めずらしく、仕事関連の話題です。

 

金型の材料に『NAK』(ナック)という鋼材があります。

 

NAK55とNAK80がありますが、

現在はNAK80を使うことが多いです。

 

NAKの名前の由来は、図解のように、

N=ニッケル  A=アルミニウム  K=銅(ドイツ語)

鋼材の配合成分から名付けたそうです。

 

ここで思うのですが・・・

なぜ、銅だけドイツ語の頭文字にしてのでしょう?

 

他の文字と揃えるなら「C」を使った方が分かりやすいですし、

「NAC」と表記しても「ナック」と読めると思います。

・・まあこんなこと思ってるのは私だけかもしれませんが(笑)

 

ところで・・

「NAK55」の後ろの数字ですが、

「55」にした理由というのが笑えます。

開発当時に、漫才コンビ・コント55号が流行っていて、そこから名付けたそうです。

こういうのって、イイですね~♪

 

では・・

「NAK80」の「80」はと言いますと・・

1980年に開発されたから。

・・こっちはあまり面白くありません(笑)