テニスで肩が痛くなった時、心が痛くなった時 | 【東京〜愛知】カサンドラを脱却してアスペルガーの夫と人生を楽しむ♪カサンドラ専門コーチ♪ジュンコ田中の公式ブログ

【東京〜愛知】カサンドラを脱却してアスペルガーの夫と人生を楽しむ♪カサンドラ専門コーチ♪ジュンコ田中の公式ブログ

40代50代60代70代でも遅くない!
カサンドラを脱却して自分らしい人生を楽しみましょう♬
『発達障害のパートナーとの関係を再構築したい!!』
そんなあなたをジュンコ田中が優しく楽しくお手伝いします♬

こんにちはテニス大好きの
トータルメンタルサポート
ラポール・ラボのジュンコ田中です。

最近テニスで肩が痛くてサーブが打てずに
アッサリ試合に負けてしまいました。。

これはテニスで肩を痛めたなんて
『テニス引退』の一大危機⁉️かもー

『テニスのやりすぎで肩を痛めた』と
短絡的に考えてしまって『テニスをやめれば良い』なんて私はしませーん‼️


『肩の痛み』の元々の原因を解消しなくては、
例えテニスをやめたとしても
この年齢(57歳)ですからきっといろんなところにガタがきます。


私は肩(右の前)が痛くなったのは初めてなんですが、
いろいろ診てもらったり研究してきた事から
この痛みは今までにない程の『猫背』が原因なんです。

『猫背』なのに無理に腕だけを上げれば
肩が痛くなるのは当然なんです。

では、なぜ『猫背』になったかというと、、

前かがみになる時に
股関節ではなく背中を曲げて(猫背)
前かがみになっているから、、

そうすると腰に負担がかかって腰が痛くなるので
どんどん『猫背』の前かがみになっていきます。

では、なぜ股関節ではなく
背中を丸めて前かがみになるかというと
股関節が硬くなっているからなんです。

では、
なぜ股関節が硬くなっているかというと
腿の裏の筋肉(ハムストリング)とふくらはぎか硬くなっているからなんです。

という事で、対処としては、
ハムストリングとふくらはぎを揉みほぐしストレッチしたり、
膝が曲がった状態で腿をお腹にくっつけるストレッチをする。

それから、ヨガのベビーポーズ(仰向けで足裏を両手でそれぞれ掴んで足を赤ちゃんがやる様にあちこちに向けてフミフミする)で股関節をグルグル回したりします。

肩が痛いのに
腿裏やふくらはぎのストレッチって
離れ過ぎな気がするかもしれませんが、
痛みは『〇〇が凝ってますよー』っという
身体からのヘルプなんです。



私が仕事にしている『心』の悩みの問題も
全く同じ事が起こっています。

皆さん表面上に現れている数々の問題やいざこざの『痛み』を、解消したくて『離婚しかない』とか考えてしまうのは
『肩が痛い』から『テニスをやめるしかない』と考えるのと同じ事です。

そこに至る原因は
すごーく離れたところにある事が多いんですよ。
例えば、
お金がもっと欲しいとか
外に出て働きたいとか
親に認めてもらいたいとか
ペットを飼いたいとか、、
すごく離れたところをまずは揉みほぐしてみましょう♬



そうそう
猫背・猫肩(造語です)を
簡単に解消するグッズもあるんですよ、
それは着物で使う『タスキ』!

肩にクルッと『タスキがけ』をして生活してみてください。
無意識に肩が後ろにいき、いつのまにか猫背・猫肩が解消され、肩凝りくらいならは治っちゃいますよー。

この『タスキがけ』は無意識に『肩』働きかけて
効果を上げるから楽ちんですよね。

『心』でいうとこの『タスキがけ』はまるで『NLP』だなぁって思っちゃいます。

今日も私は足のストレッチをして
タスキがけをしてテニスの練習に励みまーす♬

ジュンコ田中はテニスで肩が痛くなった時でも
メンタルのお仕事の糧にしていまーす( ̄^ ̄)ゞ

ではまた
ジュンコ田中でした(^_−)−☆