アクセスありがとうございますニコニコ
中東に住んでいる駐在妻amyです。



さて、シリーズで書いているレストランのデリバリー注文でのトラブル話の最終話です。



アプリのzomatoのオペレーターとチャットでやり取りし、10分ほどでお届け予定と言われてから

20分が経過。

はぁ、来ない。

アプリには「もし受け取ったなら、受け取りボタンをタップしてね。」という画面が出ている。

またチャットしなくちゃ。

amy
「あのー、まだ届かないんですが。」

zomato 
「確認しますね。」

ピンポーン。
鳴り響くインターホンの音。

夫がドアを開けると、そこにはレストランの配達員の姿が。

無事にオーダーした料理を受け取る。
注文してから2時間が経過しようとしていたガーン

amy
「レストランの人、何か言ってた?」

「いいや、何も。」



オーダーした料理を取り出すと、なんだかやっつけ仕事感のある入れ方をされた付け合わせが。

グリルもだいぶ偏っている。



amy
「やっつけ感ない?とりあえずzomato に届いたことを伝えなくちゃ。」

「デリバリーが遅れたことに対しても何も言われなかったし、この料理の感じ。俺だったらクレーム書くけど。amy名義で注文してるから任せる。」

amy
「今回のは色々ナシだよね〜。zomato に伝えるわ。」

ということでオペレーターには、
①料理が届いたこと
②レストランの配達員がデリバリーの遅れ等に関して一切言及せず、謝罪もしなかったこと
をチャットで伝えました。

あと、それだけだとちょっとアレかなーと思いキョロキョロ

対応のお礼と今回はレストランの問題であってzomatoの問題ではないと理解していること、今後もzomatoを利用するつもりだということも追加して伝えました。

そしてレストランの評価欄に初めて最低評価をつけました。(5段階評価するシステム)

以前食べに行った時や注文した時は良かったので、とても残念でしたえーん

友達に連れて行ってもらった時、店員さんの感じも良かったのになぁ。

ラマダン中だったから起きたトラブルかもしれませんが、もうこのレストランを利用することは無いですショボーン

デリバリー注文は一種の賭けですねニコ
逆に予定をかなり前倒しして、サクッと届く時もあります。

トラブルが起きたのは残念でしたが、zomato はちゃんと対応してくれると分かったので良かったです。



あ、今回の記事を書くためにzomatoのアプリを見ていて、日本では絶対表示されないなぁと思ったことが。



確かに暑いけど。
アプリ側が書くことなんだろうか。

ストレスを感じる話だったと思いますが、最後まで読んでいただきありがとうございましたニコ

では爆笑