自転車と映画

テーマ:

こんにちは。

前回、筋トレと共に自転車による有酸素運動に励んでいると書きましたが、5月頭にロードを納車してから二週間ちょい。

毎夜、地元を走り回るナイトライダー(ナイト違い)と化した梅津です。



もうどハマりもいいとこで、筋トレと有酸素運動の親和性だなんだと尤もらしいことを考えているようにみせて、その実自転車に乗りたいだけで筋トレはおまけになりつつあります。

もっぱら23時を過ぎた頃からおもむろに筋トレを始め、2時間後にはハアハア言いながら寝静まった夜の路上でペダルを漕いでいる訳ですが、ここまで自分を突き動かすものは一体何なのか、考えてみるに根底にあるのはただただ乗りたいという至ってシンプルな行動原理でなのですが、さらに理由をつけるとするならば幼い時分には最も身近な移動手段であったこの自転車という乗り物の素晴らしさを今一度思い出したというところが大きいように思えます。


思い返せば、かつてはどこに行くにも決まってそばにいたの自転車でした。

放課後、町が17時を告げるまでの一分一秒が惜しくて友達の待つ公園まで全力で向かう時も、

当時、僕たちの間でもっぱら希求されていたバスケットボールのリングがある公園を探すためボールだけを持って隣町まで冒険に出かける時も。

気がつけば本来の目的も忘れ、流れ行く景色に心躍らせながらペダルを回したものです。


雨風にさらされて錆びだらけになった何に使うのかよく分からない機械、蔦絡まる廃工場、ぼうふらの湧いたドラム缶、ザリガニよりレアな蟹のいる用水路、けしからん本が集積された林


そうやって少しずつ自分の世界が広がっていくことに焦燥感にも似た胸の鼓動を抑えながら早く明日にならないかな、なんてもどかしく眠りにつくことは、大人になった今では早々得られない時間だったんだなと思い込んでいました。

(書いていてふと、そういったはやる気持ちが好きで演劇やってるのかもと思いましたが )


ペダルを回した分だけ進み、己の足が耐えうる限りどこまでもいけるというそれ自体の単純明快さ、

そして大人になって何もかも知ったような顔した自分にもまだ自分の住む町にすら知らない顔があるという事実。

ただそれだけのシンプルな理由がペダルを回す力になるんですよねぇ

ある種の原点回帰なわけです。


兎にも角にも、色んなことが複雑に絡み合い頭を掻き毟りたくなるような日々を一旦脇にどけて、自転車というプリミティブな乗り物に身を任せてみるのもいいかもしれませんね。


でも、実際車道走ってると背筋が凍る思いをすることも多いのでくれぐれも安全運転で。

下手したら夜空を見上げるたびに思い出されることになりかねないので。

ではでは。

「ババ、ジョニーフッ!!





※ナイトライダー、夜空を見上げるたび〜、「ババ、ジョニー…フッ!!」とは……マッドマックス(1979)参照)

筋肉と映画

テーマ:

お久しぶりです。
最近もっぱら筋トレとロードバイクによる有酸素運動に励んでいる梅津です。
というのも、ここのところアクション映画にハマってしまいシュワルツェネッガーだとかヴィンディーゼルだとかステイサムなんかを日々眺めていたせいで、ああいう仕上がった体に並々ならぬ羨望を抱いてしまったわけです。

筋トレは以前から自重トレーニングを細々と続けてはいたものの、なかなか…腹筋はまだしも胸筋とかが育たないんですよね…

でもね、格好良いんですよ…!
『トランスポーター』にて、半裸でオイルまみれになったヌルヌルの状態で蹴りを繰り出すステイサムとか!
字面にするとちょっとキモいですが。

あと『ワイルドスピード』シリーズのハンドルを握る腕が化け物(褒め言葉)みたいにムッキムキのヴィンディーゼルとか!
Tシャツから伸びる二の腕とか顔くらい太いんじゃないだろうか。

『ワイスピ』といえばロック様ことドウェインジョンソンもイカすんですよね…!
勿論ムッキムキな肉体美を活かしたアクションもさることながら『ベイウォッチ』とか『ゲットスマート』ではコメディもチャーミングにこなすし。
来週から始まる彼が主演の『ランペイジ 巨獣大乱闘』も見逃せません!
巨獣はお前じゃい!って突っ込みたくなりますが。


そしてこの三人、皆すべからく坊主頭なんですよね、だいたい。
何故、海外の坊主はこんなにも格好良いのか。
将来歳をとって、頭頂部に涼を感じるようになってきたら思い切ってああいう感じになりたいですね。


梅津

お久しぶりです。

もしかしたら、はじめましての方にもこのブログを読んでいただけているかもしれませんね。



改めまして、この春より株式会社bambooに所属させていただくこととなりました梅津瑞樹です。

以前より応援してくださっていた皆々様につきましては、長らく音信不通が続きご心配をおかけしてしまったこと、そしてこのようにご報告が大変遅くなってしまったことをお詫び申し上げます。

区切りが良いという理由で本日ご報告させていただく運びとなりました。

以前ご一緒させていただいた碕理人さん、松本祐一さん、櫻井圭登くん、市川耕大くんと同じ場所にこの度、迎えていただけたことは本当に嬉しくあるのと同時に気が引き締まる思いです。

心機一転、また0からスタートする心持ちで精進して参りますので何卒よろしくお願い致します。




さて、Twitterの方にも書かせていただきましたが、虚構の劇団には引き続き所属させていただけることとなりました。(虚構の劇団というのは僕が三年間在籍している鴻上尚史さんが主宰する劇団です)

ですので、4月21日、22日の劇団主宰で行う一人芝居発表会には自主企画という形で出演いたします。

この発表会ですが、劇団の後輩である研修生達が本劇団員になる最後の試験として短編の一人芝居を発表する企画となっていまして、そこに僕達が自主企画という形でお邪魔するという形になっています。(因みに僕達は、僕を含めた3人芝居の脚本での参加です)



二ヶ月ぶりに梅津でも見てやるかという方、とりあえずこいつは一体全体誰でどんな感じなんだと疑問にお思いの方、是非ともお越しいただいてその目で確認してみてください。(公演詳細は下記にて)



最後に…このご報告がエイプリルフールやらではないということだけは念を押しておかねばなりませんね 笑


では、これからも何卒よろしくお願い致します。


 


梅津




【公演詳細】



虚構の劇団 一人芝居&自主企画発表会2018


4/21(土)  13:00~   16:00~   19:00

4/22(日)  13:00~   17:00


場所       ひつじ座

チケット 前売り1700円、当日1900円



前売りチケットはこちらからご予約できます。