さてさてこのコーギーちゃんも大分落ち着きが

出てきて、こちらの指示もスッと入るようになりました


まだまだ元気は有り余ってますが

いうこと聞いたら遊んでくれるんでそ!?(・ω・)

という確信をこの子は持つようになったと思います

この子の場合、それが特に重要でしたね


遊んで発散させるヽ(‘∀’)ノ

という事がいかに大きいか

この子にとって遊ぶ、というウェイトが

他の子に比べ大きく比重していました


逆にそこさえ徹底していれば

ホールド等、この子が苦手そうな課題でも

すんなりやらせてくれちゃうw

「アレ?歯磨き出来ちゃった♪」

など、びっくりさせられましたw


いかに楽しくやりつつ、こちらのして欲しい事へ

誘導出来るか?

これでございますb


しかしコーギーちゃんというのは疲れ知らずですねw

飼い主さんもヘトヘトでございましたw

飼い主さんも疲れたらキチンと休憩取って下さいねー



リードのテンションに対して

(・ω・))ヨンダ?

と反応してくれるようになってきたコーギーちゃん


引っ張るタイミングも分かってきました

主に電柱、茂みのあるとこ、犬

でございます


なので早めにチョンチョンっと

テンションかけてあげる

を繰り返して行くうち

合図出さなくても


ダッシュじゃなくて見るんでそ(・ω・))?

とばかりに

自発的にこっち見てくれるようにヽ(‘∀’)ノ

もちろんいっぱい褒めてあげました

その後ニオイ嗅いできて良いよ、と

茂みに誘導

その時は引っ張らずに落ち着いた様子で

歩いてました


このように最初こそ毎回毎回指示出す感じではありますが

自発的にワンコがやってくれるというのは

理解が進んだ証拠です(・∀・)b

そうすれば毎回指示出さなくても

ワンコが気づいて、それに対してホメホメしてあげるだけになりますので

グッと楽ちんになりますねーb

これが1番でございますb


前回ジグザグ走行を妨害?w

して、右側キープを覚えてきたコーギーちゃん

もう一つの問題は

引っ張りでございます


コーギーちゃんという犬種は

お散歩ルンルンモードになると

次第に加速してゆき、やがてロケットになりますw

それを防ぐために早めの

並んで歩こう♪

ですねb


前回のジグザグ走行ならない練習で

リードのテンションには大分慣れてきましたので

このテンションを合図にしていきます


コーギーちゃん、草が好きなので

茂みを見つけると加速します

リードは半分の長さなので

コーギーちゃんのお尻が私の脚と並ぶぐらいの

位置、つまり斜め前をコーギーちゃん、という

位置どりになったら

出過ぎだよ?

という合図を送ります


リードを上にあげる(首が苦しくならない程度

下げる

また上げる

するとテンションがチョンチョンっと

2度かかります


エッ?(・ω・))

とこっちを向いてくれましたので

成功です♪

ご褒美あげました


飼い主さんがやっても成功♪

まずはこの合図に気づいてもらいますb