デルフィニア戦記、終幕

テーマ:
デルフィニア戦記、全九公演の幕も降り、また皆がそれぞれの道へと戻って行きました。

忘れもしない11月初旬に某所にて行われた本読みの日、なんとなく互いが互いを探り、妙な空気感が醸造されていたあの日から1カ月。
あんなにも和気藹々としたカンパニーへと変貌するなんて 笑

パンフレットにも書かせていただいたのですが、今回「デルフィニア戦記」という舞台に出演させていただくにあたって、これが2作目であるということ、アンサンブルかつ原作に登場するキャラクターを任せていただけるということで、既に作り上げられてきた原作と舞台の空気感へ溶け込むことができるか当初、本当に不安で仕方がなかったです。
しかも、いざ台本を戴いて開いてみれば最後の最後に皆美さん演じるリィと一騎打ちなんてことをしてしまっている。空想の中でならいざ知らず、お芝居で剣を振るなんてここ数年やってないぞ、と。
慌てて原作を読んだところナジェック王子、一瞬でやられて引き摺られていっちゃうじゃありませんか。
これは大変なことになったと心中穏やかではなく、遂に市瀬さんに殺陣をつけていただいた日、帰る道すがら立ち寄ったコンビニの前でコーヒーを飲みながら稽古を思い出して腕を振っていたり、家に着いても眠れず、近所の公園に出て練習したりと不安な日々を過ごしましたが、稽古場から劇場に至っても悔しい思いをする度に宮川さん、本多さん、皆美さんにどうしたらいいか相談させていただいたその末に、どうにか千秋楽まで漕ぎ着けることができました。

お芝居に関してもそれは一緒で、喋る頻度は多くはないにせよ、もっと面白くしたいという思いと自分の力量との差に四苦八苦していました。
特にリィとの婚約にこぎ着ける為に各国の使者が押し寄せるシーンでは、本多さん、小塚さんと三人で休憩の度にああでもないこうでもないと案を出し合ったり、悩ましくもあの時間は本当に楽しかったです。
そして、役者としては当たり前のことではありますが、そうした試行錯誤の末に生まれたものを演出家に提示するというのはなかなか勇気がいることなのです。
しかし、それを五味さんや宮川さんはそれを恐れずに仕掛けていくのです。
五味さんは凄く周囲のお芝居を観察していて、いつもこっそり呼んでアドバイスをくれました。
しかも、自分のあのシーンのあの芝居はどうだったかを僕なんかに訊ねてくるのです。
芝居をより良いものにしていこうとするその貪欲な姿勢に、深く尊敬の念を抱きました。
寺田さんは人見知りの僕に気さくに話しかけてくださり、いつもステージングの練習に付き合ってくださいました。そしてそれを見ていたマスターこと大澤さんが細かくチェックしてくださったり。今回初舞台だったという佐渡山くんは何事にも一生懸命で、その姿を見て改めて自分も襟を正す思いでした。
出演者とスタッフの方々、本当に暖かい方々ばかりでこんなにも恵まれた環境でお芝居をさせていただけたことが、平成最後にして最高の経験となりました。
願わくば、またご一緒したいです。その日を夢見て、また精進して参ります。






最後になりましたが、ご来場いただいて毎公演支えてくださった皆々様、そして出演の情報が解禁された段階で既にチケット完売だったにも関わらず駆けつけていただいた応援してくださっている方々に深く感謝致します。
また何処かでお会いしましょうね。
ちょっと邪悪な笑みと共に。



梅津

年の瀬へのカウントダウンに謎の期待と焦燥感が胸中せめぎ合い、時折脳裏をよぎる「ゆく年くる年」の文字。

想像していたより今年の冬は寒くならず、連日の稽古も相まってなんだか現実感の乏しい12月に足を踏み出しました。

先月、遂に稽古が始まったぞと腕まくりをしたデルフィニア戦記も、あれよあれよという間に最終稽古が終わり、こうして筆をとっている今も時折、あとは劇場にて披露するのみという現実が多少の緊張感を伴ってひょっこり顔を出すのですが、未だまどろみの中にいるような心持ちでこれを受け入れているわけです。

毎回言っているかもしれませんが、本当にあっという間に過ぎた稽古期間でした。

通しの後はヒィヒィ言っているくせして、それでも楽しくてもっと稽古したいと思ってしまうんですよね


泣いても笑ってもあと2日で幕が上がります。

11月から皆で精一杯、積み重ねてきたことをお見せ致しますので、是非とも楽しみにしていてくださいね。

願わくば「おっウメツ頑張ってんなぁ」と言わせたいです。




そして、来たる2019年の虚構の劇団の公演情報詳細がやってきました。

再び出演してくれる秋元の龍ちゃん!

初めてお会いする梅棒の伊藤今人さん!

更には新たに研修生も加わり、台本はピルグリムとこれは滾ってくるものがありますね

実はちょっと前に劇団内オーディションがあったのですが、見知った顔の中でやるというのにすこぶる緊張しました

既に第三舞台の公演でピルグリムを熟知している方も、そうでない方も、劇団員がそれぞれ何役なのか、果たしてウメツはどんな役を任されるのか、期待していただけると幸いです。


シアターサンモールに始まり、懐かしの近鉄アート館、あかがねミュージアムと、今回も旅が楽しみ!

まだまだ先ではありますが、こちらも楽しみにしていただければと思います。







中身のない話

テーマ:

なんだか久しぶりにお休みなのでブログでもしたためることにした。

と言っても「空谷の湧水」からこっち、取り立てて書かざるを得ない事柄もなく、刻一刻と過ぎ行く2018年と来たる除夜へのタイムリミットに訳もなく焦燥を感じながら日々を過ごしている。


気がつけば、あれほどけたたましく鳴いていた蝉の声は聞こえなくなり、夜中コンビニの灯りに群がっていた羽虫たちは、時折強く吹く夜風に揉まれて徐々にその姿を消しつつある。


土日祝日関係なく毎日のように稽古場へ通っていると次第に曜日の感覚は薄れていくもので、自分が今、一週間という七つに色分けされた道のどの辺りにいるのか見失う瞬間が度々訪れる。

帰りの電車の中、手持ち無沙汰で開いたソーシャルゲームの日替わりクエストでようやく今日が何曜日なのか気がつくことざらである。

こうした社会的にも最低限は把握しておくべきことを蔑ろにしてしまうのも、自分のものぐさな気質が拍車をかけているであろうことは否定できない。


夜、就寝前に壁にかかったカレンダーをふと見上げてその薄さに愕然とする。残された時間はこんなにも少ない。慌てて今年自分に何が出来たか、そしてこれから何が出来そうか、ということに頭を巡らすが、悲しいかな、ものぐさ太郎は恐るべき睡魔の魔手には抗えず、はっと我に帰れば小鳥のさえずる朝である。

寝ぼけ眼で朦朧としたまま風呂場へと辿り着き、シャワーを浴びていると、立ち込める湯気の中、次第にそこが何やら懺悔室のように感ぜられ、脳裏ではザ・カスタネッツの「ねないねないねない」が流れ始める。


このようにして、梅津瑞樹の1日の幕開けは悔恨と葛藤から始まるのであった。







というように、如何にも日々思い悩んで生きているかのように書き連ねているが、実際のところ、仕事中にそんなことは忘却の彼方で点となっているし、日々を漫然と生きちゃいないか?なんて身のない自問自答は、風呂場と夜、ベッドで横になっている時だけで充分であると太郎は思う。


答えの出なさそうなことに対して、それでも答えを出したいと思索に耽る時間というのは人が人として生まれた以上避けて通ることができない道程であり、それ故に生じる葛藤は美しくもあるが、それはそうすることを持てる時間に許された者に限る話だ。

僕のように何も持たざる者にとって、今はその自由は剥奪されたも同然なのだ、と自分を納得させる。


だから、そうした思惟は老後の楽しみにでもとっておくことにしよう。

五里(夢)中

テーマ:

カラッとした猛暑日が続いたかと思いきや、ちょくちょく顔を出す台風でジメッとし、日差しから逃げるようにして乗り込んだ電車の中ではこれでもかというほど冷房が効いており、冷蔵庫の中もかくやといった今日この頃釈然としない夏を皆さまいかがお過ごしでしょうか。


僕はというと先日、先月末から続いたミスクリエイションのアンダーが終わり、その後ぽろぽろとオーディションがあったりで緊張の糸が張り詰めっぱなしだったのですが、諸々一区切りついて今夜はやっと安眠できそう。


安眠といえば、最近ラジオを聴きながら寝るのにハマっていて、これがまた妙なのだけれど誰かの声が聞こえているとやたらと寝つきが良い気がしないでもないのだ。ふと気がつけば夜霧に滑り込むが如くすやーっと寝てる。

時たま、ついつい聞き入ってしまって目が冴えてしまうのは困りものだけれど。


そして、このヘンテコな睡眠導入を始めたのにはもう一つ理由があって、というのも7月中旬くらいから立て続けに奇妙な夢をみるようになり、そのせいか起き抜けに並々ならぬ疲労感に襲われるようになったからだ。


他人に聞かされる夢の話なんてのは退屈で面白くも何ともないと相場が決まっているので、真夏の夜に梅津がどんな夢を見ていたのか、夢中にて如何に奮闘し、もがいたか、といった詳細は省くが、まあなかなかに疲れる夢だったということだけはお伝えしておこうと思う。

(同時に自分の潜在意識に一抹の不安を覚えて内容をメモった。アホみたいだけれど)


最初の頃は、ゆくゆくはこれをネタに短編小説でも書くかーなんてポジティブな付き合い方をしていたのだが、こうも夜毎に上映されると流石に疲れが溜まってくる。

現場も始まるのにこれはいかんぞ、と色々と安眠できるよう模索した結果、現在のラジオスタイルへと行き着いた訳だが、果たしてこれが正解なのか、よりよい手段が他にもあるんじゃないかと自分でも納得いっておらず、三週間近く続けている今でも答えは定かではない。

僕は本が好きだ。
まあまた唐突に何を言いだすんだこいつは勤勉アピールか、というあらぬ誤解を受けるであろうことは想像に難くないけれど、敢えてここに再び宣言しておく。
やっぱり僕は本が好きだ。そして勤勉アピールも好きだ。
ならば誤解じゃないじゃないか、という声ももっともであるが、兎に角この読書に対して抱いている並々ならぬ愛情を皆様にも認識してもらった上でそれを前提に話を進めたい。

最近、と言ってもそれに気づいたのはだいぶん前なのだが、電車の中で紙媒体を利用している乗客が滅法目につかなくなった。
多分スマホやタブレットの普及と共に無駄にスペースを取ってしまう紙は駆逐されていったのだろうけれど、何やら無性に寂しい。
あたりを見回すと大方の人々は手元の画面に目を落としている。

ちょっとばかり昔、十数年前のガラケー全盛期。
当時の携帯電話はびっくりするほどバッテリーの燃費は悪い上に、ちょっとでもインターネットに接続しようものなら鬼のようなパケット通信料を請求されるような代物で、現代の携帯電話のスマートさとは天と地ほどもかけ離れたものだったように記憶している。
常に携帯電話をいじるという行為が、如何にも危険なバッテリーとの駆け引きであり、また現代における「常にオンラインであらなければならない」という強迫観念にも似た意識がまだあまり根強くなかったあの頃は、多くの人が車内の暇つぶしに紙を広げていたものだった。

何やら単語帳を一心不乱にめくる学生の隣で、おじさんがスポーツ新聞を思うがままに広げて中面のグラビアに鼻の下を伸ばし、さらにその隣のOLが新聞を持つおじさんの肘になんども小突かれ舌打ちをする…みたいなのが日常の風景だった。

今や世は利便性に重きを置いた大スマート時代。
自意識過剰が皮を被って歩いているような僕としては、この時代に敢えて車内で文庫本を広げることが如何にも自分が知性の宣伝をしているようで、またそう捉われはしないかと肩身が狭く感じてしまう。
安部公房なんかを読んでいた日には、ふと隣に座った人に覗き込まれて、どうやらこいつはヤバそうだぞと思われはしないかと内心ビクビクとする。

じゃあお前もこのスマートの波に乗って、タブレットか何かで好きな本を読めばいいじゃないかというのも一理あるので試してみたところ、如何せん画面だと本が読めない(というか頭に入ってこない)ので頭を抱える。
なので、結局のところ諦めて本を持ち歩き車内で開く訳だが、また肥大した自意識とスマートの狭間で居心地の悪さを感じ、ついには我慢ならず徐ろにスマホを取り出してはアプリゲームに興じながら電車に揺られるのだった。


梅津