横溝慎一郎行政書士合格ブログ  



「市民として 憲法に従った民主政治を 回復するために」
立憲デモクラシーの会に賛同しています!




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

行政法における最初の目標設定はどうする?


  今月の開講情報

2月の渋谷駅前本校における開講情報です。


・合格講座

2月18日10時30分から 行政法(救済自治)第1回


2月19日19時から 民法(債権家族)第1回


2月27日15時30分から 行政法(救済自治)第1回

・横溝プレミアム合格塾

2月24日10時30分から 解答力強化講座民法第1回


いずれも無料での体験受講ができます。

詳しくは渋谷駅前本校(0334645001)までお問い合わせください。

  セルフチェックテスト受付中!

まだ実施は少し先の話ではあるのですが、すでに「セルフチェックテスト」の申し込みがスタートしました。



ここまでの進捗状況を定期的に確認することはとても大切です。


解説動画は11月17日まで視聴可能ですので、ご自身の勉強の進み具合に合わせて使う演習素材として使ってください。


問題がもらえて、解説動画が2時間30分ついて、質問ができてその回答をYouTubeライブで聴ける。

こんな充実ぶりで550円というウソみたいなプライスです。

ぜひお申し込みください!


 TODAY'S
 
行政法のイメージ


行政法は範囲が広く、分野ごとに違った顔を見せることもあり、学習は大変だと思います。


特に行政不服審査法や行政事件訴訟法は、正直身近な話ではありません。

イメージがわかないと嘆く人は少なくない。


まぁもっといえば、行政法で学ぶことはほとんど「身近な話」ではありません。

だから、「身近な話ではないからわからん」と言ってしまったらそれで終わってしまいます。


でもあなたにとって「身近な話」ではなくても、あなたの周りには行政法で学ぶことに関連するものがたくさんあります。


近所で建物の建築工事をしているなら、そこには「建築確認」がなされていることになる。行政行為の分類で「確認」にあたるものです。


電柱があるなら、「道路占用許可」がでていることになる。こちらは「特許」ですね。


建築確認の取り消しを求める周辺住民が利用することができるのが、審査請求であり取消訴訟なのです。


「イメージがわかない」と嘆いていたら前にすすめません。

身の回りを見渡し、妄想を膨らませ、イメージしてみる。


講義の中で具体例を挙げて話すのも、そんな妄想のきっかけになれば良いなと考えているからです。



そして、行政法におけるあなたの最初の目標は、「過去問で問われていることはなんとかわかる」というラインに設定することをお勧めします。


合格講座を受けているのであれば、まず1周させること。過去問で問われているところは、照らし合わせて確認すること。

そして、どこがわからないかを明確にすること。


ここまでやったら、もう一度合格講座の行政法を受けてください。webでご覧になるなら、1.5倍速で構いません。

そして、1周目と同じように、過去問で問われているところは、照らし合わせる。


わからない箇所をわかるようにしていくのが、もう一度見る目的です。


最初とちがって、どこがわからないのかわかっている状態で受けることは、集中力を切らせずに学習できますよ。


おまけ

昨日の東京は23度まで気温が上がり、春の陽気でした。

湿度も高めで、「今日は蒸し暑いですよねー」なんて話を渋谷駅前本校のスタッフとしたくらいです。

変な気候ですよね。。

みんなボク好きでしょ?


それにしてもここまで支持率の下がった内閣がそのまま普通に職務をこなしているって、いったいなんなんだろう?

大切なのは「わかることを増やすこと」ではない

  今月の開講情報


2月の渋谷駅前本校における合格講座の開講情報です。



2月18日10時30分から 行政法(救済自治)第1回


2月19日19時から 民法(債権家族)第1回


2月27日15時30分から 行政法(救済自治)第1回


横溝プレミアム合格塾12期の解答力強化講座は2月24日スタートです!

いずれも無料での体験受講ができます。
詳しくは渋谷駅前本校(0334645001)までお問い合わせください。

  セルフチェックテスト受付中!

まだ実施は少し先の話ではあるのですが、すでに「セルフチェックテスト」の申し込みがスタートしました。



ここまでの進捗状況を定期的に確認することはとても大切です。


解説動画は11月17日まで視聴可能ですので、ご自身の勉強の進み具合に合わせて使う演習素材として使ってください。


問題がもらえて、解説動画が2時間30分ついて、質問ができてその回答をYouTubeライブで聴ける。

こんな充実ぶりで550円というウソみたいなプライスです。

ぜひお申し込みください!


 TODAY'S
 
なぜ繰り返すのか?

行政不服審査法の講義のあと質問に来た方が、「もうちんぷんかんぷんで。。」という話をしてくれました。


うん、初めて学ぶ時はそんなもんです。


ここから、講義を復習して、それでもちんぷんかんぷんなところと、「あーここはわかるかな」というところに分けていく。


この仕分け作業はとても大切です。


1回復習したときは、まだまだちんぷんかんぷんなところが多いかもしれません。

2回目になると、少しわかるところが増えた気がするかもしれません。

3回目になると、それでもちんぷんかんぷんなところがあることに気がつくことでしょう。


繰り返し学習することの目的は、「わかるところを増やすこと」ではありません。

そうではなくて、「わからないところを明確にしていくこと」なんです。




当ブログでも再三書いていますが、「自分がわからないことがなにか」をきちんと正確に把握できている人は、どの分野においても一流になれます。


たとえば試験であれば、しっかり合格することでしょう。


「何度やっても間違えるんです」といって落ち込んでいる人をたまに見かけますが、それは素晴らしいことであり、落ち込むことではないのです。

何度やっても間違える論点があることをわかっているわけですから、その分合格に近づいていることになります。


教室のなかには、「こんなくだらないこと聞いていいのかな?」なんて悩んで質問できないという人もいます。

「くだらないかどうか」は私が決めます。

だから、あなたが勝手に決めつけて質問をしないのはとてももったいない。

そもそも勉強しているから、疑問が生まれるのです。

質問したいことができるのは、あなたが成長している証拠だと考えてくださいね。



おまけ


2月とは思えないような気候になっていますね。

今日は23度まで上がるとか、上がらないとか。

ちょっと気持ち悪い気候だなと。

冬は冬らしく寒くあってほしいと願う今日この頃です。


洗濯物をバックにキメ顔する子


tagliatore(タリアトーレと読みます)のジャケットは何着か持っているのですが、春夏物でなかなか良い感じのものを見つけてしまいました。

候補は2着。

両方買う財力はありませんので、どっちかに絞らないといけません。

「悩んでるときがいちばん楽しいってわけね、ルパン」

「ふーじこちゃーん、そのとおりだよ」





行政不服審査法のポイントをまとめてみた

今月の開講情報 


2月の渋谷駅前本校における合格講座の開講情報です。



2月18日10時30分から 行政法(救済自治)第1回


本日です!
2月19日19時から 民法(債権家族)第1回


2月27日15時30分から 行政法(救済自治)第1回


横溝プレミアム合格塾12期の解答力強化講座は2月24日スタートです!

いずれも無料での体験受講ができます。
詳しくは渋谷駅前本校(0334645001)までお問い合わせください。

  セルフチェックテスト受付中!

まだ実施は少し先の話ではあるのですが、すでに「セルフチェックテスト」の申し込みがスタートしました。



ここまでの進捗状況を定期的に確認することはとても大切です。


解説動画は11月17日まで視聴可能ですので、ご自身の勉強の進み具合に合わせて使う演習素材として使ってください。


問題がもらえて、解説動画が2時間30分ついて、質問ができてその回答をYouTubeライブで聴ける。

こんな充実ぶりで550円というウソみたいなプライスです。

ぜひお申し込みください!


 TODAY'S
 
行政不服審査法のポイント

合格講座日曜クラスは、早くも行政不服審査法に突入しました。

ということで、行政不服審査法のポイントをまとめておきます。

行政不服審査法は択一3問出されます。多肢選択はたまに。記述はまだ未出題です。

過去問で問われている点を意識しながら、テキストを読んでいくのが、試験対策として有効です。

もちろんひととおり学習したあとは、条文も見てほしいのですが、初めて学習するときは、ある程度まとまったテキストで勉強した方が効率がよいです。

全体像が把握できたら、例えば審査請求の審理の流れに沿って条文を確認する、という形で、条文学習を取り入れると良いですね。裁決に関しても条文学習がおすすめです。

もちろん過去問で問われている点を意識するというのは変わりません。

 主な論点


・目的条文

・不服申し立ての種類(再調査の請求への準用関係も)

・審査請求の審理手続(申立てから裁決まで)

・裁決の種類・効力(却下と棄却の区別、認容のパターン)

 個別に注意しておくべき論点


①裁決の種類・効力


認容裁決は、処分に関するもの、事実行為に関するもの、不作為に関するものにわけて整理しておきましょう。

義務付け裁決、変更裁決に関する知識は特に注意です。

棄却裁決では、事情裁決が重要。事情判決との対比をしておきましょう。ポイントは「違法まては不当」なのか「違法のみ」なのか、という点です。

②審理の特徴


弁明書と反論書の関係、そして「原則書面例外口頭」について整理しておきたい。

また「処分権主義」「書面審理主義」も重要です。

「原則書面例外口頭」


審査請求の申立ての場面(18条)

口頭意見陳述(31条)

行政不服審査会での口頭意見陳述(74条)

行政手続法の弁明の機会の付与(行政手続法29条)とあわせて、4つとおぼえておくのがおすすめです。

まずは「原則例外入れ替えパターン」に対応できるようになること。

さらに「例外の条件」を判断できるようになっておくことも大切です。

口頭意見陳述は「機会を与えることができる」ではなく、「機会をあたえなければならないのが原則だ」という認識も忘れないように。

これらを覚えていると、それ以外は違うという判断ができるというメリットもあります。

③再審査請求・再調査の請求


どちらも、処分の場合限定で、個別の法律で認められた場合のみです。

さらには行政不服審査会への諮問はどちらの場合もいりません。

審理員の指名は、再調査の請求のときは不要ですが、再審査請求では必要です。

審査請求の規定で準用されているものはなにか?準用関係は特に再調査の請求について整理しておきましょう


おまけ


猫って、何もない天井をじっと見つめていたりしますよね。


なんかいるのかな?と思って、視線の先を追いかけると何もいない。

これは、たぶん猫あるあるですよね。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>