アクセスありがとうございます。

中東に住むAshleyですニコニコ

初めましての方はこちらも。

 




まだまだ夏だと思っていたのですが、なんだか9月に入ってから空の様子が秋っぽくなってきました。なんかね空が高くて、雲も秋の雲のような。え、気のせいかな。


相変わらず夜でも体感気温は50度とかなんですけどね。夜散歩すると滝汗です滝汗暑がりの私は、散歩はスポーツウェアーじゃないとやっていけません

 

さて、今回はタクシーについて。







 

この国に住んでいる人は、車や公共交通機関など様々な交通手段を利用します。基本は車社会の国ですね。歩道が歩行者のことを考えないで設置されていたり。片側5車線とかの道は珍しくありません。


タクシーもバンバン走っていて、日頃利用する人も多いんじゃないかな。Uberとかのアプリを使ってる人もいるかも。

 

流しのタクシーに乗るのはこの国ではOKです。ちゃんとメーターがあって、ぼったくられることはまずないです。レシートも言えばちゃんともらえる。あ、たまに遠回りされたりはするけど。お釣りないとかあるあるだけどショック


もちろん日本のタクシーとは違って自動ドアじゃないので、後部座席のドアを自分で開けます。(うちの夫、一時帰国中に日本のタクシーでも後部座席のドアを自分で開け閉めしようとしたので慌てて止めたことがあります。)


砂漠の国の住民の場合、道を歩いている時に後ろからプッとクラクションを鳴らされた経験のある人は多いはず。これは「タクシー乗らないかい?」という意味です。私は観光客と思われるのか、しょっちゅう鳴らされます。






※空港で声を掛けてくるのは白タクです






 

在住数年目となった今でも、1人でタクシーを乗るときはいまだにドキドキするのですが、敢えて「私、タクシーの利用慣れてるんで」感を出すようにしていますグラサン


というのも、個人的な経験からなのですが、ちょっとオドオドというか不慣れな感じを自分が出しながらタクシーを利用した時って、ドライバーの態度があまり良くないんです。やっぱり。


なので私は、タクシー乗り場で乗る時は手を軽く挙げてボーッと待機してるかスマホに夢中なドライバーに合図をし、「ハイ。グッドモーニング。」みたいな感じで挨拶して乗り込みます。流しのタクシーに乗る時もだいたいそんな感じ。


最初の挨拶を堂々とハッキリ言うのがコツだと勝手に思っていますグラサン見た目でナメられがち(と言うと語弊があるかもしれないけど)なので。あと、その方がドライバーが仕事モードになるのが分かる。


基本、ドライバーは英語が通じるので会話は英語です。行き先を伝えて出発。


砂漠の国には住所が無いので、目的地がホテルやモール以外だと、通りの名前や近くのランドマークを伝えて目的地付近になったらGoogle マップを見ながらナビすることが多いです。ドライバーはカーナビを使うかは、ドライバー次第。人によりけりですね。私、ナビ使う人に当たったことがないです。


ドライバーの出身国は、インド周辺国やフィリピン、アフリカ大陸の国などさまざま。割合はかなり変わってきました。愛想の無い人もいれば、世間話をする話好きな人もいます。そこは日本と一緒ですね。


降りる時に「サンキュー」だけじゃなく“Have a nice day ”とか言うと、ニカッと笑顔を返してくれることが多いので、毎回言うようにしています。


女性ドライバーもいたりするけど、1回そのタクシーに乗って以降私は敢えて乗らない…


住んでいる街のタクシー事情は、どうですか?

 

 

 

 

ランキングに参加し始めました。

よかったらぽちっと押してもらえると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村