化学物質は臓器に負担をかけ深刻なダメージを与えてしまうのです。肝臓を守るためにも染髪はすべきではありません。ですがどうしても必要がある場合は、植物性のものを使うことをお勧めします。化学物質の含まれた染髪剤は、使っても半年に1回以上の割合に留めるべきです。」その後、20日間以上の治療を受けたチェンさんの体調はかなり回復したという。しかし肝臓へのダメージは取り戻せず、がんに発展する可能性があることをフー医師から伝えられたそうだ。画像は『Oddity Central 2018年3月12日付「Woman Suffers Liver Damage From Dyeing Her Hair Every Month for 10 Years」(Photos: Orin Zebest/Flickr)』のスクリーンショット(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

      19
      テーマ:
    • キーラ・ナイトレイ 度重なる毛染めで脱毛状態だった

      引用元:http://japan.techinsight.jp/2016/08/kay08200750.html以下本文をコピー映画『ベッカムに恋して』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで人気を博したキーラ・ナイトレイ(31)が、度重なる毛染めのせいで髪が大量に抜けてしまったと告白した。大変豊かで艶やかなロングヘアが印象的なキーラだが、実は数年間ウィッグを使用してきたという。このほど英女優キーラ・ナイトレイが『InStyle』誌の取材に応じ、こう述べた。「様々な映画に出演するにあたり、想像しうる全ての色に髪を染めてきたわ。」「そのせいで私の髪は酷い状態になり、抜け始めたのよ。」1993年にデビューして以降、知らぬ間に髪をずいぶん傷めてしまったというキーラ。ついに抜け始めた頭髪を見て「これは大変だ」と思い知ったキーラは、“ある方法”に頼ったという。「この5年間は、ウィッグを使用しているの。髪にとっては最高だわ。」染めるのをやめたため、髪の状態はずいぶん元に戻ってきたという。ちなみに歌手レディー・ガガも度重なる毛染めが原因で薄毛に悩み、しばらくはウィッグを使用しダメージの進行を防いだという。様々なヘアカラーでお洒落を楽しんでいるカイリー・ジェンナーも、毛染めで髪が傷んだことを機にウィッグに挑戦。最近では「ウィッグの方が毛染めより簡単だし髪にも良い」とコメントしており、オシャレにウィッグをうまく取り入れ人気を博している。かつては「禿げ隠し」の道具だったウィッグだが、今は髪を大事にしたい人々がお洒落を楽しむための“ファッションアイテム”として重宝される時代なのだ。大変自然で本物そっくりに見える高品質のウィッグも多く、自然な髪にこだわるセレブにも愛用者は多い。(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

      3
      テーマ:
    • Canadaで子育て 2年半の総まとめ

      久し振りにブログを書きます。カナダに来て2年と半年が過ぎました。毎日、次から次へと出て来る案件の処理に追われて、休む事には無縁の状態でよくまあ倒れないものだと自分自身に感心しながらまだ生きています。昨晩、仲良くしている友人から「知り合いが遊びに来ると言っているんだけれど、どうしよう?」と連絡がありました。彼女いわく、カナダで自分達は優雅に生活していると勝手に思われていて迷惑だと。子ども二人を御夫婦で育てながら、彼女は現在大学に就学中。毎週のようにだされる課題の提出物やらテストに追われて朝方2時までの勉強は日常茶飯事。夫婦のどちらかが州立大学に就学すると伴侶に労働ビザがおりるため、ご主人は家族の家計を助けるためにフルタイムの仕事を1つとパートタイムの仕事を3つほど掛け持ち。朝6時から夜遅くまで働いています。もともと自国ではお金持ちとして優雅に暮らして来た二人ですが、為替の相場の違いやカナダの(特にバンクーバー)生活費の高さ、今までの収入との違いから、以前と同じ様な生活を送ることは出来ずにいます。私も似たり寄ったりの体力もお金も自転車操業生活なので、彼女の悲痛に充ちた言い分は痛いほどよく分かる。だから、彼女に伝えたのは、「同じ経験をした事が無い人に理解して欲しいというのは無理だよ。」という事でした。人間誰でも想像力はあるはずだけれど、その立場に立つまで本当の意味では何も理解出来ないし、するのは不可能だと彼女より10年以上長く人生を送ってきた私はそう思って毎日を生きています。忙しくてあれが出来ません。これが出来ません。お金がない無くて。家族がこう言う、ああ言う。ありとあらゆる言い訳を周りからウンザリするほど聞いて過ごした日本での生活。無いない尽くしのシングルマザーの私に、独身の人や子供がいない人たち、伴侶が稼いできてくれている人逹が堂々と出来ない言い訳を並べまくるのだから、この人たちの無神経ぶりは大したものだと何度思ったことでしょう。それぐらい、話をしている相手がどれだけ忙しく大変な毎日を送っているかなんてこれっぽっちもわかりはしないの。相手に理解して貰おうなんて気持を持ったら、自分のエネルギーを浪費するだけ。だから何があろうと誰にも期待することなく、淡々と自分がやるべきことをすれば良し。しかし、子供を育てながら海外生活するのは、同じ事を日本でするのとはこれまた数十倍に大変さの訳が異う。自分一人だけなら新しい環境に馴染むのにエネルギーを費やせばよいだけだけど、そこに子供がいれば、その子供の人数分のエネルギーと時間を要するから親の私は身体がいくつあっても足りない。子供は子供で必死に自分の居場所を探し、訳のわからない言語を自分の力で習得していかなくてはいけない。今まで積み上げたことを一度崩してまた新たに積み直す作業というのは、想像以上に忍耐を必要とする地道な作業だ。だからそれに耐えられるか耐えられないかで、大体2年を目安に帰国をしてしまう人も多いと聞く。直接世話をするという意味で小さい子供は手が掛かるけれど、子供が大きくなるから楽になるわけでは全く無く、今までとは違う事で手が掛かるようになる。成長期に伴う感情と身体の変化。学業。習い事。特にティーンエイジャーにもなると自我が目覚め、子供たちは大きく方向性を変えていく。学業にまっしぐらな子学業はそっちのけで遊んで回る子ドラッグに手を出だす子(お金がある家の子は特に)私は親が不在で小さい子供だけを海外に出すのは気が進まない。なぜなら親自身が経験をしていないような誘惑や落とし穴があるから。お金の使い道すらよく分からない子供にお金を与えて、親の目の届かない所で育てるのは、本当にギャンブルだと思う。日本人の留学生も色々と見て来たけれど、目的意識がしっかりした子供は、親に迷惑をかけないようにと必死に勉強していき、抜きん出てくるけれど、大半の高校留学している10代の日本人学生はただふらふらとしているだけ。現在の職場の先輩に言われたのは、「子供から目を離さずに常にそばにいなさい。そうすれば子供の変化にすぐに気がつくから」それをしないと、子供はドラッグにハマっていくと。今、住んでいるエリアは富裕層が多く、殆んどが名門大学か州立大学に子供を通わせたいと思っている親が集まる地域。教育熱心な親が集まっている分、びっくりするほど子供達もよく勉強している。カナダの場合、夏休みにある5週間のサマースクールで上の学年の単位を履修することが可能なので、勉強ができる子供達は高校1年生で、2年生や3年生の勉強をしている。3年生にもなると大学1年生の科目まで高校で履修できるため、勉強をする子としない子の格差はみるみるうちにドンドン広がる。特に中国人、韓国人、ロシア人の子供達は勉強が出来、カナダ人は全くお話にならないほど勉強しないと聞く。ただ良いことは、日本のようにバカでも勉学をする気が無くても、一応大学という名の付くところに行くと言うことはこの国では無いので(不可能なので)、進学を希望する高校生が集まる学校の勉強は既に大学並みに過酷。現在、高校1年生の長女(日本では中学3年生)も早朝から夜遅くまで宿題に追われているし、娘の友達は朝方2時まで寝ずに毎日勉強しているらしい。世界中の人が住んでいるここバンクーバーだけれど、今住んでいる地域に特に突出して多いのは中国人の富裕層。なんたって16歳で(カナダは16歳から運転できる)自分が所有しているスポーツカー(マックレーン)を運転して通学してくるような子供がいる地域。学校の長期休みになれば、ほとんどの生徒たちが海外への旅行に散らばっていくし、小学生の次女の友達はファーストクラスで旅行するご身分。お友達のお家には浴室➕トイレが5つもある。まあ、私がカナダの大学に通っていた時も、20代のクラスメイト達は自宅を所有し(バンクーバーは普通の地域の一軒家の相場は2、3億円、この近所は十数億円の家が立ち並ぶ)、トランスフォーマーとか言う映画に出ていたベンツ(ドアが上に開く)を乗り回していたり(それが納品されるまでの3ヶ月間を待てずに他にも一千何百万する車も買ったとか)、まあお金持ちぶりは、日本人が考えるお金持ちとは大分桁が違う。 お金で人生を思い通りに出来る人達が沢山いる様な中で生活していかなくてはいけないので、その調整は親がしてあげないと子供は惨めになる。まあ、もちろん地域格差が大きいので、それ以前に住んでいた地域の様に低所得者が多ければ、いじめだの盗みだの、授業を聞かない子供だらけになって違う意味で生きて行くのが大変になる。だからどこに居ようと自分は自分を貫いて行くことが大切になる。それがきちんと出来るようになると子供逹が大人になったときに、卑屈になって生きていくことはなくなる。無い物は無い。だから出来る事を一生懸命努力すればよいだけ。努力を怠って言い訳や不平不満を言う様なみっともない大人にはなって欲しくない。努力すれば小さなことにでも喜びと感謝の気持ちが自ずと生まれてくるし、その小さな喜びと成功体験を重ねて行くことが、この時期の子供にとって将来大きな財産になると私は思っている。何があっても折れない強さ。自分はダメだと諦めない強さ。その強さをいま与えられた全く違う環境で十分に培っていって欲しいなと心から望んでいる。子育ては人生においての一大事業。その子に一番合った子育ての方法は何かを未だに右往左往しながら、自分が求めるものを探求しつつ日々を送っています。

      9
      テーマ:
  • 24Jun
    • ヘナの不都合な真実1 オーガニック認定?

      久しぶりにブログの更新をします。日本を離れてもう2年2ヶ月が経ち、カナダでの生活も3年目に入りました。新しい土地で家族がきちんと生活できるために日々走り回っている間にも、日本のヘナ市場で随分と色々な変化が起きていた事を、このところ痛感しております。単なる個人販売の私が、これから書く内容をどれだけの方に伝える事が出来るのか、何をどう変える事が出来るのかを考えると暗澹とする思いですが、それでもこの情報を必要とされている方のために書いていきます。これはヘナ業界だけに限った事ではないのですが、日本に出回っているオーガニックと呼ばれる商品、あるいはオーガニック認定、エコサート認定を取っている商品が、必ずしも良い商品ではない現状があります。なぜ、オーガニックなのに良い商品ではないのか?オーガニック認定を受けているのだから商品の品質に間違いがない!と思われるのは、本当に無理はないかと思われます。しかし、日本ほど業者がやりたい放題が出来る国も珍しく、例えば、オーガニック認定を取った原料が入っていれば、商品にオーガニック認定マークを表示できてしまいます。最終プロダクト(出来上がった商品)に対する認定マークでない場合があるのです。海外で販売されている商品のオーガニック認定は最終プロダクトに対する認定です。つまり消費者が目にするのはオーガニック認定マーク。そしてその原料にその後に何か他のものを混ぜてもわからないのです。製造者が表示してある原材料以外の他の物質を混ぜたのなら、混ぜてある物質を表示すれば問題がないのですが、多くの人に売るための目的として、何としてもオーガニック認定マークを表示したいと考えている業者としては混合物をあえて表示するほどの良心は持ち合わせていない様です。最近もヘナに関する本を読んでいて、書いてある内容の所々に非常に違和感を覚え、(これは玄人にしかわからない間違い)私のヘナの仕入先のインド人の社長にすぐに連絡を取りました。案の定、私の不安は的中して、そのオーガニック認定のヘナがおかしいと他の方から問い合わせがあり、すでにその商品をインドの検査機構に検査に出してありました。結果、その商品からは、商品表示上は入っているはずがない化学物質が検出されたという報告を受けました。オーガニック認定を利用した悪質な商品といわざるおえないのですが、これがまた巷で大々的に宣伝されて売り出されている様で、謳い文句とは裏腹の商品が化学物質過敏症の方の元に届かない事を願うばかりです。こういう事はヘナ業界に限った事ではないのですが、消費者のニーズに合わせてそこを狙って儲けようとする業者が日本には後を絶たない事を本当に、本当に大変残念に思います。

      30
      2
      1
      テーマ:
  • 19Mar
  • 18Mar
    • 今夏、発売予定のヘナ品質チェック

      大変ご無沙汰を致しております。1月頭から働き始めた職場で、もう直ぐ4ヶ月目を迎えようとしています。この間に学生ビザから労働ビザへの書き換えの申請をし、3年間の労働ビザが無事におりました。そのビザを受け取った途端に、2年間張り詰めていた緊張感が一気に緩み、どっと疲れが襲ってきてました。神経も身体も休むことを要求しているのに、新しい職場で覚えなくてはいけないことも多く、気が抜けた身体を無理やり動かすような日々でした。そして気がつけば長い冬を抜け、外の風景はすっかり変わっていました。桜の花がちらほらと開花し始め、リス達は冬眠から目覚め、いろいろな種類の野鳥のさえずりを耳にするようになりました。待ちに待った春の到来でした。これからのバンクーバーは外にいるのが本当に楽しい季節になります。そして春の到来と共に私の手元に届いたのは、インドから送られてきた今夏入荷予定のヘナのサンプルでした。カナダに来てから2度目の(2年目)サンプルチェックです。手元に届く包みは、木綿の生地にミシンがかけられたインドならではの包装です。ハサミでジョキジョキと包装を切り、新しいヘナとのご対面です。 #インドから届いた新収穫のヘナ #サンプルチェック #今夏発売予定 #これから日本に入荷 A post shared by Kaneko Kayo (@kayo.kaneko1) on Mar 18, 2018 at 3:54pm PDTまずは乾燥した状態でのヘナの色味のチェック。酸化していたり古くなっていると茶色がかった色をしています。また鮮やかな緑をしている場合には色を綺麗に見せるために緑色の鉱石が混ぜられています。 #ヘナ オレンジ #本当のヘナの色 A post shared by Kaneko Kayo (@kayo.kaneko1) on Mar 18, 2018 at 3:56pm PDT次に、実際に自分の髪で試してみます。乾燥したヘナに50度ほどの熱目のお湯を注ぎます。(熱湯及び水はダメです)それを泡立て器で混ぜ、粘りとツヤが出てきたら合格です。この粘りとツヤは高品質なヘナの持つ大きな特徴です。ザラザラしたり粘りのないヘナはたとえそれがオーガニックの認証を受けていようとも品質は良いとは言えません。 #高品質なヘナには粘り、艶がある A post shared by Kaneko Kayo (@kayo.kaneko1) on Mar 18, 2018 at 3:57pm PDTそして、塗布。 これが一番ドキドキする瞬間なのですが、Kayo's Natural Hennaは頭に塗布した途端にス〜ッとエネルギーが変わります。(これはわかる人と、わからない人がいるので誰でもわかるとはいえません)そして、5分も経たないうちに血行が良くなり頭がポカポカしてきます。←これは誰もがわかる変化です。そのあとは、眠くなる人、頭がすっきりする人など毒素のたまり具合により現れる症状は様々ですが、ひどく毒素が溜まっている人の場合はかゆみを経験します。(毒素が皮膚から出てくるときにはかゆみという症状を伴います)そのあとは、ヘナを塗布してサランラップをしっかりと巻いてから、30分から1時間半ほどお好きな時間そのままの状態でいます。私は通常、この塗布した後の待ち時間に全ての家事を終わらせます。今朝は朝食で使った食器や鍋洗いをして、掃除機をかけ、スチームモップで床を磨き、家中のゴミを集め、窓枠やドアの桟、棚に溜まっている埃を拭き取り、トイレ掃除をして植木に水をやり終えてちょうど90分。この間、身体も動かしているので頭だけでなく身体の血行も良くなり全身がポカポカしています。そしてこのまま湯船にドポンと浸かり、頭に塗布したヘナをお風呂のお湯で流して、ヘナ風呂にします。最後にヘナ風呂で仕上げることにより、頭皮からだけでなく、全身のデトックスが完了します。湯船から出たらシャンプーして余分なヘナを流してドライヤーで乾かせば、髪にはツヤとハリコシが戻り、家も同時にピカピカに仕上がっています。昨年の夏に発売したヘナのクオリティーが非常に高かったので、今年はどうかな…とかなり不安でしたが、今年のヘナを使ってみたところ、去年発売した物よりも更に良い仕上がりになりましたので、ヘナをお求め頂いている皆様には、新収穫分のヘナも自信を持っておすすめできる運びとなりました。❤️ (ヘナの品質はその年の気候や気温に寄るので、こればかりは天に運を任せるしかありません。)今年もこの医療レベルのクオリティーを持つ高品質のヘナを大量に入荷しますので、どうかご自身と大切なご家族の皆様でお使いいただければ嬉しく思います。お求めはこちからお願いいたします。Kayo’s Natural Henna海外発送及び、海外からのご注文もサイトからカード決済で承っておりますので、ご利用ください。バンクーバー近郊のお客様に限り、直接の手渡しをいたします。

      4
      テーマ:
  • 21Jan
    • カナダでの2回目の新年を迎えて 新年のご挨拶

      大変遅ればせながら、明けましておめでとうございます。長らくブログを書くことから遠ざかっておりました。自分が向き合わなくてはいけないことが多すぎて、パソコンに向かって文章を書く時間も気分の余裕もありませんでした。でも先月の12月にプログラムを全て終了し、今年1月5日付で無事に大学を卒業する事が出来、また大学最後の授業の日に就職先が決まり、1月2日から無事に働き始めるという運びとなりました。卒業証書を受け取った時には、この薄っぺらい紙をもらうためにあれだけの苦労を必要としたのかと思うと感慨深いというよりも、やるせなさを感じてしまいましたが、無事に一山越えられたことによる精神的開放感はとても大きかったようで、この1ヶ月間は安堵感からか気が抜けすぎてゾンビのように生きていました。新しい仕事も先週で3週間を終えて、やっと肉体的にも精神的にも落ち着いてきた所です。そして、新年のご挨拶を書こうという気力が湧く所までたどり着いたというのが本音です・・・・。気がつけばもう直ぐカナダにきて3年目を迎えます。この間に引越しを2回。次女の学校は3回、長女は4回(内一回は引越したので通学する前にキャンセルしました)学校を変えました。私は大学での通常試験以外に2つ資格試験を受けなくてはいけなかったので、毎日が嵐のごとく忙しく、そしてほっとする間もない日々でした。唯一あった2週間のお休みは、引越し準備と学校転入手続きで全てが消えてしまいました。休む間も無く、吹雪の中を歩いているような日々でしたが、ふと気が付いてみたら季節が春に変わっていたというような不思議な感覚をこのところ味わっています。私自身が大変だったのであまりよく気がついてあげられていなかったのですが、実は子供達も本当によく頑張って乗り越えてきたんだなと、最近しみじみ感じる事がありました。思春期真ただ中の長女と思春期に足を踏み入れた次女の肉体も精神も大きく変化する年頃にカナダに来てしまった為に、外的要因までもが大きく変化したことを受け入れて調整するのは並大抵の苦労ではなかったと思います。でも何があっても後ろ向きではなく、常に前を向いて私の後にしっかりと付いて歩んできてくれたことには感謝するばかりです。英語の英の字もわからずにカナダにきた長女は先月末、学校の成績優秀者の欄に名前が載りました。自分の意思で自ら乗り越えて獲得したこの経験から、きっと多くのことを学び取ってこれからも逞しく生きていってくれるであろうと確実しました。そしていつの間にか大きく成長した娘の姿を見て、ほっと胸をなでおろしています。これまでの2年という道のりがものすごく長く感じましたが、これから先の2年はずっと楽に進めそうな予感がしています。去年の目標は「倒れない」ことでしたが、今年の目標は「日々の生活を充実させて娘たちと沢山の経験をする」ことにしました。そして久しぶりに遠く離れて長らく会っていない友人たちに会う事です。日本へ一時帰国できる予定がまだまだ立たないのですが、私自身がここでの生活にだいぶ余裕が出てきましたので、バンクーバーに遊びにくるご予定のある方は、ぜひご連絡をください!またヘナの仕事は細々と着実に進めていますので、いつでもフォローアップいたします。皆様からのご質問やご連絡はいつでも受け付けております。(今年の7月に入荷予定分のヘナはすでにインドに発注済みです!そして昨年の夏に入荷したヘナは品質がまた一段とあがっていますのでぜひ使ってみてください。)そして、最後となりましたが、本年度もよろしくお願いいたします。金子佳代

      12
      テーマ:
  • 01Sep
    • カナダの治安と移住に関して

      長らくブログを書くことができずにおりました。この4ヶ月間の間に2度の国家資格試験があり、その上に、引越しまでした為、やることが多すぎてブログを書く余裕が全くありませんでした。さて、この数ヶ月間の間に何名かの方からカナダの移住についてのお問い合わせをいただきました。ご質問の内容は様々ですが、移住をするのに必要とされる条件は移民局が公表しておりますので詳しくはそちらをご覧いただくなり、移民コンサルタントをご紹介いたしますのでそちらにお問い合わせをお願いいたします。一般論としては、collegeに行き卒業資格を取り、その後労働ビザを取得して( 州立のカレッジに行かないと労働ビザは降りません。労働ビザが降りるコースがある州立を選ばないで私立のcollegeを出た場合にはやり直しになりますので、選ぶ際にご注意下さい。)、就職して数年働いてから移民申請をするというのが流れになります。それと語学力も審査の対象になります。 私の場合は年を取りすぎていて加点が無いので、その条件をクリアした上にプラスαでスポンサーも見つけなくてはいけません。(まだまだやることは沢山あります)ご夫婦の場合は片方が大学に通っている間に、もう片方に労働ビザがおりる特典がありますので、二人で協力してどちらかが稼ぎ、どちらかが移民申請に必要な条件を満たしていくようになります。(私の場合は一人親なので、一人で全部しなくてはいけません・・・・。)なかには観光ビザで入国して、仕事を探し直接就職して移民申請に踏み切り移民をされた方もいらっしゃいましたので、それも一つの方法かとは思います。ただ私は基盤のない国ではステップを踏んで仲間を作っていく方が、何かと心強いのでは無いかなと思います。特にバンクーバーは狭い社会なので口聞きでの就職も多いと聞いておりますので、人脈を作ることはとても大切なようです。さて本題の治安についてです。色々なサイトにカナダの治安が悪いと書いてあるので不安なのですがというご質問を頂いたのですが、私は今のところはカナダの治安の良さには大変満足しています。バンクーバーの場合は確かにホームレスが集まる地域は治安が悪いのですが、一箇所に固まっているので逆にありがたいです。ところでご質問頂いた治安の悪さの意味がよく理解できなかったので、内容をお伺いしたところ、公園に使用済みのドラッグの針がたくさん落ちていて子供を遊ばせられないというのを読んだということなのですが、確かに私もその話をどこかで読んだか、聞いたことがあるのですが、私自身、公園で注射針が落ちているのはこの一年半の間に一度も見たことはありません。 私の周りにも子育てをしている方が何人もおりますが、注射針が落ちていたという話は一切出たことがありませんので、真偽のほどは私にはわかりません。もしかしたら特定のある地域的なものかもしれません。 ただ一つだけ知っておいていただきたいのは、カナダ政府はドラッグ使用者に無料で注射針を配布しているということです。配る理由は使い回しによる感染を防ぐためらしいのですが、日本人の私達には逆に使用を勧めているような感じがしてなんとも理解に苦しむ政策です。カナダと言うと大麻が解禁されている国と考えられている方が多い様ですが、一応今のところ合法ではありません。ただ、市内のどこにでも専門店があり、友人によると医師の診断書があれば簡単に買えるそうです。道を歩いていると大麻を吸っている人にたくさん出会います。どちらかと言うとタバコを吸う人よりも大麻を吸っている人の方が多い印象を受けます。 匂いに慣れないのですぐにわかりますが、娘たちはカナダのタバコは日本のタバコとちがって変な匂いがするとよく文句を言っています。 でも正確に言うとタバコではなくて大麻です。では大麻を吸っている人がいるから治安が悪いのかというと、タバコを吸っている人が多いから治安が悪いというのが聞いたことがないように、大麻を吸って人に危害を加えるという話は聞か無いので、治安とはあまり関係は無いように感じます。大体、カナダ自体が日本のような競争社会でない上に、くそ真面目に働くわけでもなく、さらに労働時間は日本人よりずっと短いので(キッチン以外は)、ストレスがない分、精神的に病んでいる人を見かけないので、その意味での治安の良さはあるのではないでしょうか?(ただ、態度が悪い人や、言葉使いの悪い人はおります。)そう言えば、数週間前に公園でティーンエイジャーの女の子が殺され、子を持つ親たちがかなり大騒ぎをしていましたが、毎日のように自殺の為に電車が止まり、毎日のように親殺し、子殺しのニュース、無差別殺人のニュースを聞いて日本で過ごしてきた私には、逆に周りの騒ぎように新鮮な驚きを感じました。何を持って治安が悪いかを考える際に、その方の育ってきた環境や経験により、受け取り方が全然違うので、ご本人の希望にそうかどうかを移住を決める前に一度ご自身の目で確かめられることをお勧めいたします。それまでに海外生活の経験がない方には特に一度、観光で数ヶ月ほどお試しで滞在されてみてから移住に踏み切るのが一番良いのではないかなと思います。そしてそれ以上に移住で一番の課題になるのは治安以前に、ご本人にどれほどの意志と気力を持っているかということが問われるかと思います。多くの方が途中で挫折して帰国している話は私も聞いておりますが、ありとあらゆる課題を生活環境の違う中で子育てしながら対応していくのは、ギリギリの体力と気力が要求されてきますので、どこまで闘い抜いて耐えていけるかを良く考えるのはとても大切なように感じます。それから、カナダは子供に対して寛大な国ではありませので、お子さん連れの場合は住む物件を見つけることも一つの大きな課題になってくることを付け加えておきます。(アメリカが子供に対して寛大な国だったので、あまりの違いに驚いています。ちょっと日本に似ています。)この情報が何かの判断の一役に立つことを願うとともに、移住際にはブレない強い意志を持って踏み切られますことを願っております。それから私は移民に関するアドバイスをする資格を持っておりませんので、移民についての詳しいご相談は専門の方をご紹介いたしますので、遠慮なくお申し出くださいませ。

      25
      テーマ:
  • 25Apr
    • カナダの中学生事情

      長女がカナダの中学校に通いだしてからもう直ぐ8ヶ月目を迎えようとしています。世界中から集まった生徒たちが通う学校ですが、娘曰く、毎日学校に通っているというより、動物園に通っているような気分になるのだそうです。😅(みんなバラバラ自由勝手気ままなところが動物みたいに感じるらしいです。)さて1ヶ月ほど前の事、長女から突然「踵が切れて痛くて歩けない。」と悲痛な声で電話が入りました。ダイエットをすると言って、前の日に2時間も縄跳びをしていたので、もしかしたらそれが原因でアキレス腱を切って歩けなくなったのでは無いかという最悪の事態が頭をよぎり、慌てて学校へ迎えに行きました。緊急外来はどこにあるのかさえわからないし、ましてやタクシーの電話番号すらわからない・・・。誰に聞けば良いのだろうと不安を抱えながら学校にたどり着くと、入り口で私の到着を待っていた娘が片足を引きずりながら出て来ました。娘が痛いという足を直ぐに触診しながら確認してみると、どうもアキレス腱が切れていることはなさそうだということがわかりました。  そして色々と確認をしてみると、なんと今朝下ろしたばかりの靴のせいで、靴擦れをおこしていただけでした・・・・。私は胸をなでおろすと共に、完全に拍子抜け。😓しかし、この出来事を通して初めてカナダの学校には保健室という設備がない事に気がつきました。もし保健室があれば、保険の先生がこれは靴づれを起こしただけだから心配する必要がないとか、絆創膏を貼って対処してくれるとかあった筈なのですが、肝心の保健室も保健の先生もいない為に、娘は頼る先が無かったのでした。カナダ特有の自己責任で対処しなさいということなのでしょうか?!結局、その日は足が痛くて歩け無いから家に帰りたいという娘の意思を尊重して帰宅の途についたのですが、保健室や保健の先生を学校に置か無い理由はなんなのだろうかと考えてしまいました。さてそんなバタバタ劇を終えてホッとしながら帰宅をしている途中で、キラキラ光る素材のノースリーブを着た女性に出会いました。「あの人あんな格好して寒くないのかしら?!Σ(・□・;) ママ達なんてまだダウンジャケット手離せないのにね。」というと娘が「あっ、あの人同じ学年の人だよ。」「元々は男の子だったんだけどね、今は女の子なんだよね。」と言いだすではありませんか。『え、えっ〜。 今、何て言ったの?!😲』すれ違いざまにその娘の同級生という子を良く観察してみると、ブラジャーをしていて胸は膨らんでいるし、髪は長いし、パンプスを履いて腰をしならせて歩いているから女性にしか見えなかったけれど、言われてみて良く見れば確かに顔は男性でした。💦中学生でこんな子がいるなんて・・・・。と驚きを隠せなかった私ですが、更に娘の口から出てきた次の一言に完全にノックアウトされてしまいました。「他にもああいう生徒が学校内に何人かいるんだよ。カナダだね〜。日本じゃ考えられないけれど。」「えーっ・・・・、まだ他にもいるの⁈」Σ(゚д゚lll)娘はいつの間にか私の知ら無い世界で生きていたようでした。そして靴擦れが何かも知らなかった我が娘がそのトランスジェンダーの同級生に比べてやけに幼く見えてしまったのでした。ひょんなことから色々なことを知った一日でした。(去年のゲイパレードで)

      21
      テーマ:
  • 18Apr
    • 子供の若白髪にヘナは対応できますか?

      先日、ヘナをご購入されたお客様から下記のようなご質問を受けました。息子も中学生ですが遺伝で若白髪です。年齢的に髪染めるにはまだ早いのかな?と思いますが何歳位からヘナを使うことができますか?その場合、色はインディゴのみで大丈夫でしょうか?先ず、お子さまにヘナを使っていただいて全く問題がありません。赤ちゃんからご使用いただけます。ただしこの場合はごく限られたヘナのみになります。残念ながら市場に出回っているヘナ100%と書かれている商品の多くに化学物質が混入されているのが現状です。それは売り手の問題というよりも、作り手(インド側)の事情によるものが多いのですが、売り手もそれをチェックしないで販売してしまう場合がほとんどなので、オーガニック認定を受けている商品でも、リコール問題が起きているのが現状です。(多分、化学物質過敏症の方が毒性検査に出されたのだと思います。)以前の古いブログで(http://ameblo.jp/mayura-ayur/theme-10082202945.html)も書いたことがありますが、私の母も美容院で施術してもらったヘナで顔がパンパンに腫れ上がるアナフラキシー症状を発症した経験があります。ヘナだから安心なのではなく、化学物質が含まれていないヘナの場合にのみ赤ちゃんから安心してお使いいただけます。ここを間違えると大変なことになります。Kayo's Natural Hennaはインドから入荷する前に必ず品質テストが行われている商品のみをお取り扱いしております。現地に日本人スタッフを配置し、インド人社長自らが入荷のたびにインドの現地入りして商品管理をしている会社からヘナを購入しておりますので、安全性と品質の良さだけは自信を持っております。また今まで講座を開催してきた中でもお子さん達への施術はしてまいりましたし、時分の娘達にも使ってきておりますし、ご自宅でお子さまにご使用いただいているクライアントさん方もおりますので安心していただければと思います。子供の場合、基本的にオレンジ(ヘナのみ)で十分です。ただし若白髪があるお子さまの場合には白髪がきれいなオレンジ色に染まってしまいますので、学校で問題になるかと思いますので、その上からインディゴで二度染してください。髪の色が明るいお子さまの場合にはインディゴではなくブラウンをお勧めします。手順は乾いた髪にオレンジのペーストをのせる。(この際に絶対に熱湯でヘナを溶かないでください。有効成分が壊れてしまいます。必ず湯を50から60度に設定して蛇口からだしてお使いください。)         ↓地肌に分け目をつけてそこにたっぷりとヘナをのせていく。         ↓それを5mm間隔で横にずらしながら分け目をつくりのせていく作業を繰り返す。         ↓地肌全体にヘナがのったら残りを髪の束を少量づつ作り髪全体に伸ばしていく。         ↓サランラップで髪をしっかりと巻き、その上からシャワーキャップを被り40分ほど待つ。(この時にからだが冷えると色が入りにくくなるので、必ず暖かい部屋で塗布してください。)         ↓ヘナをシャワーで流す。(Kayo's Natural Hennaの場合にはここでお風呂に入って湯船の中でヘナを洗うことをお勧めしています。 インスタント・デトックス風呂が出来上がります。浴槽には色がつきませんのでご安心ください。)         ↓髪をタオルドライして髪の余分な水分を拭き取ったら(この際、ドラーヤーで乾かさないでください。)、同じ要領でインディゴあるいはブラウンをお入れください。         ↓インディゴあるいはブラウンを40分置いてあとはシャンプーで綺麗に流してください。(インディゴ及びブラウンはお風呂に使用できません!)またご質問いただきました、インディゴの件ですが、インディゴだけで染めることはできません。インディゴはヘナに含まれるローソンを染色して色が入りますので、ヘナで染色されていない髪には色が入っていきません。ヘナは自然染料だから安全と信じきっている人もたくさんおりますが、残念ながら経済最優先の世の中では、内部事情を知れば知るほどそうではないことがわかってきます。それは今まで開催してきた講座で散々お伝えしてきましたが、妊婦さんのお腹に施すメヘンディ(ヘナタトゥー)も、多少のリスクがあることは考慮された方が良いでしょう。メヘンディは癌になるからやめた方が良いと何人ものインド人に言われてきましたが、それはメヘンディが悪いのではなくて、メヘンディに含まれている化学物質のことなのです。残念ながらコーンに入ったインスタントのメヘンディーには全て化学物質が入っていますので、それを覚えておいてください。化学物質が混入されているかどうかは色を見れば一発でわかりますが、本物を経験したことがない人に偽物は見分けられませんので、それはご本人の経験が必要になります。先ずは本物を知ることから始められてみてください。目が効くようになれば、表示がなくてもわかるようになります。

      17
      テーマ:
  • 16Apr
    • カナダでの怒涛の1年間を終えて

      まだまだ寒いカナダですが、長い長い冬を抜けて春の訪れを感じる今日この頃です。バンクーバーの街中でもあちらこちらで桜が咲き乱れております。気がつけばカナダに来て1年が経ちました。今までの人生の中で一番のチャレンジになると腹を括ってきたものの、まあ本当に想像以上の忙しさと大変さでした。自分一人だったり、伴侶がいればさして大変ではなかったとは思うのですが、子供が二人いると子供達の分の人生まで同時進行していくので、一度に3層の人生を歩んでいるような不思議な感覚でした。特に海外の小学校、中学校のことは何一つ経験がなかったので、どう対応すればよいかに戸惑うこともしばしばありましたし、それがより私の生活が忙しくなる結果となりました。一番大変だったのは、中学生の長女の宿題の手伝い。数学やらエッセイやらと英語力の足りない娘にはどう頑張ってもできないレベルの宿題がよく出されるので、その度に、真夜中まで代わりに宿題をやるのはかなり疲れる作業でした。自分の勉強がなければ日中にいくらでもできたのですが、なにぶん私も学生の身で試験はしょっちゅうありますし(今週金曜日は国家試験です)、授業は朝の6時から始まるので起床は朝の3時がザラでしたので、本当に体がいくつあっても足りない状態でした。その上、間の悪いことに次女はちょうど9歳。「9歳の壁」や「9歳の危機」と言われる反抗期にどっぷりと浸かっていたので、長女、次女それぞれ違うレベルで私のヘルプを必要としていて、かなりきつい試練の連続でした。そんな中、合間を縫ってオリジナルブランドの立ち上げ(問屋・HP制作会社・充填会社)と自宅の土地処分のやりとり(不動産会社・司法書士・測量士・弁護士)を時差が16時間もある日本との間でやりとりしていましたので、自分の中では24時間フル回転で動いていた感じでした。カナダに来て一年が経ち、「早かったですね」と色々な方からお声をかけていただくのですが、私にしてみると1年で3年分の人生を送ってきたので早かったというよりはやっと1年が終わったのかというのが正直な感想です。💦 写真:(カナダに来て丁度1年目の4月11日はクラスメイト全員と一緒に学校での食事会。学部長であるシェフにお願いして娘達も連れて参加。 1年後にこんな時間を過ごすとは夢にも思わなかった。)でも大変なことばかりではなく、雨降って地固まるの言葉のごとく、娘を安心して任せられる個人教師がみつかり宿題の面倒は全てお願いできるようになりましたし、疲れている私の身体の手入れを委ねられる腕の良い鍼師(中国系ロシア人の女性)が見つかりましたし、次女は今年の3月の10歳の誕生日を境に急激に落ち着いてきて反抗期の影が見えなくなってきたりと、春の訪れと共に色々なことが一気に片付き始めています。全くなんの期待もなくお尻に火が付いて(原発問題と憲法改正問題で)日本から出てきた私でしたが、ビサの為に始めた私の学生生活は大変ではありますが本当に良い仲間に恵まれ、ここで頑張れる大きな原動力となっている事には感謝の日々です。チャレンジはどんなに小さなことでも最初は大変ですが、それを超えた時にしか味わえない喜びがあるのは本当に神様からのご褒美ですね。まだ手を入れなくてはいけない課題はありますが、目の前にうず高く積まれた問題が、目に見えて少なくなったのであと一歩!この春休みは娘二人だけで(私の学校は春休みがないので)自宅と友人に別れを告げるために2週間ほど一時帰国させましたが、帰国した二人は久しぶりに日本に帰って良い面も悪い面も両方含めて色々と感じることがあったようです。先日、「ママ、カナダに来て正解だったね!」と反抗期を思いっきり駆け抜けてきた次女の口から出てきた珍しい発言に「どうしたの?」と聞くと「カナダは空気が綺麗だから目が痒くならない!!!!」(日本滞在中は目の痒みに悩まされたそう)「⁈」って感じでしたが、まあ随分と素直になってきた娘を見てホッと胸をなでおろした一瞬の出来事でした。今、大変な中にいらっしゃる方に何か微かな光が見えることを願って書いてみました。^_^どうか今日も良い一日をお過ごし下さいませ。

      16
      テーマ:
  • 20Mar
    • 新収穫ヘナ

      昨日、インドから新収穫のヘナのサンプルが届きました。ミシンがけした布袋に入って届いた国際郵便物。未だにこの入れ物というところが、いかにもインドらしい・・・・。💦でもこれ丈夫で破けないので、なかなか良いアイディアではあるんですけれどね。帰宅して早速その晩に新収穫のヘナでトリートメントしてみました。ヘナの匂い良し、色良し。 お湯で溶いてみたら粘り具合良し、ツヤ良し。なかなか期待できそうな予感。トリートメント後の仕上がりは。今まで以上の櫛通りの良さとツヤ感。(自撮りしたので上手く撮れなくてゴメンなさい。いつもは娘に写真を撮って貰うのですが・・・、春休みで一時帰国中。頼りの娘はカナダにはおらず。汗)今年、入荷予定のヘナにはすごく期待してください。自然環境に影響を受けてしまう植物だけに品質はその年の気候いかんにより差が出てしまうのですが、今年皆様にお渡しできるヘナは半端なくクオリティーが高いです。これから検品、インドから船に乗って日本に到着後に、国内で充填してから新収穫分の発売になりますので、5〜6月あたりには売り出せるかと思います。先ほどインドに渡っている社長から、これから現地入りして検品に立ち会うと連絡がありました。またどんな様子かを皆様にお伝えできればと思ってます。❤️乞うご期待!!

      23
      テーマ:
  • 19Mar
    • 発送拠点変更のお知らせ

      長らくブログから離れており大変失礼しました。目まぐるしい日々でなかなか落ち着いてブログを書く時間が取れませんでした。長い間続いた雨、雪から少しづつ解放されつつあるのかやっと青空を見た今週末でした。やはり春は待ち遠しいものです。さて今日のお知らせは今後のヘナ、お化粧品の発送拠点変更のお知らせです。4月半ばをもって発送拠点を東京から福岡に移します。今後の発送料金が変わりますので何とぞご理解のほど宜しくお願いいたします。ホームページからのご注文分の送料設定も4月半ばで書き換えます。現段階の予定では商品の発送は4月10日まで東京からの発送、4月10日から20日の間は発送を停止をします。20日以降は福岡からの発送となります。なるべく送料を抑えるためにゆうパックでの送料設定も加えていく予定にしております。また海外からの商品のご注文が増えてきましたので、PCから海外発送分のご注文も承れるようにしていきます。今までご不便をおかけしました皆様には変更までに時間がかかってしまい大変申し訳ございませんでした。200年間代々続いた地主としての金子家も4月をもってその歴史を閉じます。この大仕事を託され解決までに15年という月日を要しましたが、ご先祖の皆様、そして弁護士の先生方の多大なるご協力をいただき、ようやく解決まで辿りつけました。心より感謝をいたしております。

      5
      テーマ:
  • 05Feb
    • 中年から始めたカナダでの大学生活(^^;;

      あっという間の2月ですね。娘に今日は日本では節分だよと指摘されてそうかもう立春なんだと思ったのもつかの間、2週間も続いたお天気も昨日から雪が降り出し、一気に冬に逆戻りのバンクバーです。さて今日は9月から通いだした大学生活について少し書いてみます。現在、私は州立のカレッツジに通い、culinary arts(調理科)を専攻しています。大学には移民するために必要な過程として在籍しています。去年の4月から通っていた語学学校で一緒に学んだクラスメイトたちの半分も現在移民を目指してそれぞれの専門分野(得意分野)で他の州立大学に在学しています。(地震のために津波が起きた設定での避難訓練中。 津波の設定なのに坂の下にある公園へ避難しているところをテレビ局が撮影。津波を理解していないカナダの避難訓練は何の意味もなさないどころか逆に生徒の命を落とさせる自殺行為ですよとインストラクターに苦情の申し立てをした私です。。。💦 )ブリティッシュコロンビア州では州政府が承認している大学のコースに2年間通うことで卒業後3年間の労働ビザがおります。1年間のコースを修学した際には、1年間の労働ビザがおります。 私は現在2年コースを専攻していますが、卒業後に就職して就労しながら移民申請に踏み切ります。本当は仕事に関係のある代替療法を専攻したかったのですが、その分野では専門学校になってしまい労働ビザがおりないので断念。同じ調理でも私立大学の場合にも労働ビザは下りないので、移民を希望するのであれば、どの学校のどの学科をとるかをきちんと調べる必要があります。それを間違えると、卒業後にもう一度州立大学に行き直さなくてはいけなくなります。実習での評価が75%、テストが25%になり家でなかなか勉強する時間が取れない私には好都合な学科ですが、大学内での実習は毎日評価されるので気を抜くことはできません。さて成績評価には遅刻、欠席が大きなウエイトも占めます。 遅刻すると−5点、欠席すると−10点を引かれ毎月の合計が70点以下だと1ヶ月の停学処分になります。 すでに計7名の生徒が1ヶ月以上の停学処分を食らっているのでそれは日本の大学と違いなかなか厳しいです。停学した分は卒業後にまたお金を払って休んだ期間のコースを取り直しになりますが、停学処分を食らっているのが軒並み一人っ子でお金がある中国人の子供達なので、甘やかされすぎて育ってしまうと気力がついてこないようです。さて最初の半年は大学の学食(カフェテリア)のキッチンで実習です。通常の料理学校で行われるようなシェフのデモンストレーションを見ながらの調理実習は最初の1ヶ月のみ。2ヶ月目からガンガン働きながらの実習スタイルの授業になります。6グループに分割されて1グループ4〜5人体制で、半年かけて6つのセクションを1ヶ月ごとに担当していきます。私は10月にPaystry・Dessert(パンやお菓子)の担当から始まり、Gardemanger(サラダなどのコールドセクション)、12月の今はSandwichs(サンドイッチ)、1月Breakfast(朝食)、2月Short Order(注文に応じてその場で調理して提供する)、3月Entree(メインディッシュ)という流れになります。朝食から昼食を提供するので、一番早い月は朝6時からキッチンに入ります。この1月はブレクファストの担当でしたので朝は3時半起き、5時に家をでる生活をしています。来週の月曜日で朝食担当が終わるのでちょとホッとしています。キッチンではクラスメイト25人+シェフ5〜6人で400から1000食分近くの食事を作り、その調理実習のあい間を縫って30分ほど理論の授業が入ります。この理論の授業が入った日は調理する時間が減るのに、食事は通常通りの時間に同じ量を作らなくてはいけなので、ひどく忙しくなります。 そこに停学処分を食らったチームメイトがいる場合は人数が足りないのでもっと悲惨になります。(2名停学処分を食らったグループは1ヶ月間も2人で4人分の仕事をしなくてはいけなくてそれはそれは大変でした。)さてグループ自体も、実力がある人が集まっているグループ、調理ど素人が集まってしまった悲惨なグループ、仲の良いグループ悪いグループとが混在していて、日々、様々な人間模様を繰り広げています。私の場合は非常に仲の良いグループに所属しているので、何の問題もなく毎日が過ぎていますが、グループ内に女性が3人いる場合はかなり悲惨です。どうも女が3人寄ると仲間割れするらしく、険悪なムードでムンムンです。あまりにも仲が悪くてお互いの悪口ばかりを言い合っているのを見かねたインストラクターが、グループメイトと仲が悪い場合には成績の評価を落とすと勧告し、問題が終息したというまあ笑える話もあったりします。話がずれてしまいましたが、日本の大学生活と違い、海外の大学はどこも実力評価です。だから日本の大学のように入学さえ出来れば、卒業が保証されていると勘違いすると大変な目にあいます。でもこのシステムの方が逆に修学している人にとっては良い結果へ結びつくと私は評価しています。現在の私のクラスメイトは下は17歳から最高年齢の私まで歳の差30歳。20代半ばから30代半ばが大半ですが、若い世代の人たちが自分の将来のために移民を目指して一生懸命、異国の地で生きている姿を見るのは大きな刺激になっています。それからこの州政府が用意しているコースを卒業して就労しても、移住ができるかといったらそういうことではなりません。現在、移民が増えすぎているためどの移民国家も非常に厳しい条件を出しています。政府が指定する条件にあう人物かどうかが審査の基準になります。それはポイント制で計算され必要な条件(年齢、語学力、カナダで修学あるいは就職しているかなど様々な項目があります)を満たしていることが大前提となります。私はそのポイントを稼ぐために現在修学していますが、就労してそこでスポンサーを見つけるところまでが私に必要な条件なのでパフォーマンスが高くないとなかなか厳しいので、後悔のないようにやれるだけことはやりきっていきたいなと思っています。残りあと4年で勝負がつくかどうかの結果がでます。肝心なところで更年期障害がでないように今から対策対策デス。(カンガルーの肉)

      30
      テーマ:
  • 23Jan
    • 中年期を迎え体力に不安がある方へ

      お正月が終わってしまったと思ったのもつかの間、もうすぐ1月も終わろうとしていることに最近気がついた私です。さて1月に入りすでに2回のテストを終えたばかりですが、年のせいか、夜勉強しようと試みても、教科書を目で追って読んでいるばかりで内容が何一つ頭に入ってこないという有様で、体力の低下は避けられない課題となっています。夜の勉強は全く意味をなさないことを悟った私はそれ以降、試験のある1週間はいつもよりも更に1時間早起きをして、勉強することに決めました。朝2時からごそごそと起きて勉強を始めるのですが、これが不思議なくらいに勉強がはかどること。(今月は授業が6時始まりのため、朝5時には家を出るというスケジュールで生活しています。)そういえばアラブとの商談を50年に渡りしている母の友人が(70代現役)が朝は4時に起きして午前9時までにすべての仕事を終えると言っていたことを思い出し、体力に応じた活動をしたければ、年齢が上がるにつれて早朝がどうも良いようだと思うようになりました。さて最近立て続けに、体力の衰えを感じるのでどうしたら良いですかと同じような質問を受けましたので、お役に立つことを願って私が実践していることをシェアします。現在、大学でクラスメートのほとんどが20代後半から30代前半という年齢構成の中で過ごしているため(一番若いクラスメートと私の年齢差はなんと30歳)、若い人たちの体力のあり方には眩しさを覚えるほどですが、そうとは言っても高齢だからといって別待遇でサボれるわけではありませんから💦、日々のケアだけは劣らずにしています。私は日々健康的な食事をすること以外に、体力の衰えを感じ始めてから飲み始めたサプリメントがあります。それははB complexのサプリメント(食品ベースのビタミンB1、B2、B5、B6、B12が含有されているもの)とビタミンEです。他にも幾つか摂取しているものがありますが、体力の低下を劇的に改善させたのはこの二つのサプリメントです。(右のサプリは私が取り扱いしているもの、左のものはカナダで購入しているローカルの商品です。)サプリメントを選ぶ際には大切なポイントが幾つかあります。原材料がすべて食品でできていることは最低限の条件ですが(化学物質ではなく)、原材料の素材にこだわっていること。抽出する際にビタミンが変容してしまうような高温で加熱抽出されていないこと、化学薬品で抽出されていないことも重要なポイントになります。またビタミンを吸収しやすくするために単体ではなくその他のビタミンや栄養素が含まれていることも選ぶ目安にしてください。また適度に身体の解毒や腸のケアをしないと取り入れた栄養素がきちんと吸収されませんので、解毒も必ずとりいれてください。まずはビタミンBの作用として下記のものが挙げられます。(引用先:http://www.orthomolecular.jp/nutrition/vitamin_b/)エネルギー作り、脂質や糖質の分解に関与する体タンパクの合成や造血に関与する神経を守り、正常な働きをするヘモグロビン、赤血球の合成造血作用に関与するたんぱく質の代謝、核酸の合成に関与する脳の発育を助ける神経伝達物質の生成や抗アレルギー作用に関与するストレスや過労、加齢でビタミンB群が大量に消費されます。そのため体力が無くなったとか休んでも疲れが取れないと感じる人は、ビタミンBコンプレックスはとてもオススメです。ただしビタミンBは単体で摂取しても上手く吸収されませんので、複合体(コンプレックス)をオススメします。次にビタミンEの働きは下記のようなものが挙げられます。(引用先:http://www.orthomolecular.jp/nutrition/vitamin_e/)⭐︎脂肪の酸化防止⭐︎生体機能調節(ホルモンバランス、自律神経安定)⭐︎血行促進ビタミンEが不足すると起きてくるのが、生理障害、更年期障害、生殖機能の衰え、自律神経失調症。 中年期真っ盛りの方には、これから迎える更年期障害を上手に乗り越えるためにも生体機能調節のあるビタミンEも良い選択となるかと思います。ビタミンEは汚染物質の多い環境に住んでいる人、ストレスの多い人、病態を改善したい人にもとても効果的ですので、東京など関東圏の空気が悪くて(公害・放射能の両方を)、ストレスが多い環境に住んでいる人には必要な栄養素かと思います。また私が一番悩んでいることが、相談者の方の状態が加齢による体力の低下なのか、低線量による内部被曝による体力低下なのかを相談内容からは判断できないことです。内部被曝が進むと無気力、体力の低下、免疫力の低下が目に見えて現れてきます。加齢による体力低下とはちょっと違うなと感じるようであれば、被曝を疑う必要性はあるでしょう。特に下記の写真のようなクマがすでに顔に出てきているようでしたら確実に被曝の現象です。ご参考までに。放射能に関するその他の情報は以前のブログを参考にされてみてください。いつもでも元気に毎日が過ごせますことを願っております。

      9
      テーマ:
  • 16Jan
    • 福島の嘘 (ZDF)

      久しぶりに放射能関係のブログです。バンクバーはこの1週間晴れ渡りとても気持ちの良い日々を過ごしていますが、被曝したという報告が入ってきていますので、も少し多くの方に福島原発の現状を知っていただきたく思い、30分ほどの短い動画をシェアします。 是非時間を割いてご覧になってください。以前から福島原発に関する取材を重ねて放映しているドイツZDFの番組です。それからこの問題は福島だけに限られたことだと勘違いしている人が多いですが、瓦礫処理は全国の焼却炉でされていますし、食品は産地偽装で全国で売られ、また福島産の食材は安く売られているために広く外食産業で使われているという事実があります。汚泥はコンクリートに混ぜられ建材として使われたり、家庭用の肥料土に混ぜられたりとありとあらゆる見えない形で私たちの生活の中に浸透してきていることに早く気がつかないとこれから本当に大きな負担を払わなくてはいけなくなります。また、学校給食及び病院食で使われていることを考慮すれば、これは地域限定された問題ではなく日本全体に及ぶ問題だという観点から見る必要性があるでしょう。もちろん、ここカナダのサーモンからも福島由来の放射性物質が検出されています。どれだけの汚染が世界中に広まっているのかを把握することで、自分たちがどのような状況下に置かれているのかを知ることができるでしょう。小さな子供の病気(癌や死亡も含め)私の周りの人たちを経て伝わってくるニュースを聞くたびに暗澹とする思いですが、自分や家族の身を守れるのはご本人以外いませんから、きちんとした情報収取に努めることと、できる限りの被曝対策だけは自己責任でされてください。それから子宮からの出血、流産など生殖器系の異常報告をよく耳にします。セシウムは筋肉にたまりますので、すでに異常を感じている方は必ず被曝対策をしてください。リンクを下に貼りました。ぜひアクセスしてください。https://youtu.be/8MZKxWLruZQもし動画が確認できないようでしたら動画の内容を書き起こししてあるサイトがありますので、そちらをご確認ください。http://useful-info.com/zdf-program-fukushima-no-uso

      26
      4
      4
      テーマ:
  • 14Jan
    • 新規取り扱い店 (再投稿)

      Kayo's Natural Henna新規取り扱い店のご紹介です。フロストユカさんSandalwood 〜サンダルウッド〜Holistic Health and Beauty温かみある空間の自宅サロンで、髪を美しく、さらに健康へと、トータル美のサポートをいたします。当面、友人・紹介制のみですが、渋谷区内でしたら出張いたします。詳細、又ご興味のある方はsandalwoodhhb@gmail.comまでご連絡ください〜。フロスト由華ヘナセラピスト米国NTI認定栄養コンサルタント顔筋コーディネイトその他の取扱店の情報はこちらから↓http://ameblo.jp/momandearthorganics/entry-12199170380.html

      9
      テーマ:
  • 03Jan
    • ゼロからのスタートだった1年を終えて。 

      新年あけましておめでとうございます。大雪だった大晦日からガラリと変わりバンクーバーの元旦と2日は快晴です。近くの山は雪化粧をしていてどこにいてもとても綺麗に見えます。(ノースバンクーバーに向かうシーバスの中から)知り合いも土地勘もないカナダで去年の4月から新しい生活を始めた我が家ですが、大晦日は和やかに語学学校の友人達と忘年会を、今日は大学の仲間達と新年会をしました。(語学学校時代の友人達と5ヶ月ぶりの再会)(大学の友人達と)(新年なので押し寿司を作って持っていきました。)ゼロから始まったカナダでの生活でしたが、気がついてみたら同じ目的を共にするたくさんの仲間に囲まれていました。子供達の将来のためにと出国しましたが、もしかしたら、私が一番楽しんでいるかも知れないと思う今日この頃です。ここで出会った友人達は様々なバックグラウンドを持つ世界中から来た人たちですが、そんな友人達の人生を間近に見ることで、子供達には、色々な生き方があり、たくさんの選択枠があることを知って欲しいなと思っています。そしてここで得た色々な経験を土台に自分の望む生き方を見つけて、大きく羽ばたいていって欲しいなと願っています。去年はカナダでの生活の地ならしと種まきで終わってしまった1年でしたが、今年はそれを成長させる年にしたいと考えています。明日からもう授業が再会しますので今日はこの辺で。皆さまも思い描く様な1年を送れます様に!

      14
      テーマ:

プロフィール

Mom & Earth Organics

自己紹介:
1969年生まれ。幼少期から、胃がんを自然療法で治した祖母の影響を強く受けて育つ。2001年、父を癌...

続きを見る >

フォロー